1
/
5

集客施設は「1日も早く電気自動車用普通充電設備を設置すべき」な2つのニュース @EVsmartblog

Photo by Sung Wang on Unsplash




EVsmartブログ様に取材していただきました。いつも有難うございます。株式会社プラゴ

『池の平温泉スキー場』が電気自動車用普通充電設備を設置したことが日経新聞で報じられました。また、スマートな充電器を提案するPLUGO(プラゴ)から、車止め型充電スタンド『PLUGO BLOCK』のコンセプトが発表されました。2つのニュースを軸に、集客施設の充電設備について提言します。

※冒頭写真はイメージです。

充電設備は「禁煙」や「洗浄便座」と同じ常識になる

今日のトピックは、先走ったEVユーザーのひとりとして、私が日頃感じている「普通充電設備」についての提言とニュースです。提言として何が言いたいのか、最初に結論を示しておきましょう。

「宿泊施設やレジャー施設など、集客するビジネスを行っている施設は、2030年を見据えて十分な数の電気自動車用充電設備を一日でも早く設置するべき」ということです。

2050年にカーボンニュートラルを目指す、つまり「脱炭素」は世界の新しい常識を形成しつつあります。恥ずかしながら私はいまだにスモーカーですが、たとえば「禁煙」はすでに日本でも常識になりました。電気自動車とプラグインハイブリッド車=ZEV(ゼロエミッションビークル)は自動車が脱炭素を実現するためのツールであり、世界の新しい常識になろうとしています。おそらく10年後くらい(極論です)には、エンジン車に乗ってると「排気ガス臭いんですけど」と顔をしかめられる時代が来るのです。

電気自動車の充電設備というと、急速充電器をイメージする方も多いでしょう。急速充電器は充電器そのものが高いし高圧の電源設備や電気契約が不可欠なので初期費用やランニングコストが高額になりますが、200Vの普通充電設備であれば、それほどのコストはかかりません。

2013年、私は手作り電気自動車で日本一周の旅をしました。約2カ月間、各地のビジネスホテルを泊まり歩きながら「ビジネスホテルの普通充電器は、数年後には洗浄便座のように普及するべき」と考えたものです。2010年くらいまでを思い起こすと、客室に洗浄便座を備えていないホテルも多く、取材旅でホテルを予約する際には「部屋に洗浄便座ありますか?」と確認していました。今では確認するまでもなく、ホテル客室のトイレが洗浄便座であるのは「常識」で、そうではないホテルにうっかり泊まると「げげっ!」と失望します。

今、私が電気自動車で宿泊取材に行く際は、多くが普通充電器を備えている『ルートイン』を優先的に探すようにしているし、かつて「洗浄便座ですか?」と確認していたように「電気自動車の充電設備ありますか?」と確認します。数年後には、ホテルの駐車場に電気自動車用充電設備があるのは、洗浄便座と同じような常識になっていてほしい、いや、なっているはずだと思っています。

どうせ設置するなら、ニュースになる今がチャンス?

さて、今回こんな提言を記事にしようと考えるきっかけとなった、2つのニュースをご紹介します。





※写真はイメージです

まず、新潟県の妙高高原でアルペンブリックリゾートを運営する『荒井アンドアソシエイツ』が、スキー場やホテルなどの3カ所に電気自動車充電設備を設置したことが、日経新聞で報じられました。

【関連ページ】
国内初「EVフレンドリースノーリゾート」(妙高高原アルペンブリックリゾートHP)

設置されたのは200Vコンセントで、池の平温泉スキー場駐車場、ホテルアルペンブリック駐車場、日帰り温泉施設である『ランドマーク妙高高原』駐車場の3カ所に1個ずつ。充電は無料で利用できます。

この情報は、EVsmartブログにもニュースリリースを送っていただきました。リリースでは「AWDのEVが急増」していて「今後はEVでスキーに行くのが世界の常識になると予測される」こと。また日本政府が2030年代半ばまでにガソリン車の新車販売禁止を示したことを受け、カーボンニュートラルの目標に向けた取り組みのひとつであることを示し、スキーリゾート全体で電気自動車のサポートに取り組むのは日本初であることをアピールしています。

200Vコンセントを3つ設置しただけなので、設置費用は1カ所5万円と仮定して合計15万円ほど、ではないかと思われます。充電に掛かる電気代は、1台が8時間充電する場合「3kWh×8時間=24kWh」で1kWh25円として600円程度。これだけの負担で、その施設がカーボンニュートラルへの取り組みに前向きであることをアピールできて、大新聞でニュースになるのは、ある意味とってもお得です。

ホテルやリゾート施設が電気自動車用充電器を設置するのが珍しいことでなくなれば、新聞でニュースにはなりません。集客施設としては、一日も早く、ニュースバリューとなるような特長をもった充電設備を設置して、きちんとPRするのが得策だよね、と思うわけです。

スマートな充電設備を提案するベンチャーのコンセプトモデル

普通充電に関わる2つ目のニュースは、「環境ノイズにならない普通充電器」の開発と普及を目指すベンチャーであるPLUGO(プラゴ)から、駐車場の車止め型普通充電器のコンセプトモデル『PLUGO BLOCK(プラゴブロック)』が発表されたことです。


「環境ノイズにならない普通充電器」っていうのはどういうことか。先行して発売されているスタンド型普通充電器である『PLUGO BAR』についてのインタビュー記事がアーカイブされているのでご参照ください。端的にまとめると、かっこ悪くて環境のノイズになるような普通充電器が増えると嫌だ。電気自動車が本格的に普及してしまう前に、スマートな充電器を提案しよう、ということです。

【関連ページ】
プラゴ公式HP

PLUGO BLOCKについては、1月下旬に発信されたニュースリリースを見て、ケーブルとかどうなるんだろう? と感じたこともあり、大川社長にリモートインタビューでお話しを伺いました。

今回、「新たなEVスタイルで、時代を未来へ」、「EVを取り巻く状況をより自然体に、よりスマートに」という思いを改めて提言するコンセプトモデルとしてPLUGO BLOCKを発表したものの、屋外の車止め型の場合、電源の位置が地表に近すぎて設置基準に差し障る可能性があり、このまま商品化を進めようとしているわけではないとのこと。

電気自動車の充電インフラとして、宿泊施設などの普通充電設備が重要であること。また、スタイリッシュな充電器を設置することが施設のイメージアップにも繫がるといった社会課題に対するメッセージを発信するのが、今回のコンセプトモデル発表の主旨だったということです。

「電気自動車充電設備と洗浄便座」について前述しましたが、これから電気自動車が普及するほどに、カッコいい充電器を設置していることは施設のプレミアム感を演出できる要素になっていくでしょう。プラゴのウェブサイトでは、導入実績として名門ゴルフ場である『茨城ゴルフ倶楽部』が紹介されています。

このプラゴは、大川精螺工業株式会社という自動車部品を製造するメーカーの四代目社長である大川直樹さんが2017年に日産リーフを購入したことで目的地充電インフラの不備を痛感。親交があったデザイナーの山崎晴太郎さんと意気投合して、2018年に立ち上げたベンチャー企業です。今後は、デザインにこだわるだけでなく、予約や課金といったシステムも整えて、カッコよくて便利な充電インフラ構築に貢献することを目指しています。

すでに商品化されているPLUGO WALLやPLAGO BARを導入するもよし。集客施設としてのプレミアム感やオリジナリティを示せるような充電設備構築を考えている企業が、プラゴとコラボしてユニークな充電器を開発すれば、これまた新聞などのメディアでニュースになること間違いなし。ホテルやレジャー施設などに関わっている方には「今がチャンス」ではないかと思います。

2030年、30%がZEVになったとすれば……

日本でも、政府が「ガソリン車の新車販売を2030年代半ばに禁止する」方向を示し、東京都の小池知事は「2030年脱ガソリン車100%」を明言しました。この発表の「脱ガソリン車」には、自動車業界への配慮なのか実質はエンジン車であるハイブリッド車が含まれています。でも、東京都が発表している『ゼロエミッション東京戦略』の『ZEV普及プログラム』では、ZEVを外部から充電できるプラグイン車(電気自動車とプラグインハイブリッド車)に絞り、2030年に都内乗用車の50%、2050年には100%をZEVとする目標を明示しています。日本政府でも、2030年にはプラグイン車を20〜30%とする目標を掲げています。

【関連記事】
東京都「ZEV普及プログラム」に電気自動車ユーザー目線で5つの提言(2020年2月28日)

2030年、仮に日本国内を走る乗用車の30%がプラグイン車になったとしたら。100台収容の駐車場には30基の充電設備が設置されているべき、ということになります。今のところ、ルートインホテルズなど前向きに充電設備を設置している施設でも、設置されているのは1基のところがほとんどです。まだまだ、全然足りません。日本の電気自動車普及は世界でも遅れ気味ですが、欧州メーカーを中心に新たなモデルは増加中。2030年を待たずして、ホテルなどでは「え、充電設備ないの?」というクレームが増えていくに違いありません。

2030年まで、もう10年もありません。クレームに追い立てられて泥縄的に充電設備を増やしていくより、先手を打って充電設備を充実させて、あわよくばニュースに取り上げられてPRにも貢献しちゃう方が、なにかと賢明ではないかと思うのです。

目的地充電インフラの設置については、課金をどうするかといった課題があるのですが、それはまたの機会で記事にしたいと思います。

(取材・文/寄本 好則)

株式会社プラゴ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more