1
/
5

創業~3期目 振り返りとこれから

こんにちは。

代表の道畑です。

Vitalizeは来年1月から4期目に入ります。

せっかくなので、3年やってみて、良かった点、反省する点、今後に向けて、などを纏めてみました。


◯良かった点


■会社のやりたいことが見えてきた

世の中に役に立つ会社でいたい、と立ち上げたのですが、地方支社を設立したり、社員に子供が生まれたりする中で、「少子化を止めたい」「地方創生をしたい」と、会社としてやりたいことが具体的になっていきました。

弊社の主要事業は、システム開発ですが、このやりたいことを実現するために、システム開発以外にもチャレンジしています。


■一生涯かけてこの会社でやり切りたい、と思える仲間が増えてきた

弊社は、現在60名足らずですが、取締役が11人います。

ある程度仕事ができるようになれば、ずっと弊社でやっていきたいと思った場合、誰でも役員に立候補できる制度を採用しています。

もちろん、職業選択の自由がありますので、あくまで形式上に過ぎませんが、朝令暮改が多い弊社では、誰よりも率先垂範で動いてくれて助かっています。


■仕事が仕組みとして取れるようになってきた

設立当初は、役員メンバーのツテでなんとか仕事をいただけてるような状況でしたが、最近は、既存のお客様から新規のお客様のご紹介をいただいたり、またテレアポから受注できたり、としております。

既存のお客様も、当初のプロジェクトが終われば解散、ではなく、追加開発や運用など、末永く継続していただいているケースが多いです。


◯反省する点

■ミスマッチや退職が思いのほか多かった

我々は、経験の浅いメンバーを採用し、しっかり教育し育てていくという方針です。

本人のやる気があれば、かなり積極的に採用してました。

その中で、純粋に実力がなかなか伸びない方も居て、かなり辛い思いをさせてしまいました。

また、率先垂範・利他貢献を唄う社風と合わずに退職された方も居ます。

今後は、こういった悲しいミスマッチを生まないように、採用段階でしっかりコミュニケーションを取ることにしています。


◯今後に向けて

■よりスピード感をもって規模の拡大を求めます

地方創生や少子化対策に、売上を求めるのは難しいです。

となると、他のところでしっかりと稼がないといけません。

それも、ゆっくりやっていると、瞬く間に取り返しのつかない状態になるという危機感があります。

今年はコロナという未曾有の出来事もあり、少子化が加速の一途をたどっています。

スピード感をもって大胆に行動していきます。


■社員がやりたいことを実現できるように多角化を目指し、またチャンスを作ります

例えば、みんなが憧れる新規事業。今は、エンジニアスクールを一から立ち上げたいというメンバーがおり、会社としてバックアップしております。

また、地方では、元プロサッカー選手のメンバーがおり、強みを生かして、サッカーを通した地方創生に取り組んでおります。

エンジニアとして大成しなくても、他の職種を用意できるようにし、Vitalizeの中で、楽しく遣り甲斐をもって働き続けられるような体制にします。

また、変化し続ける環境で生き残っていくために、学びなおしなどのチャレンジも奨励していきます。

機械学習やVRなどの技術のキャッチアップはもちろん、大学や大学院への進学などに関して、会社から金銭的なバックアップを行い、絶えず強い人材を生み出していきます。



◯最後に

Vitalizeはまだ3年目の会社ですが、単なる開発会社に止まらず、様々なチャレンジを行う会社です。

率先垂範・利他貢献という行動指針に沿ったメンバーがおり、「ググれ」などで一蹴することは皆無で、いつでもどこでも質問でき、寄り添ってくれます。

圧倒的に成長をして、自分の成長だけではなく他の人、社会にインパクトを与えたいという方へ。

ぜひ一緒に働きましょう!

株式会社Vitalize's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings