Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(36)

なにをやっているのか

つみきはWebとアプリの開発・制作・運用を行う、ベンチャー企業です。
創業からさまざまな業界・サービスのWebサイトやアプリの制作を手がけてきました。

現在は、Webとアプリの受託制作を手がける「UI/UX事業部」と
自社事業の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)の開発・運営を手がける
「映画事業部」の両軸で事業を展開しています。

「UI/UX事業部」では、クライアントの課題解決を目的に、Web・アプリの制作を行っています。クライアントの業種もさまざまで、案件の内容もさまざまですが、自社事業で培ったノウハウも活かして特にUIに強みを持つ制作を手がけています。

Filmarksは、おかげさまで2016年8月に4周年を迎えました。
映画ファンはもとより、映画業界からも支持を受ける国内最大級の映画レビューサービスにまで成長。2017年3月、映画レビュー数3,000万件を突破しました。
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)との業務提携による TSUTAYAとの連携も活かし、今後もさらなるサービス拡大を目指しています。

■つみき 制作事例
 http://tsumikiinc.com/works/
 https://case.wantedly.com/portfolio/companies/tsumiki

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」 
 https://filmarks.com

なぜやるのか

そのWebサイトやアプリは、どんな人が、いつ、どのように使うものなのか。
そして、使う人にどのような体験を届けることができるのか。
クライアントやユーザーの課題解決はもちろん、
サービスがもつ本質的な価値を共に考え、
より多くの人に「こころがうごく」体験を届けること。
それが、私たちが思う“いい仕事”であり、ミッションです。

どうやっているのか

「こころをうごかす。」という理念のもと、スタッフ同士が自由にアイデアを出しあうことを大切にしています。

総勢約35名の中に様々な職種のメンバーがいるところもつみきの面白いところです。
誰かのちょっとした気づきが、新しい企画・サービスの芽になることを私たちは知っています。

つみきには映画鑑賞支援制度があり、映画を観てFilmarksにレビューを書いてプチ企画案を提出すると、映画館の費用は会社負担。
それを活用してスタッフ同士で映画鑑賞会を実施したり、試写会に参加したり、 映画サービスを手がけているからこそできる体験がつみきにはたくさんあります。

また、外部の講習会や交流会への参加などを推奨しており、費用の補助制度を用意しています。新しいツールの活用方法や新しいスキル、新しくトライした技術なども積極的に共有する風土です。

部活動やランチ会などのコミュニケーションも活発です!

ソーシャル

私たちについて

つみきが思ういい仕事。
それは「誰かにめちゃめちゃ喜んでもらうこと」。
 
“世界中の人”じゃなくてもいい。まず“目の前の一人”から。
大切な人へ贈りものをするように、ユーザー、クライアント、仕事を共にする仲間が深い喜びを感じるモノをつくりたい。
そして、半永久的にブラッシュアップしていく
こだわりと情熱を持ちつづけたい。
こころを尽くしてこそ、いい仕事ができる。

誰が、いつ、どのように使うかを明確に。
理屈を超えた「いい!」をめざして。

スペース

株式会社つみき's Blog

インタビュー

投稿

株式会社つみきの募集

もっとみる

地図

東京都目黒区大橋1-6-2 KDX池尻大橋ビル7階

Page top icon