健太郎 庄司

YOHAKU Office株式会社 / 代表取締役東京

健太郎 庄司

YOHAKU Office株式会社 / 代表取締役

大言壮語と強い責任感

庄司健太郎(しょうじけんたろう) 1992年5月28日生まれの札幌出身です。

この先やってみたいこと

未来

【全てのビジネスにヨハクを】をvisionに掲げています。

YOHAKU Office株式会社の会社情報

YOHAKU Office株式会社3 years

代表取締役現在

- 現在

弊社はマーケティング、PR、デザイン、システム開発を活用して、企画からゴールまでワンストップで支援する会社です。 アウトソーシングではなくBPOの考え方です。 クライアントと一緒に事業を作ったり前に進めたりします。

  • 財界さっぽろ

    サブスク型サービスで顧客のブランド力を高める SNSプロモーションなどを駆使したブランドマーケティングで成長を続ける「YOHAKU Office」。 デザイナーやマーケターを自社で抱えており、広告物の制作から運用までを一貫して手掛けている。 2022年度は、売上高が前年比で3倍を超えるなど増収増益を達成した。こうした業績の推進力になっているのが独自のサービスだ。 同社では、業界に先駆けてサブスク型の契約体系を採用。追加料金が発生しない使い放題のサービスが低負担と好評で、企業のほか自治体からの依頼も多い。 例えば、留萌市との契約ではインスタグラムの運用やふるさと納税に関するPR業務全般を請け負っているほか、国立研究開発法人である農研機構(茨城県)では、研究成果資料のデザインを担当した。 また、7月1日には企業の採用領域への新たなサービス「アドクリ」もリリースした。求人業界で働いていたこともある庄司健太郎社長の経験を生かしたこのサービスは、企業の求人広告を作成してSNS広告で発信するものだ。 「従来は、求人サイトなどに掲載して〝待つ〟だけの広告でしたが、SNSは訴求ターゲットを細かく設定して発信ができます。求人におけるマーケティングの効率を追求したシステムをつくりたかった」と庄司社長は開発の経緯を語る。 昨年には札幌支店(札幌市南区芸術の森3丁目915‐17 芸森ワーサムCENTER BUILDING)を開設するなど、道内での営業力強化にも注力している。 庄司社長は「直近でも札幌アートビレッジ内『芸森ワーサム』のPR業務全般も請け負いました。顧客の増加に伴いスタッフ増員も図っています」と語る。

株式会社GrowingWayの会社情報

株式会社GrowingWay3 years

フィールドセールスgr.チームリーダー

-

「熱量や自主性を持って働く人を増やし、活気に満ち溢れた社会をつくる」をミッションに掲げています。

株式会社favyの会社情報

株式会社favy7 months

-

株式会社favyと株式会社マイナビのPMI業務  └取り組み内容:業務提携プロジェクト 採用×販促の新しいコンテンツを作るべく行動していました。

株式会社マイナビ4 years

課長

-

マイナビバイトを中心に非正規雇用から正規雇用までの求人広告のお手伝いをしておりました。 入社から毎年営業成績での表彰を受けておりました。

北海学園大学4 years

経営学部経営学科

-

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう