PRIDE@TBM を開催!多様性を語り合いました 【イベントレポート】

こんにちは。
株式会社TBM、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)チームです。
TBMでは多様なメンバーがイキイキ働ける環境づくりに向けて様々な取り組みを行っています。その活動の一環として行なった社内イベント、「PRIDE @ TBM」についてレポートします!         

1.PRIDEとは

「PRIDE」 という言葉は英語で「誇り」を意味しますが、「自己の性的指向や性自認に誇りを持つべきという考え方」を表す言葉としても知られています。そのため、「PRIDE」という言葉は性的マイノリティ(LGBT+)の方々をエンパワメントする言葉として使われています。

6月にはLGBT+に関するメモリアルデイがあり、世界的に関連するイベントが多いことから「PRIDE MONTH」とされています。そこに合わせて、D&IチームではLGTB+について知ってもらうための勉強会イベントを企画しました。

2. PRIDE @ TBM

◾︎LGBT+についての勉強会

PRIDE MONTHをTBMでもお祝いすべく、レインボーフラッグを設置。また、LGBT+についての勉強会と、「サスめし部」の活動をコラボレーションさせた「レインボーサス飯ナイト」を行いました。

(「地産地消」をテーマに食材を選び、オフィスで一緒にご飯を食べるサステナブルご飯部、略して「サスめし部」。)

「LGBT+とは何なのか」「どんなセクシュアリティの方がいるのか」そして、実際に「どのような行動がLGBT+フレンドリーなのか」を中心に代表の山﨑含め、参加してくれたメンバー全員で学びました。


勉強会後はサス飯を食べながら、自然とLGBT+に関する各自の経験や、考えをシェアする時間になっていきました。TBMでは下は20歳から上は90歳までのメンバーが同じオフィスで働いており、この年齢のダイバーシティがTBMの強みのひとつでもあります。年齢に関係なくメンバー同士でLGBT+についての価値観を語り合い、理解する良い機会になりました。


食事を囲みながらということもあり、会話も弾みました。

◾︎PRIDE宣言

イベントの会場には、ALLY(LGBT+当事者でなくても彼らに寄り添いたいと思う人)になりたい、自分はALLYだと感じている人がメッセージを書けるようなメッセージボードを設置していました。

希望制であったにも関わらず、勉強会終了後には、たくさんの方が自主的にメッセージを残してくれました。

「まずは学ぶところから始めたいです」
「LGBT+のみなさんがストレスなく暮らしていけるような環境づくりに協力していきます」

このように、沢山のメンバーのPRIDE宣言をしてくれました。

来年のレインボープライド参加を宣言してくれているメンバーも。

3. まとめ

今年の4月には、渋谷で行われた東京レインボーパレードに合わせて、LGBT+に関するナレッジを社内に発信しました。さらに、今回のイベントを通じて、LGBT+に対するメンバーの反応を直に受け取ることができました。

今回のイベントを通して各メンバーが自ら進んでPRIDE宣言をしてくれ、D&Iに関して「知る」ことや「共感する」ことが「楽しい」という感覚を持ってくれたのではないかなと思っています。

TBMにおけるD&Iの活動はまだまだ始まったばかりですが、「全ての人がイキイキと働ける環境づくり」を目標の一つとして、これからも取り組みを推進していきます!

多様性は楽しく、強い!


経営企画/新規事業
経営企画|企業価値1218億円!日本史上6社目 ユニコーン企業
■■□ 事業内容 □■■ TBMは石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」の開発・製造・販売しています。 ■■□ TBM HP □■■  ●コーポレートサイト(http://tb-m.com/)  ●リクルートサイト(https://tb-m.com/recruit/) | 最近のニュース □■■  ●「ネクストユニコーン TBM企業価値2位 ユニコーン企業へ」  (https://s.nikkei.com/2RFTi4A)  ●「Yuzi社、伊藤忠商事、XinJin社と、中国・河南省でのLIMEX事業に関する基本合意締結」  (http://bit.ly/36oYFJS)  ●「モンゴル国家開発庁と基本合意締結 LIMEX の事業化に向けた検討を開始」  (http://bit.ly/2RFsVvD)  ●「TBM、G20イノベーション展にて石油由来樹脂を100%使用していないLIMEX Bagを発表」  (http://bit.ly/38nSQhs)  ●「15.5億円の資金調達を実施、資金調達総額100億円超に」  (http://ur0.link/AlVt)  ●「高機能なバイオプラスチック改質剤を開発する Bioworks株式会社をグループ会社化」  (http://u0u0.net/Q7ai)  ●「石井食品と環境負荷軽減に向けた基本合意を締結 食品包装(軟包材)開発を共同で取り組む」  (http://bit.ly/2PwM9kC) ■■□ LIMEXのメリット □■■ 水や木を使わずに紙代替製品を、石油の使用量を減らしてプラスチック代替製品をつくることができます。コスト競争力が高く、「エコロジーとエコノミーの両立」という新しい概念を創ります。 ■■□ LIMEXが求められる背景 □■■ 国連が設定している持続可能な開発目標(SDGs)やプラスチック問題の課題解決に向けて、企業の環境問題への配慮や対応が求められています。TBM は 2015 年に経済産業省の支援を受けて、新素材 LIMEX を生産する第 11号プラント(宮城県白石市)を完成。シリコンバレーの 3 大アクセラレーターの 1 つである、Plug and Play において年間を通して「世の中に最も社会的影響を与える企業-ソーシャルインパクトアワード-」を受賞。これまで LIMEX 製品の実用化に向けて大手事業会社との共同開発やパートナーシップを強化し、4,700 社を超える企業に LIMEX 製品の導入を進めて参りました。また今年に入り、TBM は世界各地で LIMEX の工場設立に向けた協議を進めており、海外で使い捨てプラスチックを規制する動きが強まる中、海外企業から LIMEX に関して 600 件以上の引き合いを頂くなど、プラスチックの代替素材として注目を集めています。ブリュッセルで開催された Brussels SDG Summit 2018(主催;CSR ヨーロッパ)においては、パートナーに認定され、LIMEX の劣化やロスの少ないリサイクル性能の高さを活かし、シート状のものから射出成型品をつくる「LIMEX のアップサイクル」を紹介。(サーキュラー・エコノミーの推進)また、価格の安い石灰石を主原料に一部の生分解性樹脂から構成される「生分解性 LIMEX」の開発を発表。エコノミーとエコロジーを両立しながら、循環型社会への移行を目指す取り組みを加速しております。 ■■□ 世界各地への本格展開 □■■ 海外での素材販売に留まらず、LIMEX工場の建設を進めています。LIMEX工場では製造において水を使わず、またコンパクトな工場であることから、立地を選ぶことなく工場を建設可能です。2017年、サウジアラビア政府、日揮とサウジアラビアでのLIMEXの製造活動に向けた基本合意を締結。また、水資源が貴重な国であるモンゴル、急成長する中国・河南省でLIMEXの工場建設に向けて準備を進めています。 ■■□ 国・政府からの後押し □■■ 経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業の助成金を受け、第一工場を建設し、現在同工場では約50名のオペレーターがLIMEXの製造を行っています。すでに資金調達や補助金で100億を超える資金調達を行い、国内外の投資家や国からの期待と支援を受けています。環境省の支援もあり国際会議COP25への参加。経済産業省のサポートを受けて、2020年度を目処に、国内第2工場が宮城県多賀城市に建設予定です。
株式会社TBM


長期インターン
TBM長期有給インターン|急成長!研究開発型ベンチャー企業|LIMEX
■■□ 事業内容 □■■ TBMは石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」の開発・製造・販売しています。 ■■□ TBM HP □■■  ●コーポレートサイト(http://tb-m.com/)  ●リクルートサイト(https://tb-m.com/recruit/) | 最近のニュース □■■  ●「ネクストユニコーン TBM企業価値2位 ユニコーン企業へ」  (https://s.nikkei.com/2RFTi4A)  ●「Yuzi社、伊藤忠商事、XinJin社と、中国・河南省でのLIMEX事業に関する基本合意締結」  (http://bit.ly/36oYFJS)  ●「モンゴル国家開発庁と基本合意締結 LIMEX の事業化に向けた検討を開始」  (http://bit.ly/2RFsVvD)  ●「TBM、G20イノベーション展にて石油由来樹脂を100%使用していないLIMEX Bagを発表」  (http://bit.ly/38nSQhs)  ●「15.5億円の資金調達を実施、資金調達総額100億円超に」  (http://ur0.link/AlVt)  ●「高機能なバイオプラスチック改質剤を開発する Bioworks株式会社をグループ会社化」  (http://u0u0.net/Q7ai)  ●「石井食品と環境負荷軽減に向けた基本合意を締結 食品包装(軟包材)開発を共同で取り組む」  (http://bit.ly/2PwM9kC) ■■□ LIMEXのメリット □■■ 水や木を使わずに紙代替製品を、石油の使用量を減らしてプラスチック代替製品をつくることができます。コスト競争力が高く、「エコロジーとエコノミーの両立」という新しい概念を創ります。 ■■□ LIMEXが求められる背景 □■■ 国連が設定している持続可能な開発目標(SDGs)やプラスチック問題の課題解決に向けて、企業の環境問題への配慮や対応が求められています。TBM は 2015 年に経済産業省の支援を受けて、新素材 LIMEX を生産する第 11号プラント(宮城県白石市)を完成。シリコンバレーの 3 大アクセラレーターの 1 つである、Plug and Play において年間を通して「世の中に最も社会的影響を与える企業-ソーシャルインパクトアワード-」を受賞。これまで LIMEX 製品の実用化に向けて大手事業会社との共同開発やパートナーシップを強化し、4,700 社を超える企業に LIMEX 製品の導入を進めて参りました。また今年に入り、TBM は世界各地で LIMEX の工場設立に向けた協議を進めており、海外で使い捨てプラスチックを規制する動きが強まる中、海外企業から LIMEX に関して 600 件以上の引き合いを頂くなど、プラスチックの代替素材として注目を集めています。ブリュッセルで開催された Brussels SDG Summit 2018(主催;CSR ヨーロッパ)においては、パートナーに認定され、LIMEX の劣化やロスの少ないリサイクル性能の高さを活かし、シート状のものから射出成型品をつくる「LIMEX のアップサイクル」を紹介。(サーキュラー・エコノミーの推進)また、価格の安い石灰石を主原料に一部の生分解性樹脂から構成される「生分解性 LIMEX」の開発を発表。エコノミーとエコロジーを両立しながら、循環型社会への移行を目指す取り組みを加速しております。 ■■□ 世界各地への本格展開 □■■ 海外での素材販売に留まらず、LIMEX工場の建設を進めています。LIMEX工場では製造において水を使わず、またコンパクトな工場であることから、立地を選ぶことなく工場を建設可能です。2017年、サウジアラビア政府、日揮とサウジアラビアでのLIMEXの製造活動に向けた基本合意を締結。また、水資源が貴重な国であるモンゴル、急成長する中国・河南省でLIMEXの工場建設に向けて準備を進めています。 ■■□ 国・政府からの後押し □■■ 経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業の助成金を受け、第一工場を建設し、現在同工場では約50名のオペレーターがLIMEXの製造を行っています。すでに資金調達や補助金で100億を超える資金調達を行い、国内外の投資家や国からの期待と支援を受けています。環境省の支援もあり国際会議COP25への参加。経済産業省のサポートを受けて、2020年度を目処に、国内第2工場が宮城県多賀城市に建設予定です。
株式会社TBM


海外ビジネスデベロップ
海外事業開発 |企業価値1218億円!日本史上6社目ユニコーン企業
■■□ 事業内容 □■■ TBMは石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」の開発・製造・販売しています。 ■■□ TBM HP □■■  ●コーポレートサイト(http://tb-m.com/)  ●リクルートサイト(https://tb-m.com/recruit/) | 最近のニュース □■■  ●「ネクストユニコーン TBM企業価値2位 ユニコーン企業へ」  (https://s.nikkei.com/2RFTi4A)  ●「Yuzi社、伊藤忠商事、XinJin社と、中国・河南省でのLIMEX事業に関する基本合意締結」  (http://bit.ly/36oYFJS)  ●「モンゴル国家開発庁と基本合意締結 LIMEX の事業化に向けた検討を開始」  (http://bit.ly/2RFsVvD)  ●「TBM、G20イノベーション展にて石油由来樹脂を100%使用していないLIMEX Bagを発表」  (http://bit.ly/38nSQhs)  ●「15.5億円の資金調達を実施、資金調達総額100億円超に」  (http://ur0.link/AlVt)  ●「高機能なバイオプラスチック改質剤を開発する Bioworks株式会社をグループ会社化」  (http://u0u0.net/Q7ai)  ●「石井食品と環境負荷軽減に向けた基本合意を締結 食品包装(軟包材)開発を共同で取り組む」  (http://bit.ly/2PwM9kC) ■■□ LIMEXのメリット □■■ 水や木を使わずに紙代替製品を、石油の使用量を減らしてプラスチック代替製品をつくることができます。コスト競争力が高く、「エコロジーとエコノミーの両立」という新しい概念を創ります。 ■■□ LIMEXが求められる背景 □■■ 国連が設定している持続可能な開発目標(SDGs)やプラスチック問題の課題解決に向けて、企業の環境問題への配慮や対応が求められています。TBM は 2015 年に経済産業省の支援を受けて、新素材 LIMEX を生産する第 11号プラント(宮城県白石市)を完成。シリコンバレーの 3 大アクセラレーターの 1 つである、Plug and Play において年間を通して「世の中に最も社会的影響を与える企業-ソーシャルインパクトアワード-」を受賞。これまで LIMEX 製品の実用化に向けて大手事業会社との共同開発やパートナーシップを強化し、4,700 社を超える企業に LIMEX 製品の導入を進めて参りました。また今年に入り、TBM は世界各地で LIMEX の工場設立に向けた協議を進めており、海外で使い捨てプラスチックを規制する動きが強まる中、海外企業から LIMEX に関して 600 件以上の引き合いを頂くなど、プラスチックの代替素材として注目を集めています。ブリュッセルで開催された Brussels SDG Summit 2018(主催;CSR ヨーロッパ)においては、パートナーに認定され、LIMEX の劣化やロスの少ないリサイクル性能の高さを活かし、シート状のものから射出成型品をつくる「LIMEX のアップサイクル」を紹介。(サーキュラー・エコノミーの推進)また、価格の安い石灰石を主原料に一部の生分解性樹脂から構成される「生分解性 LIMEX」の開発を発表。エコノミーとエコロジーを両立しながら、循環型社会への移行を目指す取り組みを加速しております。 ■■□ 世界各地への本格展開 □■■ 海外での素材販売に留まらず、LIMEX工場の建設を進めています。LIMEX工場では製造において水を使わず、またコンパクトな工場であることから、立地を選ぶことなく工場を建設可能です。2017年、サウジアラビア政府、日揮とサウジアラビアでのLIMEXの製造活動に向けた基本合意を締結。また、水資源が貴重な国であるモンゴル、急成長する中国・河南省でLIMEXの工場建設に向けて準備を進めています。 ■■□ 国・政府からの後押し □■■ 経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業の助成金を受け、第一工場を建設し、現在同工場では約50名のオペレーターがLIMEXの製造を行っています。すでに資金調達や補助金で100億を超える資金調達を行い、国内外の投資家や国からの期待と支援を受けています。環境省の支援もあり国際会議COP25への参加。経済産業省のサポートを受けて、2020年度を目処に、国内第2工場が宮城県多賀城市に建設予定です。
株式会社TBM
株式会社TBM's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more