宇宙の研究を志した私が、組織のコンサルティングに取り組むようになった理由

大学時代は受験生のモチベーションを高める活動に力を注いでいました

京都大学(母校)を目指す受験生に対して、現役京大生が受験勉強、大学生活について話し、受験に対するモチベーションを高める活動に力を注いでいました。

活動に参加するようになった動機は、自分が受験生の時にその活動から受験に立ち向かうエネルギーを貰えたからです。やがて、組織を運営する立場になり、企画書作り、話し合い、リハーサルなどに明け暮れたことは、今の『識学』での仕事に通じるものがあったように思います。

学業面では、宇宙の研究がしたくて、理学部に入りました。しかし、自身の「好き」と「向いている」ことが一致していないと感じ、研究者への道は諦めて、就職を目指しました。

成長イメージが一番持てた『識学』

大手企業への就職には興味がありませんでした。大きくなった企業の歯車になるのではなく、これから大きくなる企業で幅広いことにチャレンジしたいと考えていたからです。

そして、就活で色々な会社の情報を集める中で、『識学』が掲げる「組織のコンサルティング」が自分の中に引っかかって話を聞こうと思いました。最初は池浦役員とお会いして話を聞くことになり、『識学』について知ってもらう面談と聞かされていましたが、実はそこが一次面接でした。(笑)後日、そのことを聞かされて驚きましたが、「識学」についての理解力、今までの経験に固執しない姿勢をみていただいたようです。そこからスピーディーに話が進み、就活で最初の内定をいただきました。

就活では最終的に複数の会社から内定をいただき、正直、入社先は迷いました。そこで、自分が将来なりたい姿と現在を照らし合わせて、『識学』が最も早く成長して、将来なりたい姿に最短でたどり着けると考え、入社を決めました。

私が将来なりたい姿としては、個人・組織の大きな意思決定に直接関われるようになっていることです。学問としての「識学」では、組織とその中の個人が最短最速で成長することを突き詰めているので、成長イメージが一番持てましたね。

最速で講師試験に合格して、社長賞を受賞するまで


入社してからは、自分自身で想像していた成長イメージよりも早く成長させてもらっているなと感じます。現在は、サービス開発室で「識学クラウド(組織パフォーマンスを最大化するマネジメント・ツール)」の営業、開発、運用とインサイドセールスに取り組んでいます。
(※2019/11追記:現在は人事に異動。自社採用全般の責任者を務める)

最初の配属では、インサイドセールス課に在籍し、そこで講師になる為の講師試験に取り組みました。講師試験に合格することで、他の部署に異動する機会をもらえるのでとても重要な試験です。

講師試験を合格する条件は、「電話でのアポ件数の目標達成」「理論説明用の仕組み図と文言の暗記」「過去事例の暗記」の3つがあり、アポ件数が最も苦労しました。

今まで「お世話になっております」も言ったことが無かったので、最初は全くアポが取れませんでした。そこで、件数が取れている人の話し方をひたすら真似したり、アプローチ先を研究したりと、自分でPDCAを1日単位で回したことで課題をクリアすることができました

講師試験の突破とともに、数字として成果を出すことができたので、単に頑張っているからという感覚ではなくしっかり根拠を持って選ばれる「社長賞」を受賞することができたんだと思います。

でも、過去の成果ではなく次のミッションのことをめちゃくちゃ考えていたので、正直、受賞したことを忘れていました。(笑)

今、目指すべき結果に集中できる環境があるというのも『識学』の良いところだなと思います。

他の会社では味わえないようなワクワク感があります!


『識学』は他の会社では味わえないようなワクワク感があります。

会社全体が短期間でどんどん受注件数が伸びているし、アポ獲得時でも向こうから「興味があるから話を聞いてみたい!」と言ってもらえるようになってきており、『識学』の需要が高まっているのを感じます。

会社自体の成長を肌で感じ、「識学」を広めるという目的に進んでいる「進行感」を日々感じられているので、とてもワクワクします。そんな会社の新卒一期生として入社できたことは誇りです。

会社の魅力としては、自社の商品である「識学」を自分たちでフル活用しつつ、どんな組織に導入しても成果が出せると言い切れる、お客様に心からお勧めできる商品を売っているところですね。

私の今の目標は、講師に早くなること。識学講師として「この人の言うことなら信頼できる」「識学をあなたに教えてほしい」と言ってもらえるように早くなりたいです。

株式会社識学's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more