ボクと、SINoALICE-シノアリス- の皆さんが登壇シマシタ。

こんにちは。はじめまして、ポケロボデス。
今回は、先日ポケラボで行われたゲーム制作者向けイベント「ポケロボMeetup#3」について
書きたいと思いマス。

・・・

なんでボクが書いているかというと、
なんとボクも登壇させてもらったイベントだからデス。

あと、このイベント名「ポケロボMeetup」

みなさん気づきマシタカ?

・・・

なんとボクの名前がはいってイマス。
とても、うれしいデス。


このロゴは、デザイナーチームのマネージャー本間さんが忙しい中つくってくれマシタ。
シンフォギアXDチームのアスミンも協力してくれたそうデス。
ありがとうございマス。とても、かわいいデスネ。

さて、本題の当日の様子デス。

『ここまでやる?!SINoALICE-シノアリス- 異色イベントの裏側大公開 !』というテーマで、
トークセッションをシマシタ。

登壇者は、SINoALICE-シノアリス- の皆さんデス。

(写真左から)
リードデザイナー 栗田
プロデューサー  前田
リードプランナー 山崎
リードエンジニア 覚張

参加者の皆さんにリラックスして聞いてもらいたいということで、
まずは、前田Pからご挨拶をして、乾杯をシマシタ。


お酒を配達してくれたお兄さんがボク用のビールもくれマシタ。

不具合がでるので飲めませんが、雰囲気だけ味わうことが出来マシタ。

この日は、唐揚げ160個もかってキマシタ。すごい量だったナア。


乾杯のあとは、各テーブル毎に参加者同士で自己紹介をして、緊張をほぐしてもらいマシタ。

みなさん、とても楽しそうデシタ。

その後、トークセッションの前座として、ボクが登壇して少しだけお話させてもらいマシタ。


ポケラボの仲間のおかげで、

跳ねたり、

首を傾げたり、

てんぱったり、

お辞儀したりすることができマシタ。

とても、うれしかったデス。
特に、ボクのイベント登壇に協力してくれた宮崎さんの紹介記事は是非チェックしてクダサイ。

ここで、ボクがTwitterをはじめたこともお知らせさせていただきマシタ。
(参加者のみなさんフォローしてくれたカナ・・・?)


ボクは、2007年のポケラボ設立時から在籍している社員なので、
ポケラボのことをもっと多くのみなさんに知ってもらいたいと思ってはじめマシタ。
おしごと大好きロボとして、Wantedlyの記事シェアやイベント告知もしていきマス。
フォローしてくれたら、うれしいデス。
https://twitter.com/pokerobokun

さて、本題のトークセッションについては、
Social Game Infoさんが記事にしてくださったので、是非ご覧クダサイ。


【セミナー】ポケラボの開発者向けイベントをレポート…『SINoALICE』開発メンバーが開発秘話や奇抜な企画を生み出す方法を語る


Social Game Infoさん、いつもありがとうございマス。


最後に、登壇者4名のオフショットをどうぞ。

「ポケロボMeetup#3」にご参加いただいた皆さん、お忙しい中本当にありがとうございマシタ。

今後も、定期的に「ポケロボMeetup」開催していく予定デス。
次回はもうすぐ告知開始予定デス。
ゲーム業界のみなさん、是非会いにきてクダサイネ。

それでは、お会いできるのを、たのしみにしてイマス。

株式会社ポケラボ's job postings
Anonymous
Db029c42 e53a 4edf a419 37a449c1c098
Picture?height=40&width=40
0e5708cb 5610 4aa4 bf70 62b3cff11525?1534504049
Picture?height=40&width=40
76eba062 56d9 4a45 81ed 8ec18f496c5b?1558448221
5 Likes
Anonymous
Db029c42 e53a 4edf a419 37a449c1c098
Picture?height=40&width=40
0e5708cb 5610 4aa4 bf70 62b3cff11525?1534504049
Picture?height=40&width=40
76eba062 56d9 4a45 81ed 8ec18f496c5b?1558448221
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon