人を大切にするバイタリフィだからできるたった一人の時短勤務のデザイナー

こんにちは。バイタリフィ営業統括部の東田です。不定期ですが、バイタリフィのメンバー紹介をしていきます。今回は、制作部の働くママさんデザイナーこと上田淳子さんです!


■プロフィール

制作部 デザイナー。前職は雑誌会社のデザイナーだけでなく、フリーランスとしても勤務。デザイン系ならWEBに限らず幅広く対応が可能。結婚式のウェルカムボードや年賀状のデザイン、コラージュなど様々な制作実績を持つ。2018年4月にバイタリフィへジョイン。好きな食べ物は、「芋!あとは、レンコン、ジャガイモかなぁ。」とのこと。お芋が大好きなんですね!笑


なぜバイタリフィに入ったのですか?

上田:元々はデザイン事務所に勤めていました。事務所は会社とは違い、仕事が優先で生活や人生の設計なんてできず、1人でも抜けたらその分の仕事は埋まらない為、仕事に対しての責任が重い日々。結婚や妊娠で1年経ったら戻るような福利厚生はなく、時短勤務のデザイナーはあるはずがない世界。特に納期が厳しく、深夜に対応しなければいけないというのも当たり前のようにあるので、子育てと両立が不可能だと思っておりました。そこで、「時短勤務×デザイナー」という軸で転職活動をはじめました。

東田:あれ、バイタリフィって、元々時短勤務制度ってありましたっけ?

上田:バイタリフィは元々時短勤務制度は全くやっていませんでした。ですが、ここで働きたいなと思ったので、履歴書に時短勤務希望と記載し応募したところ、面接まで進みました。そこで直接社長に相談したところ、「今までなかった制度だけど、これを機に考えてみる。」と言ってくださり、はじめての「時短勤務」社員となりました。


業務内容を教えてください!

上田:デザイナー業務。ランディングページやアプリ、WEBサイト、バナー広告のデザイン等多様な案件を対応いたします。お客様によって目的もニーズも全く違うので、それぞれのお客様に合ったデザインで、なおかつユーザーが使いやすいものにしていく必要があります。また、お客様があってのお仕事の為、何回もミーティングをし、イメージのすり合わせを行いつつ、社内で開発できるような実装、工数的にいけるかどうかも加味しながら進めていきます。アプリの場合は動きイメージのすり合わせも必要なので、XD等を用いてコミュニケーションをとりながら進めていきます。

東田:ぇえ、めっちゃ大変そうなお仕事ですね・・・。

上田:クライアントは大手企業が中心となるので、デザインが世の中に与える影響や反響の大きさを感じることができます。また、1人の消費者としての意見を求められることもあり、自分のアイデアが大手企業に採用され、世の中に出ていく様子にやりがいを感じていくこともできますよ。


一番印象的だった案件は何ですか?

上田: ブランディングテクノロジー株式会社さんの歯科タウンというサイト作成の案件ですかね。歯医者さんを探すサイトです。

東田:なぜその案件が印象的なのですか?

上田:デザイナー2人で対応した案件になるのですが、”時短勤務”で相方よりも早く帰らなければいけない為、自分がいない時間帯に変更点があったら、どんなに細かなことでもマメに報告しなきゃいけなかったので社内で密にコミュニケーションをとらなければいけない大変さがありました。
また、社内でうまくコミュケーションが取れていなかったり、パソコンのトラブル等もあり苦労した部分もありましたが、時間の大切さや社内外問わずのコミュニケーションの重要さを身にしみて感じました。


■具体的にどのような働き方をされているのでしょうか?

上田:9時50分から始業で17時に退社しています。時短勤務の社員なので、他のメンバーよりも2時間早く勤務を終えます。仕事が終わった後は、保育園へ行って帰宅する流れですね。


■子育てとお仕事の両立は大変では??

上田:大変ですが、それよりも会社の人に迷惑かけてるんじゃないかっていう思いのほうが大きくて、歯がゆい気持ちでいっぱいになります。例えば、自分担当の案件で「今日、あと2時間作業すれば終わるのに・・・。」っていうものも、自分都合で翌営業日まで持ち越しなってしまうことがあるからです。
とはいえ、チームのメンバーは皆さん優しい方が多いです。チームリーダーの花島さんをはじめ、小さなお子さんがいる方がとても多くいるので、「時短勤務」に対しても理解があり、心強いです。また、リーダーが率先してそういう雰囲気作りしてくれるので、非常に仕事をしやすい環境です。今年新卒入社の田口君も子供が熱を出したときに、自主的に電話当番を代わってくれたこともあり、思いやりにあふれたメンバーに支えられています。


■女性社員に一言

上田:バイタリフィの女性達には、時短勤務や産休を気を使わないで活用していって欲しいです。理解、協力してくれる人がいることに感謝し、反対に自分が手伝える時は助けてあげれば、いい関係が築けていけますしね。
また、仕事も結婚・出産・子育ても、どれも女性にとって大切だと思うので、欲張りになっていいと思うんです。なので、仕事もプライベートも充実させて、我慢しないで毎日を過ごしてほしいですね。そしてそれを理解してくれる会社や人達なしでは、自分が楽しいと思える仕事はできないと思っています。


私は、「みんなでおいしくご飯が食べれる」バイタリフィだからこそ、今もなお、働き続けることができています。

株式会社バイタリフィ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings