Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

CEOと共にIoT×AIプラットフォーム創造に挑むプロダクトマネージャー

株式会社ABEJA

株式会社ABEJAのメンバー

全員みる(3)
  • 1988年生まれ。愛知県名古屋市出身。コンピュータが世界を変えると確信し、小学5年生からプログラミングをスタート。高校で、コンピュータグラフィックスを専攻。文部科学大臣賞を受賞。大学では、3次元コンピュータグラフィックス関連の研究、商店街活性化プロジェクト、イベント企画などを経験。研究内容を複数の国際会議で発表。2011年、株式会社響取締役CIOに就任。Webサービス開発・SMM戦略立案を担当。その後、株式会社リッチメディアの坂本幸蔵社長から誘いを受け同社に入社。6ヶ月で最速最年少事業本部マネージャーに昇格。四半期で数億円の事業開発を経験。2012年4月に同社を退社し、同年9月に起業。

  • 大学時代は2014年に上場をしたITベンチャー企業の子会社設立に携わり、事業統括としてスマートフォン向けアプリケーション開発やスマートフォンを活用した各種マーケティングを推進。新卒でアクセンチュア出身者が立ち上げた新規事業立ち上げに特化したコンサルティング会社に入社し、大手一部上場企業を中心に約10の新規事業立ち上げの支援を行う。2013年6月より株式会社ABEJAの新規事業開発本部のマネージャーとして現在の主力事業の立ち上げを行い、その後取締役COOに昇進。直近では主担当として数億円の資金調達を完了。現在、経営戦略、営業、マーケティング、人事、資金調達含めた業務全体を統括。

  • 早稲田大学政治経済学部経済学科卒。卒業後は日本ロレアル株式会社にマーケティング職として入社。コンシューマープロダクツ事業本部にてヘアカラー・ヘアケアのプロダクトマーケティングに従事。担当カテゴリのプロジェクトリーダーとして、川上から川下、製品開発から販売戦略策定・売上分析まで一環して担当。その後ソーダストリーム株式会社にてマーケティング職に着任。ECを中心とするデジタルマーケティング、インストアマーケティング、製品開発を中心に業務を担う。
    2016年3月より株式会社ABEJAにてカスタマーサクセスを担当。

    プライベートでは、女性の多様性のあるキャリアを推進する団体を立ち上げ運営。...

なにをやっているのか

  • 【リアル店舗における来店顧客の行動データを可視化】 「ABEJA Platform( アベジャプラットフォーム)」とは、リアル店舗内のデータ取得から解析、 可視化までを一手に行うクラウドサービスです。 来店者数や店内の滞在動態、顧客属性などの従来取得できなかったあらゆる店舗内データと、既存データから新たな価値を生み出し、売上向上やコスト削減につなげることができます。
  • 【AIにより最適施策を提案するB2B SaaS型クラウドサービス】 「ABEJA Platform」では、ディープラーニングを応用した最先端解析技術で、収集した大量のデータをリアルタイムに解析します。 解析結果を、誰にでも分かりやすいビジュアルで閲覧することができ、 課題に合わせた最適な施策を、コンピューターが提案します。 クラウドを通して店舗に必要な機能だけを自由に選んでいただくSaaS型のサービスモデルとして提供しています。

■直近のメディア掲載情報
①3月3日発売 日経コンピュータ特集「ミライITアワード2016」マーケティング部門グランプリ受賞
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/ncd/16/022500006/022500001/
②2月28日放送 NHK社会経済番組「サキどり↗」にて最前線の人工知能を提供する企業として出演
http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/

■ディープラーニングを活用して店舗の売上アップに貢献
これまで、多くのリアル店舗が、POS・会員データのみの分析を行っており、購買前の顧客の来店、店内行動データが取得できていませんでした。

購買前のデータが取得できていないために、いつ、どこで買い逃しが発生しているのか、何が原因で集客や売上が下がっているのかを経験やカンで推測しており、事実データに基づくPDCAが回せていない状態だったのです。

そこで、弊社が持つディープラーニングという最先端の動画解析技術を用いた「ABEJA Platform」によって、来店 ~ 購買までのリアル世界での来店属性データや行動データの「可視化」が可能になりました。このデータを可視化することにより、Webと同じようにデータを見ながら、リアルタイムでA/Bテストを実施することができます。

「ABEJA Platform」は個店ごとに抱えている課題を明確化させ、施策ごとに効果測定を行い、データの取得結果から、最適な施策を打つことで「店舗の売上アップ」に貢献しています。

>「売上を1.6倍にした人工知能」リアル店舗をウェブ化するABEJA
http://goo.gl/kDzTgC

-------------
■インストアアナリティクス市場を創造、国内1位の導入実績
オリジナルカメラの開発やクラウド解析基盤の構築により、低コストで簡単に導入できるサービスとして評価を受け、国内最大手百貨店の三越伊勢丹、レンタルビデオのGEO、大手アパレルブランドJUNなど、国内大手企業と多数の取引実績を持っています。

>来店者の行動を解析して売上増につなげる--ABEJAのディープラーニング技術
http://goo.gl/zyh3DA

直近では、東急電鉄グループとの共創 次世代の街づくりに挑むビジネスコンテスト「東急アクセラレートプログラム」東急賞(最高賞)受賞し、スマートシティの領域でもデータ解析を行って「街の最適化」に取り組んでいきます。

>私鉄、沿線のベンチャー育成 事業コンペや支援施設
http://goo.gl/fOVUa5

-------------
■世界からも注目を集めるリアル世界のデータ解析
Webだけでなく、リアル世界のデータ解析も世界では急速に広まっており、アメリカ、シンガポールなどを中心に海外でも「ABEJA Platform」は高い評価を受けています

【アメリカ】
・2014年末に米国セールスフォース・ドットコムと資本業務提携で合意
 http://goo.gl/9rPFX9
・Decoded Fashion Tokyo Summit 2015 ブロンズアワード受賞
(欧米を中心としたファッション×テクノロジーの世界的カンファレンス)
 http://goo.gl/Mc2mpX

【シンガポール】
・InnovFest unBound Singapore 2015 ファイナリストに選出
 (世界トップレベルの研究者や投資家が集うシンガポールの祭典)
 http://goo.gl/yzjRWt

-------------
■100年後の当たり前を創造する。

ディープラーニングは、膨大なデータから必要な情報を抜き出し、その情報の関係性を自動的に解析することができるテクノロジーです。コンピュータの基本性能が向上し、クラウドが当たり前になった世の中だからこそできるパラダイムシフトです。
人間は、ディープラーニングによって解析された情報を見ることで、次に取るべき動きを把握し、実行することが出来ます。

つまり、店舗解析に限らず、リアル世界において災害対応や、渋滞予測、電気エネルギーのムダ削減などあらゆる分野で活かすことができると考えています。

ABEJAがやっているのは、「5歩先の未来を想像し、4歩先を具体的に考え、3歩先の研究をし、2歩先の開発をし、1歩先で誰もが使えるような事業に落とし込む」ことです。

なぜやるのか

  • 【イノベーションで世界を変える】ABEJAは技術の種からビジネスを作り出して、イノベーションを起こすテクノロジースタートアップです。民間企業、政府、大学など世界各国に眠る画期的な技術をビジネス化させるプラットフォームのような企業を目指しています。事業で得た収益を研究開発に投資して次の技術の種を作る、というプロセスを回すことでイノベーションを起こし続ける企業であり続けます。
  • 【最先端技術のビジネスプロデュース】2012年にディープラーニングが画像認識分野において10%以上の精度向上という技術的なブレークスルーが起きる前のタイミングからABEJAは、Google やFacebookと同時期に既に研究開発に取り組んでいました。現在は、ディープラーニングの次の技術である『トポロジカル・データ・アナリシス(TDA)』にも着目しており、研究開発をスタートしています。

■技術の種をビジネス化させるプラットフォームになる
アメリカ、イスラエル。世界でも1,2を争うイノベーション大国です。
両国はこれまで世界でも圧倒的に数多くのイノベーションを生み出してきました。

アメリカではDARPA(国防高等研究計画局)が複数研究機関との研究により、GPSやARPANET(インターネットの原型)などの基礎を築いてきました。イスラエルでは、世界でも当たり前となっているインテルのマイクロプロセッサや、Windows XP,ファイヤウォール、zip圧縮技術などが生み出されています。インターネットの出現による情報革命後、日本は失われた30年と揶揄され、世界に大きく遅れを取っています。

「このままでは、世界において日本という国が取り残されてしまう。」

それは、弊社代表がコンピュータグラフィックスの研究者として各国の国際会議に参加し、世界中の研究者と触れ合う中で感じた日本の危機でした。
2012年秋、シリコンバレーにいた弊社代表は間もなく起きる人工知能革命の波をGoogleやFacebookの前で目の当たりにします。すぐに日本に帰国してABEJAを設立し、ディープラーニングの研究開発をスタートしました。

そして3年後の2015年、我々は国内でディープラーニングにおけるリーディングカンパニーとしての立場を明確にしました。
>日本のAIが切り開く90兆円の巨大市場
http://goo.gl/GEV6uh

-----------
■Philosophy:「イノベーションで世界を変える」
ABEJAが目指すイノベーションは"IoT×ビッグデータ×AI"による「インダストリー5.0」です。

これまで世界は以下のように、産業革命が起こりました。
インダストリー1.0:
第一次産業革命 18世紀の綿織物工業の機械化

インダストリー2.0:
第二次産業革命 20世紀初頭の電気による大量生産

インダストリー3.0:
第三次産業革命 1980年代以降のコンピューターによる自動化

インダストリー4.0:
第四産業革命 自動化された工場が業種を超えてネットワーク化

今後、IoTによって、電力から、工場、店舗、家、交通などがインターネットに接続されることにより、リアル世界のあらゆる産業のビッグデータが取得できるようになります。
ABEJAが考えるインダストリー5.0とは、これら複数のデータをディープラーニングで解析を行い、自動でフィードバックすることによって現実世界をより最適化させることが出来るため、エネルギーや食料危機など世界に蔓延る多くの社会問題の解決に貢献できると考えています。

その第一弾として、リアル世界において現在はインストア領域で圧倒的な量のデータを取得、解析することでノウハウを蓄積しており、今後はより幅広く各産業へ展開していく予定です。

我々は、世界を変えるテクノロジーを駆使して、世界中の人々が本当に幸せになる方法を探求していきたいと考えています。

>国内AIトップ研究者とのタッグで世界最先端狙う26歳経営者 ABEJA岡田陽介氏
http://goo.gl/dY7HCz

どうやっているのか

  • 【全社・チームの情報を共有するオープンで透明性のある組織】毎月チームごとにOKRを設定し、月末にKPTで振り返りを行います。これらを踏まえて、月初に代表の岡田より全社へ各部署の取り組みや今後の方針を共有しています。また、1週間ごとに全社でのランチタイムを活用して、営業、開発、R&D、PRなど各チームの直近の取り組みを共有することで、全社目標を各チームが協力しあって達成する文化を築いています。
  • 【ビジネス・エンジニア双方でプロダクトの価値を議論】日本含めアメリカ、インド、イタリア、ポーランドなど7ヶ国のメンバーが集い、年齢に関係なく様々なバックグラウンドを活かして、研究開発に取り組んでいます。またクライアントから頂いた意見を踏まえ、定期的にビジネス、エンジニア双方のメンバーでユーザーストーリーマッピングを行い、プロダクトの価値を都度見直しながら、プロダクト開発の方針や優先順位を決定しています。

ABEJAが掲げる構想の実現に向けて、社外では以下のような取り組みを行っております。
-------------
■国内最高峰の技術顧問陣による産学連携のビジネスプロデュース
国内外大学の先生方との顧問契約提携、世界最新の研究情報が集まる国際学会への参加を積極的に行なっています。
最高技術顧問の東京大学・会津大学名誉教授國井利泰先生をはじめ、多くの専門家の方々にご協力いただいて共同研究を進めることで、ABEJAの強みとする高い技術力を支えています。
この産学連携の研究開発体制構築により、豊富な技術的知見や最先端の研究結果を速やかにビジネスに応用することができています。

>東京大学・会津大学名誉教授 國井利泰氏が、株式会社ABEJAの最高技術顧問に就任
http://www.abeja.asia/news/news20150407_tk.html

■経済産業省・人工知能センターなど国を巻き込んだ取り組みを展開中
日本の人工知能産業を創っていくベンチャー企業として選んで頂き、経産省総研下の人工知能センター所長や研究員を交えて、今後の日本における人工知能の活用方針などについて、ディスカッションを行っています。

■プラネックスコミュニケーションズと業務提携し、ハードウェア連携も強化
2015年1月30日付けで、無線LAN機器やIPカメラといった高度な技術を要するネットワーク製品を中心に開発・販売を行うメーカーと、業務提携を締結しています。Internet of Things(IoT)・Internet of Everything(IoE)時代のハードウェアとクラウドソフトウェアを連携させた次世代プロダクト開発を共同で進めています。
http://www.planex.co.jp/news/release/2015/20150130_abeja.shtml

■NVIDIA主催のディープラーニングカンファレンスにゲスト登壇
NVIDIAとはビジュアルコンピューティングというコンピュータグラフィックスの分野でディープラーニングをGPUに活用している世界的企業です。2015年にはMITが毎年発表する世界スマートカンパニーランキングにおいて、Facebookよりも上位にランクインしています。

日本でディープラーニングに関するイベントは年2回、NVIDIA主催のものだけであり、その中でABEJAの取り組みを最新事例として発表しています。

>NVIDIA Deep Learning Day 2016
http://www.nvidia.co.jp/object/event-jp.html?id=278
>カンファレンススライド(P117~137)
https://images.nvidia.com/content/APAC/events/deep-learning-day-2016-jp/NV-DL-User-Cases.pdf
-----------
社内では、以下のような取り組みを行っております。

■世界中から各分野で尖った人材を獲得
ABEJAの資産は「人」です。社内外の多種多様な人財がイノベーションの源泉となっています。
小学5年生からプログラミングを始めたCEOを筆頭に、未踏クリエーターCTO、新規事業立ち上げに特化したコンサルティングファーム出身COOをはじめ、世界プログラミングコンテスト入賞者、外資系証券で数百億円単位の利益を創出したデータサイエンティストなど様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。個性豊かなメンバーが集い、各々の得意分野を活かした少数精鋭組織を構築しています。

■全社でリベラルアーツを習得する機会を用意
最先端の科学技術は諸刃の剣で、使い方を一歩間違えれば、簡単に大量殺人を可能にする軍事技術ともなりえます。そうした事態を防ぐために、ABEJAでは高い倫理観を持ちながら意思決定を行うことを重要視しています。
その意思決定の精度を高めるために必要不可欠だと考えているのが、リベラルアーツです。
ABEJAでは、リベラルアーツを学ぶための環境を整備しています。その一例が「リベラルアーツカレッジ」です。定期的に各人が持ち回りで、宗教や文化、歴史などのプレゼンを行い理解を深めています。

■顧客・市場理解を目的としたプロフェッショナルによる社内講演
直近では日本を代表する小売企業のキーパーソンやグローバルIT企業の経営者の方を招いて社内向けに講演をして頂いています。顧客や市場の課題、今後社会でABEJAが求められる役割などを改めて確認し、全社員一丸となってイノベーションで世界を変えるためにベクトルを揃えています。

こんなことやります

【最先端テクノロジーのビジネス化で未来の当たり前を創造する】
ABEJAが目指すイノベーションは"IoT×ビッグデータ×AI"による「インダストリー5.0」です。最先端技術を武器に市場創造に挑むビジネスプロデューサーを募集しています。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
まずは会社見学から、という方も歓迎です。

プロダクトページ:https://service.abeja.asia/
================================================

【ポジション説明】
ABEJAが世に送り出すプロダクトの責任者として、既存プロダクトの設計及び実装を行い、定量・定性情報を元に継続的にPDCAを回して、プロダクトの創造並びに改善を行うポジションです。

将来的には、海外市場での新規事業立ち上げや、次世代のビジネスプロデューサーの人財育成を行って頂きたいと思います。
================================================
【必須スキル、経験】
・プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー経験
・日常会話程度の英語力

【求める人物像】
・最先端のテクノロジーに対してアンテナを張っている
・自分たちが考える理想形が世の中で当り前になるよう、テクノロジーを活用してプロダクトアウトしていくことに前向きである
・戦略、方針の変化に柔軟に対応でき、優先順位を素早く見直して実行に移せる方。なおかつ、変化に適応するために努力できる
・担当した仕事に対しては責任感を持ち、プロフェッショナルとして最後までやり遂げることができる

================================================

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 プロダクトマネージャー
採用形態 中途採用
募集の特徴 友達と一緒に訪問OK
会社情報
創業者 Yousuke Okada
設立年月 2012年9月
社員数 82人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 情報通信(基盤/SI/パッケージ)

応援している人(24)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(24)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区六本木5-18-23 INACビル2F