新卒入社の若手エンジニアが語る「ユニークビジョン」 若手も影響力の大きな仕事に挑戦できる、"OPEN & FLAT"な環境

個性豊かなユニークビジョン社員の入社に至るまでの経歴や、どんな想いをもって日々の仕事に打ち込んでいるのかなどをご紹介する「ユニークビジョンではたらく仲間」。今回は、2018年に新卒でユニークビジョンに入社した若手エンジニアの岩谷・中野に話を聞きました。若手の目線での仕事のやりがいやユニークビジョンの社風について教えてもらいました。

2名のプロフィールはこちら

やりたいことが出来そう。嫌でも勉強しなくちゃいけない環境。

ーー早速ですが、おふたりはどんな経緯で入社されたか教えてください。

岩谷:僕は情報系の大学で4年間勉強していたので、就職先もそれを活かせるようなところを探していました。きっかけは就活サイトで、「自分がやりたいことが出来そう」と思い、エントリーしました。web関係の仕組みに触れられる点、ソーシャルメディアを扱っている点に魅力を感じユニークビジョンへのエントリーを決めました。地元が名古屋なので上京することに少し不安はあったのですが、挑戦してみたいという気持ちが勝り入社を決めました。

他にもいろいろな会社を見ていたのですが、面接での役員の印象が良かったのとフットワークが軽くて、最終面接の場でほぼ内定を出してくれ、面白い会社かもと感じたのも大きかったですね。

中野:僕は、大学では生物系の勉強をしていました。同級生にエンジニアになるような人はあまりいない環境で、門外漢なので「ITの中で特にこの分野でやりたい!」というようなこだわりがなくて。「この業界で仕事がしたい」くらいの温度感で会社選びをしていました。

決め手になったのは、学びの機会が多い点ですかね。実は、僕はかなりさぼり症なところがあって、周りから発破をかけられないと仕事とか勉強をしないんですね。(笑)ユニークビジョンって、社内勉強会とか開発合宿とか勉強できる機会が多いし、役員にもすごいエンジニアがいるので、ここなら嫌でも勉強しなくちゃいけないかなと思って決めました。

「OPEN & FLAT」な環境。困難もチームワークで乗り越える。

ーー実際に入社してみて、いかがですか?

中野:概ねイメージ通りですね。思っていた以上にフラットでしたね。(笑)

岩谷:僕もそんな印象ですね。まあ、オープンな会社なんだろうなと思って入社したんですけど、思った以上に"先輩・後輩"というような関係はないですね。役員でも仕事となったら対等に話しますしね。

ーーエンジニアの仕事はいかがですか?

中野:入ってしばらくは大変づくしでしたね。最初に任された仕事2案件がエンジニア1人のプロジェクトだったので。。しかも、ユニークビジョンでは珍しい、受託の案件が2連チャンという。「ちょっとやってみる?」という感じで任されました。(笑)

1つ目の案件は、PHPでデータベースはMySQLで、しかもサーバーサイドしかやらず、といったような感じで社内ではあまり無い案件だったので不安でしたね。最近はLINEの案件も多いですが、当時はLINEの案件があまり無かったのでLINEを使ってという条件もあったり、特殊な案件でした。プレッシャーは大きかったのですが困ったら必ず隣の席の先輩が力を貸してくれたので、なんとかやりきることが出来ました。

岩谷:僕は、入社してすぐに関わったプロジェクトの進捗があまり良くなく、大変な時期を過ごした記憶がありますね。規模が大きいし、技術的な壁も多々あったりと難しいプロジェクトだったんですけど、プロジェクトメンバーと試行錯誤を繰り返してなんとか乗り越えました。

この経験のおかげで、チームで大きな課題を乗り越えるためにどうしたら良いのかということを学べた気がします。大人数のプロジェクトだったので、メンバー全員の足並みが揃えずらいという大変さはあるものの、人数が多い分、みんなの知恵を持ち寄れば色々な解決策を挙げられるので、それは強みだなと思いました。なんでも1人で悩むのは良くないですね。

中野:そういう意味では、プロジェクトの規模が小さくても、何かあったらすぐに頼れる先輩がすぐ隣にいたり、役員にも話を聞けたり、相談出来る人が多い環境はすごく良いですよね。

年次や年齢は一切関係ナシ!若手でもリーダーを任される「ワーキング・グループ」

ーーユニークビジョンは「ワーキンググループ」を採用していますが、おふたりは参加していますか?

中野:半年位前から、「技術勉強会」のワーキンググループのリーダーをやっています。他のメンバーは役員と年齢が上の先輩なのですが、僕がリーダーを任されています。

最近は開発合宿を実施したり、お酒を飲みながらのLT会の様な「ビアバッシュ」を新規で企画したりしました。ビアバッシュは、社長に予算申請をするところから始めたのですが、僕みたいな入社2年目の若造に即決で予算承認してくれて、内容に関しても信頼して任せてもらえて・・・なかなかそんな会社無いよなと思いました。

岩谷:ビアバッシュ、エンジニアはほぼ全員参加しましたよね。僕は、お酒がまわって上手く話せませんでした。(笑)

中野:ユニークビジョンでは、勉強会に参加するという文化はしっかり根付いているので、更なる進化を遂げるためにどうしたら良いかもっと考えていきたいですね。今後はイベントによってはディレクターも巻き込んだり、他職種とも連携を取っていけたらいいなと思っています。

岩谷:僕は「DevOps」に参加しています。既存サービスにおいて、開発や運用における手法を継続的に改善していくチームで、社内に色々な良い文化を取り入れていこうという表題を掲げてメンバー全員で取り組んでいます。

個々人がテーマを持ってそれぞれ自由に動いているんですけど、僕は他のグループから要望があったコードレビューのためのツールを作っていて、他のメンバーも、いかに開発をスムーズに始められるかという事を考えていたり、テストの自動化のためのひな型を作ったりと色々動いています。

抽象度の高いテーマを扱うグループなので時には「DevOpsとは何ぞや」ということについて話し合ったり、方向性を見失わないように気を付けています。ちなみに僕はリーダーじゃないんですけど、リーダーとかメンバーとか関係なく、各メンバー当事者意識を持って取り組んでいますね。

ーーなるほど。エンジニアのメイン業務以外にも積極的に色々なことに取り組んでいるんですね!最後に今後の目標ややりたいことがあったら教えてください。

岩谷:僕は、自動化するのが好きなので、今後社内の色々なものを自動化していけたらいいなと思っています。細々したところはなるべく自動化して、本質的な開発業務に集中していけるような環境を作っていけたらいいなと思っています。より快適に仕事ができる環境を作っていきたいというのが今の目標ですね。

中野:今は1つでも多く出来ることを増やしていきたいという段階ですかね。この会社は何を聞いても何かしら答えが必ず返ってくるという、知識が豊富な人が沢山いるんですね。そういう人達を見ていると、「自分には知らないことがまだまだ山ほどあるぞ」と思うんですよね。たまに、ディレクターの人から質問を受けることがあるんですけど、そういう時に答えられなくてちょくちょく「●●さんなら知ってるかも」と他の人にまわしちゃうことがあるんです。まずは、そういう質問を自分でさばけるようになったら良いなと思っていますね。周りに尊敬できる先輩方が沢山いるので、少しでも近づけたらと思っています。

ユニークビジョンでは、新卒・中途問わずエンジニアの採用を行っております。技術が好き!最先端の技術を活かして世の中に面白いサービスを提供してみたい!そんな方は是非一度会社の雰囲気を見に遊びにいらしてみてください。

ユニークビジョン株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings