Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
インターン・学生バイト
学生エンジニア
on 2018/04/05 5,055 views

夏だ!インターンだ!機械学習で実プロダクトの開発に挑戦するコース!

Wantedly, Inc.

Wantedly, Inc.のメンバー もっと見る

  • Wantedly Peopleの開発リーダーをしています。

    早稲田大学基幹理工学部情報理工学科を卒業後、Googleに入社し、検索システムの開発に従事。2012年6月にウォンテッドリーに入社。アルゴリズム、決済システム、インフラ基盤などバックエンド中心に開発。2016年8月よりWantedly Peopleの開発を主導。

  • Peopleの機械学習とサーバサイドを担当しています。

    大学で機械学習や遺伝的アルゴリズムといったマニアックなことを学んできましたが、人に使ってもらえるサービスに活かしていきたいです。
    最近Raspberry Piをいじるのが楽しいです。

  • Wantedly People で機械学習やサーバサイドを担当しています。

    大学ではオペレーティングシステムや仮想化に関する研究をしていました。
    プログラミング言語が好きで、コンパイラを作って遊んだりしています。

    慶應義塾大学大学院で仮想化やオペレーティング・システムに関する研究を行う。
    在学中からインターンとして Wantedly People の立ち上げに参加。
    修了後、2018年4月から Wantedly にエンジニアとして入社し、検索や機械学習の改善、サーバサイドの実装を担当。

  • アルゴリズムや言語処理系など理論が好きですが、ハードウェアやWebなどにも広く興味があります。最近はプログラミングRustにハマっています。

    Rustに関しては主に以下の活動をしています。

    ・Rustコンパイラを読んでわかったことをブログ http://qnighy.hatenablog.com/ に書く。
    ・Rustコンパイラのバグを報告したり、バグの修正を投げたりする。 https://github.com/rust-lang/rust/issues?utf8=%E2%9C%93&q=involves%3Aqnighy

なにをやっているのか

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

WantedlyはビジネスSNSとして、「であい/Discover」「つながり/Connect」「つながりを深める/Engage」の3つの体験を提供しています。

■プロダクトについて

Wantedlyは現在2つのプロダクトに力を入れています。

1つ目のWantedly Visitは、人と企業の出会いを生み出す「会社訪問アプリ」です。
共感や働く仲間を軸に、ココロオドル仕事との出会いを創出します。

現在約30,000社以上の企業様に使っていただいており、IT業界のみならず、メーカーや不動産といった業種の企業様にも導入頂いています。

2つ目のWantedly Peopleは、名刺管理をきっかけとし、人と人のつながりを将来持続的に使える資産へと変える「つながり管理アプリ」です。

2016年に立ち上がった新規事業ですが、読み込んだ名刺の枚数は1億枚を超え、今後さらにつながりを深める体験を提供していきます。

■今後の展開
目標は2020年までに全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

なぜやるのか

  • 洒落た会議室でココロオドルミーティングを
  • 見通しの良い執務室

僕たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。

そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。

それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。

そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

どうやっているのか

  • 「どうやっているのか」を本にまとめました
  • The Wantedly Values

■行動指針

「最短距離の最大社会的インパクト」

これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。

■目指すプロダクト

解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。

■目指すビジネスモデル

「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。

■目指すチーム

「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

こんなことやります

※「話を聞きに行きたいボタン」をクリックしてエントリーしてください
画像解析・言語処理・データ分析・機械学習のいずれかを行い、Wantedly People の基盤となっている機能を改善していただきます。インターンの内容は実際にアプリをダウンロードしていただき1度使ってみていただくと理解しやすいと思います。 課題は、個人の経験に合わせ個別に設定します。

## 期間
9月の枠を2名分増やしました!
9月10日〜28日
遠方から来られる方は交通費と宿泊補助がありますのでぜひ応募ください!

##こんなことやります
機械学習で、Wantedly Peopleに関する改善を行います。
(例)
- 名刺の画像から書かれている文字列を取り出す(OCR)
- 名刺上の文字情報が、名前・会社・電話番号・住所などのどのカテゴリなのかを98%以上の精度で当てる
- 2枚の別の名刺の画像が同一の名刺であることを判定する
- 色々な表記の会社名から1つの会社をあてる
- 持っている人の繋がりからその人の業種・業界を当てる
- 募集や記事の閲覧履歴からその人の興味・嗜好を当てる

## こんな人はぜひ
- Deep Learningで、しっかり内部状態をみて、何故うまくいくのかいかないのかを分析した経験がある方
- Deep Learningばかり流行っているけど、自分はそうじゃないアルゴリズムのほうが好き・得意な方

## このインターンで特に学べること
機械学習を実際のプロダクトに入れる際のノウハウ
しっかり精度を上げていく体制や仕組みをどう作っていくか
すべての手段を考えた上で、結果を出すことの重要性

##魅力
自分の成果がすぐにプロダクトに反映されるため、やり甲斐は非常に大きいです。自分のアイデアを実際のプロダクトで試してみたい方はぜひチャレンジください!

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
23人が応援しています
会社情報
Wantedly, Inc.
  • 2010/09 に設立
  • 100人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
  • 夏だ!インターンだ!機械学習で実プロダクトの開発に挑戦するコース!
    Wantedly, Inc.