Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(51)

なにをやっているのか

わたしたちトレタは、飲食店向けの予約/顧客管理に特化したクラウド型サービスを手がけています。

わたしたちは、紙の予約台帳に置き換わるiPad予約台帳アプリ「トレタ」を中心に、飲食業界のIT化を牽引する様々な新機能を開発してきました。

たとえば、各社のPOSシステムと連携する「トレタPOSコネクト」や、各グルメサービスからの即時予約や実績管理を実現する「トレタメディアコネクト」など。もちろん、これだけじゃありません。むしろ、これからがはじまりです。

トレタが目指しているのは「飲食店経営のインフラ」。どの飲食店でも当たり前のように使われるようなツール、サービスを提供していきたいと考えています。
わたしたちのやりたいこと・やるべきことは、まだまだたくさんあるのです。

なぜやるのか

トレタが誕生したのは2013年7月。「豚組」などの飲食店や料理写真共有アプリ「ミイル」を手がけた中村仁の「飲食店の現場をハッピーにしたい」という願いから設立されました。

飲食の現場は、これだけITが進化した現在でも労働集約型。テクノロジーの恩恵とはほぼ無縁で「ブラック」とさえ言われてしまう業界です。
このままでは日本の食文化の豊かさが失われてしまうーーこのため、わたしたちはまず「予約」という業務のデジタル化から「革新」をスタートしました。

サービスのリリースから3年、おかげさまで評判が良く、導入店舗数は8,000店舗(2017年2月現在)を超えていて、予約台帳サービスで業界シェアNo.1(※2016年、シード・プランニング調べ)を獲得しています。

事業が順調に成長してきたため、昨年は東京の本社に続き、大阪・福岡にも営業拠点を設置。また、シンガポールに現地法人を設立し、海外展開にも着手しました。

今後もトレタは、飲食業界のIT化をリードして、飲食店経営の「明日」を支える役割を担っていきたいと考えています。

▼トレタイニシアチブ
https://toreta.in/initiative

どうやっているのか

トレタは何よりも「使い勝手の良さ」「デザイン」を重視した製品づくりを心がけています。

つねに考えているのは、飲食店の現場の煩雑な業務を改善していくにはどうしたらいいか。トレタは「働き方をデザインする」ところから取り組んでいるのです。
単純にプロダクトを作ったりサービスを販売するだけが、トレタの仕事ではありません。飲食店の人たちの課題を解決するために、その信頼や期待に応えていくものを作り提供していくのが、トレタの使命だと考えています。

それはデザインや開発メンバーだけではありません。セールスやサポートを含めた全メンバーが、つねに飲食店のみなさんの悩みや願いを向き合いながら、日々サービスをより良いものにするために、自発的に取り組んでいるのです。

▼トレタブログ:メンバーの日常をお伝えしています
http://toreta.blog.jp/

▼トレタ開発者ブログ
http://tech.toreta.in/

▼3周年記念座談会
http://toreta.blog.jp/archives/65434889.html

ソーシャル

私たちについて

株式会社トレタは、飲食店向けの予約/顧客管理に特化したクラウド型サービスを手がけています。紙の予約台帳に置き換わるiPad予約台帳アプリ「トレタ」を中心に、さまざまな新機能・新サービスを次々に開発しています。トレタは、業界のリーディングカンパニーとして、徹底して現場の味方であり続け、予約管理・顧客管理の面から飲食店のIT化を牽引する「予約サービスのインフラ」を目指しています。

投稿

株式会社トレタの募集

もっとみる

地図

東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 8F

Page top icon