今年入社した新卒社員が研修を通じて学んだたったひとつの大事なこと

こんにちは。人事の高見です。今年入社した新卒社員の小川さん(小川さんのインタビューはこちら)が新卒研修の振り返り発表会を全社員向けに実施しました。今日はその様子をお届けします。

・新卒研修について

新卒では初めて、全部署の研修を経験してもらいました。

研修は①プロダクト②マーケティング③カスタマーサポート、

3つの部署で行われ、1つの部署をだいたい2週間ごとに経験し、今回の振り返り発表会では各部署で経験したことや気づきを紹介してくれました。

リアル×WEBの事業をやっているホワイトプラスらしく、リアルとWEBの両方の側面で研修を実施しました。リアルの観点では、クリーニング工場での検品作業や発送業務、カスタマーサポートでのお客様対応を経験し、WEBの観点では、宅配クリーニング競合調査から、新人にも関わらずリネットユーザーアンケートやユーザーインタビューをまるっと仕切り、実施してくれました。

◆実際にやったことは下記のとおりです。

①プロダクト研修(クリーニング工場研修)・・・検品、タグ付け、アッセン、ピック、発送など

②CS(カスタマーサポート)研修・・・集荷業務、宅配業者・工場との電話、お客様からのメール返信、アドバイス荷受荷出、サービス関連窓口受電など

③マーケティング研修・・・宅配クリーニング競合調査、リネットお客様インタビュー、リネットお客様アンケートなど



・研修を通じて学んだこと

また各部署で経験したことだけでなく、経験した上での気づきの共有や、自分なりに感じた課題を仮説立てし、改善案を発表してくれました。その中で研修で学んだ大切なことをひとつ紹介してくれました。

新卒だからこそ、わからないことはわからないと意思表示すること。それが現在の当たり前をいい意味で壊すことに繋がる。

新卒だからこそいろんな部署を回って見えるものがある。

新卒だからこそわからないことを率直に聞くことができる。

わからないことに対して自分なりの仮説を立てて、聞くことで質の良い答えをもらうことができる。

わからないことを周りに聞くことで、暗黙知・属人的になっていて仕組み化・言語化できていないことを改善することができる。

わからないからこそ、おかしいと思えることはおかしいと言える。

わからないからこそ、実現可能性はどうであれ、本質的な課題解決案を提示することができる。

人は聞くことにどこか恐怖を感じる生き物なのかもしれません。新卒で入ったときはわからないことは聞けていたのに、年齢を重ねるにつれ、どこかで知ったかぶりをしてしまうことありますよね。

中途入社すると、「あ、この会社はこういうやり方なんだ」と「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、ポイズン」状態(わかる人いるかな?笑)=要は疑問の頭になっているのに、疑問出しせずに鵜呑みにしてしまう状態に陥ることが多いので、わからないことをわからないと意思表示すること。それが現在の当たり前を壊すことに繋がるという考え方は、弊社のようなボトムアップの会社にはぴったりですね。

過去の新卒インタビューはこちら★



ホワイトプラスでは18卒・19卒社員を募集しています。




株式会社ホワイトプラス's job postings
Anonymous
5cd53929 9393 4102 a7fb 30700f44d1b8
88a136ab 2ece 416f 8e6f 90b3983ed5b3?1541110825
941570 547337398670370 876277241 n
3 Likes
Anonymous
5cd53929 9393 4102 a7fb 30700f44d1b8
88a136ab 2ece 416f 8e6f 90b3983ed5b3?1541110825
941570 547337398670370 876277241 n
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon