Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

企業訪問サービス「Wantedly Visit」新機能をリリース!候補者により“会える”日時を自動で算出し、最短2クリックで面談の日程調整が可能になります!!

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、本日2017年10月11日(水)より、企業訪問サービス「Wantedly Visit」にて、企業の採用担当者が面談の候補日を簡単にかつスマートに算出できる新機能をリリースいたします。採用担当者の空き時間だけではなく、ユーザーの利用データからより候補者に“会える”日程を学習し、自動的に算出されるため、採用担当者は最短2回のクリックで最適な面談の候補日時を送ることができます。

今回の新機能について

ビジネスSNS「Wantedly」はビジネスパーソンをつなぐプラットフォームとして、2012年にサービスを正式ローンチし、これまで2万社が登録、月間150万人が利用するサービスへと成長を続けています。企業訪問サービス「Wantedly Visit」は、ユーザーが「話を聞きに行く」ボタンを押すことで、ビジネスパーソンがカジュアルに企業に遊びに行くことを可能にし、企業とビジネスパーソンのより良いマッチングを目指しています。今回は、企業と候補者のマッチングの入り口となる面談の日程調整に着目し、企業から面談の候補日をかんたんに提案できることで、採用担当者の手間を省き、候補者とのコミュニケーションをよりスムーズにする機能を実装しました。


今回の新機能では、Google カレンダーと連携することで採用担当者や会議室の空き状況が優先され、採用担当者のこれまでの面談設定時間も合わせて日程候補が提案されます。さらに、ユーザーの利用データから候補者により“会える”日程が学習され、候補日に反映されます。使えば使うほどより多くのデータから採用担当者と候補者の両方にとって最適な日程が自動で割り出されるようになり、提案される日程の精度が上がっていくため、採用担当者の手間を省きながら、企業がより多くの候補者と出会える機会を増やしていきます。

採用担当者が最短2回のクリックで最適な面談の候補日を候補者に送れるようになるだけではなく、候補者も送られてきた面談の候補日を選択するだけで返信することが可能です。企業と候補者のやりとりがスムーズになることで、マッチングの向上に繋げていきます。

※現在、段階的に一部企業に対し新機能をリリースしており、今後数週間で全ての企業で利用が可能になります。
※Google カレンダーと連携しない場合でも、採用担当者のこれまでの面談設定時間や「Wantedly Visit」上のデータに基づき、候補日が自動的に提案されます。

今後の展望

企業訪問サービス「Wantedly Visit」は、企業とユーザーのより良いマッチングを実現するために機能改善を進めるだけではなく、テクノロジーカンパニーとして高い技術を生かし、今後もユーザーの期待を超えるような機能開発を目指してまいります。

Wantedly, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
C6f987f9 3b11 43b0 977d 7d7d4bc93e62
59b613f5 58d8 4483 818e 751dd7109c9d
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
32 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
C6f987f9 3b11 43b0 977d 7d7d4bc93e62
59b613f5 58d8 4483 818e 751dd7109c9d
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
32 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon