Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

飲食店向け予約/顧客台帳管理サービス「トレタ」
ユーザーと飲食店、双方の利便性を実現/最短10分後、直前予約アプリ「トレタnow」
・飲食店向け予約/顧客台帳管理サービス「トレタ」 「トレタ」は、高級レストランや居酒屋などあらゆる飲食店の予約を、簡単・便利に管理ができるサービスです。これまで飲食店のスタッフが予約管理に費やしてきた多くの時間が「トレタ」によって大幅に短縮が可能です。「トレタ」は店舗経営に不可欠なオペレーションの効率化をサポートすると同時に、これまで最も情報化の遅れていた飲食業界のIT化を急速に普及させる核となるサービスを目指します。「トレタ」のリリースから約6年、導入店舗数を伸ばし、予約台帳サービスで業界シェアNo.1(2018年5月 soraプロジェクト調べ)を獲得後も、継続率99%の信頼を頂いています。 ・飲食店向けBPOサービス「トレタコンタクトセンター」 「トレタ コンタクトセンター」は、電話受付業務をはじめとする架電業務の一部を飲食店に代わって引き受けるサービスです。専任のコンサルタントを配置し、飲食店の電話受付業務の実態を綿密に理解した上で、飲食店ごとにカスタマイズした最適なコールオペレーションを構築しており、予約のダブルブッキングや機会損失を最小限に抑えた予約管理を実現します。 ・超直前予約サービス「トレタnow」 「トレタnow」は、最短で10分後に入れる飲食店を予約できるサービスです。アプリを立ち上げ、人数を選択し「近くのお店を探す」をタップすると、入店可能な飲食店の情報が表示されます。お客さまはアプリ起動から最短3タップで予約ができ、飲食店は当日の空席を埋めることが可能になりました。お客さまの突発的な飲食店予約のニーズと飲食店の空席在庫のマッチングを自動で行い、お客さまと飲食店双方の利便性の向上を目指します。 ・飲食業界のIT化を牽引する様々な新機能を開発 各社のPOSシステムと連携する「トレタPOSコネクト」、各グルメサービスからの即時予約や実績管理を実現する「トレタメディアコネクト」、小型CTI端末「トレタフォン ボックスタイプ」のハードウェア開発などもリリースしています。

なぜやるのか

〜食の未来を、アップデートする〜 トレタは飲食業界の課題をテクノロジーで解決し産業改革を目指すVartical SaaSです。 私たちの使命は、情報化から取り残された飲食業界をアップデートし、 そこで働く人たちが活き活きとやりがいをもって働ける環境を取り戻すことで す。 テクノロジーを使って、現場の仕事を支え、外食産業をよりよく変え、より豊かな食文化を作ることを目指しています バーティカルSaaSとしてのトレタ/代表取締役 中村仁 https://note.com/hitoshi/n/n26bd287da5b2

どうやっているのか

トレタには自分たちをアップデートする5つの原則があります。 1.主語は「自分」 自分が変えられるのは「自分」だけ。それは普遍的な事実だ。会社を支えるのも、事業がうまくいくかも「自分」次第。結果を全て引き受ける。トレタはそんなたくさんの「自分」の集合体だ。本気の覚悟を持つ「自分」が多いほど、トレタは成長できる。批判や許諾ではなく「自分」で動く人だけが成長できる。原点は他責でなく自責。本当にやりがいのある仕事は、自責から生まれるのだ。 2.信頼を紡ぐ トレタのサービスは長く使ってもらうほど、真価を発揮する。私たちの成功も成長も、全てはそこから生まれる。つまり私たちの事業の根幹は「信頼」だ。今、自分が起こそうとしている行動は、伝えようとしている言葉は、飲食店さま、パートナーさま、そして仲間との信頼につながるだろうか?いつも自分に問いかけよう。 3.徹底的にやり抜く 私たちは、誰も実現できなかったことを実現していく。道なき道を進む。心を奮い立たせて挑戦し、失敗し、学び、適応し、試行錯誤を続ける。大切なのは、失敗しても諦めずに挑戦し続ける「執念」だ。挑戦を讃え、失敗を愛そう。徹底的にやり抜こう。失敗は終わりなき成功への過程なのだから。 4.違いを尊重する 私たちはみな、価値観も個性も違う。飲食店も同じく、多種多様だ。そして、本当の豊かさとは「多様性」であることを、私たちは知っている。だからこそ、私たちは違いを愛するチームになろう。相手の立場を尊重し、相手の正義を理解する。多様性と、そこから生まれる化学反応こそが、新しい「何か」を生み出す土壌となるのだ。 5.シンプルであれ 世界はますます複雑になり、外食産業も複雑化を深めている。複雑な課題を解決するのは、シンプルさだ。だから私たちは、シンプルさを追究し続ける。飽くことなくWHYの問いを重ね、課題の「本質」を掘り起こす。トレタは、複雑な課題を美しくシンプルに解決していくチームだ。