千代田 明久

株式会社QuestP'age / 代表取締役

千代田 明久

株式会社QuestP'age / 代表取締役

上善若水

水は、万物に恵みを与えながらも他と争わず、自らは低い位置に身を置く。そんな人生を送りたい。

この先やってみたいこと

未来

僕らがやりたいことは、理念でもある「毎日をもっと楽しく、豊かに」する、商品やサービス、そしてそれらを生み出す人材を育成し続けることです。一人でも多くの人々や自分自身の生活が、少しでも楽しく、豊かなになるように。

株式会社QuestP'age18 years

代表取締役現在

- 現在

唯一の勤務経験であるスーパーの青果コーナーでのバイト経験の中で、商売の楽しさ、喜びを経験。受験が上手くいかず、どん底な気持ちの中、「自分の存在意義は、自分で作ってやる」という気持ちで起業しました。

  • サウナ

    昨年からサウナにハマっています。 きっかけは、家族でスーパー銭湯に行った時のこと。 自分以外女性陣な我が家は、スーパー銭湯に行くと、いつも自分が早く上がってしまい、長い時間女性陣を待つという流れが続いていました。 ある日、いつものようにスーパー銭湯に行き、お風呂に入っていると、頻繁に開け閉めされる木製のドアの音に気付きました。それがサウナでした。 サウナを知ってはいるものの、暑苦しいの嫌だなと思っていたので、全く興味が無かったのですが、なんせ待つ時間が暇過ぎるのも辛い。 そこで、その日初めて、周りの人の見様見真似でサウナに入ってみました。 で、やっぱり暑い。 でも、TVがあって、番組を見ていたら、身体がめちゃめちゃ熱くなって、これまた初めて、水風呂にドボン。そして、外気浴。これが気持ち良い。 気持ちが良いけど、正式な入り方が知りたくて、一度脱衣所に戻り、スマホで入り方を検索して、再度サウナにin。 いつもの何倍も長い時間過ごせた上に、休憩室で待っている間に熟睡。 ここ数年で1番の快眠で、帰宅後も再度爆睡。 次の日の昼前まで起きず。。 以来、この快感が忘れられなくて、サウナにどっぷりとハマり、出張先でサウナ、サウナの為に旅行にまで行く程ハマることに。 これまで行ったサウナで最高だったのは、富山県にあるThe Hive(https://the-hive.jp) サウナシュラン2022にも選ばれたこのサウナは、雄大な立山連峰とハーブ畑を見ながら、館山の雪解け水で整える至極のサウナでした。 サウナも地域や店舗毎に流儀があって、それも面白い。 最近では、お洒落で綺麗なお店、女性も安心していけるお店も増えてきてます。 是非一度お試しあれ。

久留米大学附設高等学校3 years

-

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう