六本木ヒルズのITベンチャー出身の僕が、ITを捨てた理由。

大学生の頃、当時はホリエモン率いるライブドアや村上ファンド、今はなきリーマンブラザーズも入居していた六本木ヒルズ。楽天、Yahoo!、ゴールドマンサックスとそうそうたる企業が入っていました。

2007年4月に奈良の田舎から上京した僕は、圧倒的な憧れ、期待感、未来への可能性を感じて、
六本木ヒルズ森タワーに入居するIT企業・モバイルインターネットのベンチャーに就職しました。

2年半、六本木ヒルズ森タワーの本社で働いた後、
2009年10月に天創堂を起業しGPS連動型クーポンサイトを立ち上げ。
9周年を迎えた2018年10月現在、ITを捨てて、卸の仕事をしています。

なぜ自分の社会人としてのアイデンティティとも言えるITを捨てて、
アナログな世界、しかも、オールドエコノミーと言われる卸を生業とするようになったのか。

この記事を読んで頂いているあなたが、
「本当に今の仕事や業種で良いのだろうか?」
「今の仕事は自分に向いているのだろうか?」
「これが本当に自分のやりたい事なのだろうか??」
「今の仕事はずっと続けていけるのだろうか??」

と少しでも感じていれば、まさに僕自身がそうでしたので、
疑問を解消する何かのキッカケになればと思い、経緯をお話します!

1、IT業界・モバイルインターネット業界を選んだ理由

就職活動をする時に、とにかく自分が成長できる業界や会社を選ぼうと考えていました。
成長している業界や会社の方がチャンスが多く、若くても責任のある仕事を任せてもらえると考えたからです。
100社程、ありとあらゆる業界・会社をまわってたどり着いた自分なりの答えは、インターネット業界、特にモバイルインターネットの業界は、今後限りない可能性があり、あらゆる産業の構造自体を変えていくのではないか、という事でした。
新卒入社し配属後すぐに、テレビ局のモバイルサイト企画・運営という大きな仕事を任せて頂き、テレビとネットの融合が叫ばれる中、番組連動企画を行う等、最先端の事にチャレンジさせて頂く事ができ、自分の身の丈以上の仕事・成長をする事ができました。

2、起業して自社サービス(モバイルサイト)にチャレンジ!

3年で起業することを宣言して入社した僕は、当然ながら、自分のフィールドであるモバイルインターネットのサービスで起業を考えていました。
2009年10月に天創堂を設立し、立ち上げたサービスが「超エコワリ」というGPS連動型のモバイルクーポンサイト。
例えば、スーパーやコンビニでお弁当が売れ残った場合、どうせ廃棄するぐらいなら値引きして販売した方が良いですが、それを知らせる術がありません。
そこで、「超エコワリ」を使えば、店舗周辺100メートル圏内の人だけに、クーポンを送ることができ、集客につなげられ、値引きしたお弁当以外にもお茶やお菓子等も買ってもらうことで、ついで買い・需要の創出につながる、というサービスでした。日本には食品の廃棄ロスが年間10兆円程度あるとも言われています。このサービスを普及させることで、食品廃棄ロスを減らし、需要を創出できるのではと考えていました。
しかしながら、机上のプラン・理想論には、厳しい現実が待っていました。
このサービスに諸費用を含めると3,000万円以上投資をしましたが、倒産の危機となり、やむなく、撤退をする事になりました。

創業秘話はコチラ・・・

3、まずは食べていく為に・・・自分の得意分野のITで勝負

もう会社が潰れる、あと通帳の残高が30万円しかない!となった時、
まずは食っていかないとどうしようもない!!ということで、自分達ができることを考えました。

サイトを制作したり、そこに集客をすることは得意だったので、それを企業さん向けに提供しようと考えました。いわゆるBtoB向けの「受託制作」の仕事です。それまで新規の営業開拓等はしたことがなかったのですが、必死になってテレアポや飛び込み等も展開する中で、だんだんと売上があがり、飯が食えるようになってきました。

「まずは飯を食う」という目的は、1年程で達成されてしまいました。
そうすると、ふと疑問がわいてきました。

飯を食うだけなら、別にどんな仕事だっていいはずだ。

一体、何の為に働いているのだろうか??ITの仕事が、本当に自分のやりたい事なのだろうか??

4、ITはツールでしかない。その先にある目的とは?

そこで、ある当たり前の事に気がつきました。
ITはツールでしかない、という事です。

今までは、ITの仕事をする事自体が目的になっていましたが、それは本末転倒なことだと思いました。ITは本来はツールで、何かを実現させるために存在するはずです。

では本当にやりたい事は何なのだろうか??
そのようにずっと悩み、自問自答を繰り返した先に出た答え、
それは、本当の意味での自分の原点でした。

日本を、元気にしたい。

僕は1985年生まれ。1991年にバブルは崩壊し、物心ついたころから日本はずっと右肩下がり。阪神大震災や地下鉄サリン事件、銀行や大企業の倒産、リストラ等、衰退していくこの国をずっと見てきました。

「日本はもうダメだ、海外に出よう」と思い、学生時代にバックパックで海外に旅行へ行きました。海外では、日本人というだけで、親切にしてもらった事が数えきれないぐらいありました。トヨタやソニーやパナソニック等、日本のメーカーが、街を席巻していました。僕は感動しました。日本に生まれて良かったと。先人達が創ってくれた豊かさの御陰で、自分は存在する。今度は、自分達の手でこの国の輝きを、もう一度取り戻したい。

なんでだろうか、僕は、泣きたいぐらい日本が大好きだった事に気がつきました。
だから、これからは、ITの仕事だからとかITの仕事じゃないからといった理由を一切抜きに、日本のためになる仕事をやろうと、決意しました。

5、ご当地ブランドの売上増=日本活性化!

では一体何が、「日本のためになる仕事」なのだろうかと、考えるようになりました。

その時、受託制作の仕事で出会った、通天閣のビリケンさんの仕事が浮かんできました。
この仕事は、すごく面白いなと。

ビリケンさんの案件は、最初は公式サイトの運営のみを受注していましたが、その後にプロモーション全般や、商品化等も任せて頂けるようになっていました。

ビリケンさんのグッズ、例えばストラップは、ビリケンさんを知らない人にとっては、何の価値もありません。
ですが、大阪に観光に来て、通天閣に登って、ビリケンさんの足の裏を撫でてお祈りをした人にとっては、そのストラップは、何ものにも代えられない宝物になり、ストラップを見る度に大阪での楽しかった観光を想い出します。

そして、大阪に観光に来たからには、大阪らしいものに必然的にフォーカスがあたります。当然ながら東京にも北海道にもあるものではなく、せっかく大阪に来たからには、大阪にしかないもの、大阪らしいものを欲しい!と思うのが、観光客・消費者の心理だからです。

そう考えた時に、「日本のためになる仕事」として、
行き着いた答えが、「観光産業」であり、その中で「ご当地ブランド」でした。

観光、ご当地ブランドは、そこにしかない魅力や個性に自然にフォーカスされる為、その分野を伸ばしていくことは、イコール各地の魅力や個性を伸ばしていくことになり、日本全体の元気につながるからです。

6、ITの仕事は何にでも応用ができる!

現在は、ご当地ブランドのライセンス管理・商品化・販売をする事業と、インバウンド向けの卸の事業を展開しており、ご当地商品の海外輸出も開始しています。

僕たちは消耗品を販売しているのではなく、ご当地のブランドや商品を販売しています。
1個売れば、1個分の想い出や土産話が生まれる。そのような想い出や感動を、商品に乗せて運んでいます。

卸事業はアナログですが、今までのITでの経験が無駄かというと、逆に、全てが活きてきています。

例えば、マーケティングの考え方。
ITの業界では、全て数字で捉えて、因数分解して目標や進捗管理をします。
売上を来客数×コンバージョン率×客単価と分解したり、既存客売上+新規客売上と分解したり。
卸の仕事でも、売上を伸ばす際に、既存店舗売上を伸ばすか、新規店舗売上を伸ばすかと瞬時に考えたり、あるいは、僕たちが供給している商品のコンバージョン率をあげる為に、どのような施策をしたら良いか(例えばPOPの設置や試食販売等)、といった視点で考えます。

また、現在、全国北海道から九州まで、70社以上・1,000以上のアイテムを取り扱いしていますが、商品管理システムを自社独自で開発しています。
この商品管理システムは、単に商品を管理するだけでなく、カタログとしても出力できるようになっています。例えば「抹茶」土産が欲しいとバイヤーさんにオーダー頂けば、一発で「抹茶」商品のカタログが作成でき、その商品の単価や粗利等の計数も分かるようになっています。

卸や製造メーカーではExcel等で商品管理をされている会社さんもまだまだ多いですが、この商品管理・カタログシステムを、今後ASPとして外販していく事も、可能性としては考えられると思っています。


他にも数えきれないぐらい、ITの仕事をやっていて、役に立ったと思うものがあり、
新卒の就職先がITの業界で良かった!!と心底思っています。

前向きにチャレンジしていけば、全てのことは必ず繋がっていき、無駄なことは一切ない。
今の仕事や環境がどうであれ、なりたいと思う何者にだってなれる。

そう僕は信じています。

もし、今の自分の仕事に疑問があり、天創堂に興味を持った方がいらっしゃれば、
是非お会いできる事を楽しみにしています(^-^)

現在、会社の成長拡大に合わせた第二創業期として、多様な職種(営業、営業事務、貿易事務、ライセンスコーディネーター、経理、総務、商品コントローラー)の募集をしています!(兼任して担当する事も多くあります)

たとえ未経験でも、想いを同じくできる人は、大歓迎です!!

商品コントローラー
会社の売り上げを創る原動力、コーポレートスタッフをWanted!!
日本各地にある個性や文化(商品やコンテンツ)を発展させ、世界中の人に感動を届けることをミッションに、「ご当地ブランド事業」を展開しています! 大きく2つの事業ドメインがあります。 【インバウンド向けご当地土産発掘・販売】 外国人観光客の方等に喜んで頂ける日本のお土産物、ご当地商品を全国各地から発掘し、小売店に卸販売を行っています。また、独自のマーケティングにより、チャネルやターゲットに合わせてパッケージ・デザインをメーカーと共同で開発し、オリジナル商品の企画も担っています。 【ライセンス管理/商品化】 通天閣公認ビリケンさん、地方自治体が運営する際規模なマラソン大会(大阪・京都・神戸・岡山・金沢・富山)のライセンス事務局として商標権の運用、商品化コーディネイト、商品販売(ショップ・EC)なども行っています。
天創堂株式会社


営業プレイヤー
第二新卒歓迎!日本の個性を世界へ届ける営業プレイヤーとして再出発しよう!
日本各地にある個性や文化(商品やコンテンツ)を発展させ、世界中の人に感動を届けることをミッションに、「ご当地ブランド事業」を展開しています! 大きく2つの事業ドメインがあります。 【インバウンド向けご当地土産発掘・販売】 外国人観光客の方等に喜んで頂ける日本のお土産物、ご当地商品を全国各地から発掘し、小売店に卸販売を行っています。また、独自のマーケティングにより、チャネルやターゲットに合わせてパッケージ・デザインをメーカーと共同で開発し、オリジナル商品の企画も担っています。 【ライセンス管理/商品化】 通天閣公認ビリケンさん、地方自治体が運営する際規模なマラソン大会(大阪・京都・神戸・岡山・金沢・富山)のライセンス事務局として商標権の運用、商品化コーディネイト、商品販売(ショップ・EC)なども行っています。
天創堂株式会社
天創堂株式会社's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Ec6a78c0 d2ac 4778 a03f 4a3fb9feffef?1536650225
1708900d e9c1 4591 afe2 60d2133c407e?1535257950
F23a1f55 d433 4833 9be4 f14d448ead0c?1535256977
8 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Ec6a78c0 d2ac 4778 a03f 4a3fb9feffef?1536650225
1708900d e9c1 4591 afe2 60d2133c407e?1535257950
F23a1f55 d433 4833 9be4 f14d448ead0c?1535256977
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon