「甲子園準優勝」と「人生の挫折」があったから今がある。 そんな私が選んだ会社。

就職活動は第2の人生のスタート

こんにちは! 株式会社ウエディングパーク2017年新卒内定者の齊藤奨です。

“すべての出来事には必ず意味がある” 就職活動は自分の人生において第2の人生のスタートを切る分岐点となりました。

ここでは、ルーツとなった高校時代から就職活動でウエディングパーク内定に至るまでをお話しします。

高校時代の夢

小学生から野球を続けてきた私には1つの夢がありました。 それは「甲子園の舞台でプレーすること」。

毎日の走り込み、 箸が持てないくらい手がボロボロにってもバットを振り続け、 お風呂場が真っ黒になるくらい泥んこになり白球を追いかける そんな野球少年でした。

甲子園でプレーすることは簡単ではなく大きすぎる夢…

強豪校に入学した私は周りのレベルについていけず、なかなか結果も出ませんでした。 同級生や後輩が試合に出ている中、どんなに練習してもベンチにすら入れず悔しい思いをして、何度も辞めてしまいたい…と思ったこともありました。

それでも私は諦めませんでした。なぜなら、私には夢があったからです。 毎日朝から夜遅くまで、悔しい気持ちをバネに必死に練習を続けました。

チームとしては高校三年間で3度の甲子園出場、そして甲子園で準優勝! 最後まで夢をあきらめず練習を続けた結果、私自身も試合に出場を果たし、少年時代から夢見てきた「甲子園の舞台でプレーする」という夢を叶えました。

一人では叶える事の出来ない夢でした。

夢を叶えた後の挫折

高校卒業後は大学でも野球を続けました。 しかし「甲子園」という夢を持って希望に満ち溢れていた高校時代とは違い、毎日が退屈に感じ、モチベーションが上がらず毎日が過ぎていく…そんな大学時代を過ごしていました。

原因は、「次の夢が見つからない」ということ。

今まで甲子園を夢に野球ばかりやってきた毎日。 その夢を叶えて有頂天になっていた自分にとって、その後の夢のない毎日は人生最大の挫折でした。

周りの期待に応えられない。 過去の”甲子園準優勝”は輝き続ける… 「夢は何ですか?」と聞かれることが一番辛い。 大学の野球部の仲間が支えてくれていて、その為にも変わりたいと思いながら何もできない自分がいる。 そんな葛藤の中、大学生活が過ぎていきました。

過去を振り返る「修行」で見つけたこと

自分自身を何とかしたい、このままでは本当にダメになってしまう…! そんな時、相談していた高校時代のチームメイトである友人から 「日本一厳しい修行があるから、一緒に行かないか?」と誘われました。 想像もつかなかったのですが、何かが変われば!とすがる思いで向かいました。 修行の内容は、自然の中で1週間誰にも会わず自分自身の過去と向き合うというもの。 外部の情報を一切遮断して、必死に向き合う中で、1つの事にたどり着きました。 それは「自分自身の幸せも大切」ということでした。

他人を幸せにするだけではなく、自分自身も幸せでいる事が周りを笑顔に変えていく。大学に入ってからは過去の栄光にとらわれ、周りの目を気にし、相手ばかりに合わせていた自分に気が付きました。 その時、今まで背負っていたものがスッと肩からおりました。

自分の幸せが相手を喜ばせ、相手の幸せが自分をさらに幸せにしていく。 そのころから「幸せにかかわる仕事がしたい」と思うようになりました。

「結婚に関わる全ての人を幸せにする」「21世紀を代表するブライダル会社」

就職活動が始まった時、迷いはありませんでした。 “今までの自分の経験を活かし、想いを叶えられる会社に行きたい!”

そんな中、就活サイトの中で見つけたウエディングパーク。 ”目標に向かって会社全体で意識高く活動していて、楽しそうだし何よりイキイキとしている…!”そんな会社に入り、自分自身を高めながらやりがいを持てる日々を過ごしたい!と思いました。 実際、ウエディングパークの説明会や社員質問会に行き、働いている社員の表情や温度感、発する言葉などはやはり自分自身の考えにマッチしていました。 ここでなら想いに共感しやりたいことを実現できる。と確信して臨んだ面接では、今までのことや想いを正直にぶつける事ができ、無事内定。すぐに入社を決意しました。 研修やアルバイトで会社に行く機会が増えましたが、本当にこの会社を選んでよかったと思っています。

一人一人に思いがあり、会社のビジョンに向かって会社全体で進んでいく。 何かを成し遂げるのは、こういう組織なのだと高校時代の経験からも思います。 ウエディングパークは、自分が自分らしく夢をかなえることが出来る。

野球から離れ新たな挑戦になりますが、これからの社会人生活にとてもワクワクしています。

大切なことは「夢を持ち続ける事」「夢を叶えられる環境にいる事」

私は、学生の間に「夢に向かって頑張る人生」と「夢がなくただ過ごす人生」の2つを経験しました。 もちろん、私の好きな人生の過ごし方は「夢に向かって頑張る人生」。 夢は人を成長させ、素敵な仲間と出会わせてくれる。 就職活動も同様でした。

これは、甲子園準優勝だけでは気づくことが出来ませんでした。 苦しかったですが、挫折があったからこそ新たなスタートを切れるきっかけになったと今はその時間に感謝しています。

大学が終わり、これから社会人として新たな人生がスタートします。 もちろん自分が想像している以上に辛いこと、うまくいかないこともあると思います。 でも野球で出会った仲間や、会社の同期、頼れる先輩と一緒にいろんな壁を乗り越えていきたい。そう思っています。

たくさんの会社がありますが、思いに共感して夢に向かえるそんな仲間と一緒に仕事ができる事を楽しみにしています。

ウエディングパーク内定者  齊藤奨

株式会社ウエディングパーク's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
12718348 798690613596276 4009485381737672238 n
3d7b826d 88d5 428b 83f5 1f493a79e52f?1516154580
Picture?1523136434
91e7b668 5efa 4e14 a316 61e282036f07
11 Like
Anonymous
Picture?height=40&width=40
12718348 798690613596276 4009485381737672238 n
3d7b826d 88d5 428b 83f5 1f493a79e52f?1516154580
Picture?1523136434
91e7b668 5efa 4e14 a316 61e282036f07
11 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon