Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
377人のフォロワー

メンバー

全員みる(13)

なにをやっているのか

ユカイ工学は、「世の中をユカイにする」コミュニケーションロボットをつくる会社です。

2015年7月、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を開発・発売、クッドデザイン賞を受賞しました。
その他に、手のひらサイズのロボットドール 「iDoll」や、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi」などの開発・販売を行っています。

2016年6月には、日本を代表するコミュニケーションロボットの研究機関であるATRと「自然な会話を実現する家庭内ロボット」の共同開発に合意、ATRファンドから1億円の出資を得てプロジェクトをスタートしました。このプロジェクトでは、ATRの有する音環境知能技術を活用、人の状況や気持ちをより深く理解するためのセンサデバイス開発、製品化を目指しています。

上記のほか、他社とのプロダクト共同開発・量産も手がけています。代表的な実績として、脳波で動くネコミミ「necomimi」、デジタルサイネージと連動するインタラクティブハンガー「チームラボハンガー」等があります。

なぜやるのか

「ユカイ」という名前はソニーの設立趣意書にある「自由豁達ニシテ”愉快”ナル理想工場ノ建設」という一節からとられています。エンジニアがあつまって、ユカイにものづくりができる会社を目指して設立されました。

ロボットとコミュニケーションし、一緒に日常を過ごす世界。SFの世界では多く描かれているものの、いまだに実現する気配は見えていません。

私たちは、コミュニケーションロボットこそがつぎのユーザーインターフェースの主流となると考えています。ロボットがネットワークや環境センサーと接続されることで、人間を深く理解し、行動をサポートすることが可能な環境がようやく整いつつあります。

画面を指で触って情報を操作している世界から、無意識のうちに情報を届け、行動をサポートしてくれる世界へと大きな変化を遂げるでしょう。

そのために、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を開発販売しました。
さらにユカイ工学ではスマートハウスメーカーとの連携を進めたいと考え、HEMS情報を通知し、家電のコントロールや、様々なIoT機器と連携のできるコミュニケーションロボットとして提供を行います。

コミュニケーションロボットを普及させ、生活のユーザーインターフェースを革新する企業として存在したいと私達は考えています。

どうやっているのか

まだ、20名ほどの小さなチームですが、Web企業のエンジニア、デザイナ、マーケティング、ロボット研究者、ロボコン経験者などが集まるユニークなチームです。ロボットのデザインからメカ設計、電気設計、ソフトウェア開発まですべてを社内で行っています。

社内には、3DプリンタやCNCマシン(Roland MDX-540)などの設備を備えており、社内でスピーディに試作が行える環境となっています。

量産に関しては国内や海外の金型メーカー、量産工場と連携して商品の生産を行っています。

ソーシャル

私たちについて

ユカイ工学は、「世の中をユカイにする」コミュニケーションロボットをつくる会社です。
20名ほどのエンジニア・デザイナが集まった少数精鋭のロボット開発チームで、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や、手のひらサイズで踊るロボットドール「iDoll」などを開発しています。
最先端のテクノロジーと人の生活によりそうデザインを組み合わせた製品開発でコミュニケーションロボットの普及を目指します。

ユカイ工学の募集

地図

東京都新宿区富久町16-11 武蔵屋スカイビル 101

Page top icon