1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webエンジニア
on 2016/03/15 676 views

次世代のコンテンツ配信システムを作りたいエンジニアWANTED!

株式会社イノーバ

株式会社イノーバのメンバー もっと見る

  • 株式会社Innova 代表取締役CEO。
    1975年、福島県生まれ。東京大学文学部卒業。ペンシルバニア大学ウォートン校MBA(マーケティング専攻)。富士通、楽天、トーチライト(博報堂グループ会社)を経て、2011年6月にイノーバを設立、代表取締役に就任。

    経済産業省「クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業」アドバイザリーボードメンバー。

なにをやっているのか

  • コンテンツマーケティングとは
  • コンテンツマーケティングのメリット

株式会社イノーバでは「コンテンツマーケティング」という最新のウェブマーケティングを提供し、企業のデジタルマーケティングのサポートを行っております。

『マーケティングを革新する』私たちは、「マーケティング」を革新したいという、熱い想いを持ったベンチャー企業です。

お金を持った大企業だけが実施するマーケティングの時代は終わりました。優れた技術やサービスを持っていても、なかなかマーケティングを実施できない企業は数多くあると思います。そういう企業が世界で埋もれてしまい、陽の目が出ない、そうなってしまわないように、クライアントに寄り添い、課題を解決し、お客様に見つけてもらえる、そういう企業になれるように、「売り手と買い手がともに栄える世界をつくりだす」というビジョンのもと、企業のマーケティングを支援するサービスを展開しています。

「コンテンツマーケティング」とは、米企業の約7割が既に取り入れている手法で、ウェブマーケティングの王道となりつつあります。これにより、日本企業が国内はもちろん、世界中から新しい顧客を獲得し、ビジネスを成長させることを支援していきたいと考えています。

我々は、「コンテンツマーケティング」に必要なコンテンツ制作、企画・運用のプラットフォームを開発し、企業に販売していくテクノロジーソリューションの会社です。

2012年12月にサービスをローンチしてから順調に売り上げを伸ばし、2014年9月にさらなる事業拡大に向けセールスフォース・ドットコムとの資本・業務提携を発表、あわせて、セールスフォース、Draper Nexus Venture Partners、日本ベンチャーキャピタルから、総額2億2000万円の資金調達も行いました。

また、2014年9月には、「コンテンツマーケティングを世界で一番簡単に」実践できる新しいマーケティング・オートメーションツール(以下MA)「Cloud CMO(クラウド シーエムオー)」をローンチ、さらなるスピード感を持って、私たちと一緒に会社をつくっていきたい方を募集しています!

<2014年9月、新規サービスをローンチ!>
オウンドメディア構築・SEO対策・効果測定を行うための機能がすべて1つになったマーケティングオートメーションソフトウェア
Cloud CMO
http://innova-jp.com/cloud-cmo

<業界内で話題!>
コンテンツマーケティングや海外のウェブ集客の最新テクニックをご紹介するブログサイト
イノーバ・ブログ
http://innova-jp.com/media/

<ライターお役立ち!>
ライター・エディターのためのコミュニティブログサイト
PENYA
http://penya.jp/

<エンジニアに向けて!>
イノーバ開発部のエンジニア・デザイナーによるブログサイト
Innova EngineerBlog
http://tech.innova-jp.com/

なぜやるのか

  • innova 『マーケティングを革新する。』
  • 全世界にいるライターとともにコンテンツを担います

株式会社イノーバは、古くて新しい「コンテンツマーケティング」という手法で世の中のマーケティングに新たな可能性と選択肢を提供していく。そんな熱い想いと実行力を持ったベンチャー企業です。2016年4月には総額2.6億円の資金調達も実行しました。時代の流れに伴い、私たちが担う責任とビジョンは益々大きな意味を持ってきています。
「売り手と買い手がともに栄える世界をつくりだす」
これは私たちイノーバが掲げているビジョンです。
本来、マーケティングとは、マーケット(市場)を創り出すことを意味しています。そして市場とは売り手と買い手が交わる“場”のことです。この“場”を効果的に創り出し、ビジネスを推進していくことこそが、私たちが考える真のマーケティングです。

マーケティングの主役が変わりつつある
これまでは、お金を持った大手企業や広告代理店がマーケティングの主役だと思われていました。しかし、お金を持った大企業だけが実施する、売り手主導のマスマーケティングの時代はとっくに終わりを告げています。では、今現在のマーケティングの主役は誰なのでしょうか?それは、自ら情報を取捨選択できる(法人個人を問わず)買い手である顧客です。
私たちが実践するコンテンツマーケティングは、常にこの顧客を中心に戦略を組み立てます。有益な情報を求めている顧客が、「コンテンツ」を介して商品やサービスに出会い、理解を深め、購入し、関係を保ち続けることこそが、コンテンツマーケティングの本質なのです。

8割以上の企業がコンテンツマーケティングを実施する時代が目前に
マーケティングの世界では、アメリカは日本より10年先を進んでいるといわれています。アメリカではすでにコンテンツマーケティングは当たり前のマーケティング手法となっており、すでに8割以上の企業がコンテンツマーケティングを行っています。この流れは数年後、日本にも確実に訪れます。いえ、10年もかからないのかもしれません。その証拠に、私たちイノーバには、コンテンツマーケティングの有用性に気付き始めた企業から毎日のようにお問合せを頂いています。

私たちは、コンテンツマーケテイングという手法を用いて、本気で世の中の企業活動に革新をもたらそうとしています。実施に、私たちイノーバが実践しているマーケティング活動のほとんどはコンテンツマーケティングに関連しているものです。私たちが自ら実践し、効果を出し続けてきている手法やノウハウを多くのクライアントに提供していく責任があります。
【参考】コンテンツマーケティングや海外のウェブ集客の最新テクニックをご紹介するブログサイト
イノーバ・ブログ 

そのためには、コンテンツマーケティングを効率的に実践していくためのシステムや、コンテンツそのものを創り出す企画力や制作力、どのような作戦で顧客を獲得していくかというプランニング能力が欠かせません。私たちが蓄積してきたこのようなアセットやノウハウを世の中に拡散していくことで、本質的なマーケティングを実行していくことが可能となるのです。

どうやっているのか

コンテンツマーケティングは、一過性のマーケティング施策ではありません。長い期間をかけてコンテンツを蓄積し、改善を繰り返しながら成果を出していくものです。そのため、私たちは長い時間を費やしてクライアントのコンテンツマーケティングをサポートし続ける必要があります。
具体的には、コンテンツマーケティングを始めるにあたり最も重要なゴールの設定や戦略の策定をサポートすることから始まり、専門知識を駆使したコンテンツ制作のサポート及び制作代行、定期的な振り返りとコンサルティングを通じて、クライアントのビジネスをサポートし続けます。

そのために、私たち自身がマーケティングの最新トレンド情報を収集したり、ディレクション能力に磨きをかけたり、実施している施策の課題点を見つけ、解決策を導くというスキルを身に付けることが必要になります。OJTだけではカバーしきれない部分は、主体的に外部セミナーや勉強会に参加したり、得意分野を持った仲間と協力しながら補っていく必要があります。

また、私たちの事業を強力にバックアップしてくれている、1500名を超えるプロの編集者やライター陣との協力も欠かすことはできません。
【参考】ライター・エディターのためのコミュニティブログサイト
PENYA

同時に、クライアントに提供しているコンテンツマーケティングサポートシステム:Cloud CMO を
私たち自身が使いこなすことで、そこから様々な示唆を得て改善に活かしています。
【参考】オウンドメディア構築・SEO対策・効果測定を行うための機能がすべて1つになったマーケティングオートメーションソフトウェア
Cloud CMO
http://innova-jp.com/cloud-cmo

このように、コンテンツマーケティングのプロに必要なスキルを主体的に強化していくことで、より大きな力を得ることができ、その力をクライアントに還元し続けています。

こんなことやります

【オフィス環境】
・MacBook Pro支給
・サブディスプレイの支給
・腰に負担をかけないアーロンチェア
・その他、開発作業に必要なソフトウェアがあれば購入

【開発環境】
開発部では、アジャイル型開発手法のスクラムを採用、二週間に一度のスプリントプランニングを行い、二週間のなかでミニマルな開発を進めていくスタイルを行っております。

【チーム体制】
プロダクトマネージャーとともに、自社開発のCloud CMOの開発をしていただきます。
開発手法にスクラムを用いて、2週に1回のスプリントでチーム開発を行っています。
スクラムチームの一員となり、顧客に素早く価値のある製品を届けてほしいです。

現在、プロダクトマネージャー1名、リードエンジニア1名、エンジニア3名(うち外国人1名)、デザイナー1名、プロダクトサポート1名の体制で開発をしています。今回の募集は、開発チームのさらなる強化と体制の安定化を目的にしています。

【作業環境】
・PHP(8割)/Ruby(2割)を使用したコーディング環境
・GitHubによるバージョン管理
・JIRAを使ったスクラム開発
・ChatWorkによるコミュニケーション
・Qiita:Teamによる情報共有
・VagrantとVisualboxを使った環境構築

【仕事内容】
・既存のCMSに、コンテンツ・マーケティングに必要な機能追加
・自社開発の分析基盤の機能追加
【必要スキル】
・PHPを用いた実務経験
・MySQLを用いたDB設計経験、もしくはその他RDB
・JavaScriptの知識
・Webアーキテクチャの基本的な知識
・HTML5/CSSの知識とデザイナーとの調整
・Linuxのオペレーションの知識

【歓迎スキル】
・OSSのCMSのプラグイン開発経験
・マーケティングソフトウェアの開発経験
・マイクロサービスアーキテクチャの興味関心

【こんな人と一緒に働きたい】
・『リーダブルコード』を読んで共感できる人、もしくはこれから学びたい人
・『エッセンシャルスクラム』を読んで、スクラム開発でチーム開発をできる人、もしくはこれから学びたい人
・『ピープルウェア』を読んだことがある人

会社の注目のストーリー

「マーケティングってめっちゃ重要じゃん。」地方創生のクラウドファンディングからコンテンツマーケティングへ 石垣実可子の挑戦【社員インタビューVol.1】
エントリー状況は公開されません
17人が応援しています
会社情報
株式会社イノーバ
  • 2011/06 に設立
  • 30人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都文京区小石川一丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル18階
  • 次世代のコンテンツ配信システムを作りたいエンジニアWANTED!
    株式会社イノーバ