350万人が利用する会社訪問アプリ

  • コーポレートエンジニア
  • 15エントリー

DX推進メンバー募集!!ディフェンスからオフェンスのコーポレートIT部門!

コーポレートエンジニア
Mid-career
15エントリー

on 2021/08/19

962 views

15人がエントリー中

DX推進メンバー募集!!ディフェンスからオフェンスのコーポレートIT部門!

Online interviews OK
Osaka
Mid-career
Osaka
Mid-career

岩岡加寿久

向き不向きより、前向き。

城 悠乃

不動産業界にどハマりしています。あとはダンスとキャンプも好きです。

株式会社スマサポのメンバー

向き不向きより、前向き。

なにをやっているのか

スマサポは不動産業界からスピンアウトしたITサービス企業です。不動産業界は今、テクノロジーや新しい技術・ノウハウの導入が進んでいます。既に海外では不動産企業がテクノロジーを活用してユニコーン企業へと成長していて、日本国内においてもいわゆる”不動産テック”、”プロップテック”企業が不動産×テクノロジーで新たなイノベーションを起こしつつあります。こうした中でスマサポは不動産企業でもなく、単なるテック企業でもない独自のポジションを取っています。それは不動産の事業ノウハウを経験している業界経験豊富なスタッフが、テクノロジー分野に知見のあるディレクターやUIUXデザイナーやエンジニアたちと議論を交え、不動産業界にとって本当に必要なものを生み出していくことのできるメンバーが揃っている会社だから。 私たちスマサポは業界の知見とアイデアを組み合わせることができる強みがあります。 これまでに生み出したプロダクトは単なるアイデアだけではなく、不動産業界にとって、そして入居する人々一人ひとりにとって本当に必要なものだという根拠があります。この根拠が新しいプラットフォームやITサービスを提供する際には特に重要です。その必要性を肌で感じ、必ず必要となるプロダクトを企画し構築することで、より社会に貢献できる仕事ができていると私たちは考えています。 【入居者アプリtotono】 https://totono.app/ ↑賃貸マンションの入居者にとって、電話するしかなかった管理会社とのコミュニケーションをアプリで完結するプラットフォーム。入居者にとっては24時間365日の問い合わせや手続きを可能にし、管理会社の業務効率に繋げる新しいプラットフォームとして開発を進めています。 【スマサポキーボックス】 https://www.sumasapo.co.jp/service_keybox.php ↑プロダクトのひとつ「スマサポキーボックス」は、内覧時のカギの受け渡しという業務を削減し、よりスムーズな物件内覧を提供するプロダクトとして全国で利用されています。
入居者向けアプリケーションプラットフォーム「totono」は、入居中の困りごとを電話や書面ではなく、アプリから簡単に申請したり、問い合わせできるプラットフォームです。いちいち電話して、書面で申請する面倒くさいやり取りを無くしていく、不動産×テクノロジーをサービス化していきます。
アプリで開錠する「スマサポキーボックス」は北海道から沖縄まで全国の不動産管理会社で利用中。内覧を自動化し、24時間見たい時に内覧できるサービスを提供しています。
自由でフレキシブルな社風、リモートワークを活用し、多様な働き方を推進しています。一人ひとりが目標=したい、なりたい」をしっかりと認識し、結果に向かうプロセスを楽しみながら業務に取り組める環境です。
将来、必ず価値になるプロダクトだというコミットをもって商品開発、営業、カスタマーサクセスチーム等が連携して取り組んでいます。
オフィスエントランス。フリーアドレスで自由で快適なスペースです。東京、大阪オフィスのほか、シェアオフィスやワーケーションオフィスを札幌や和歌山にも開設しています。
スマサポのボードメンバー。様々なキャリアを持った仲の良いメンバーは、経営陣はもちろん、スタッフ同士もチームの垣根なくコミュニケーションがあって風通しのよい文化です。

なにをやっているのか

入居者向けアプリケーションプラットフォーム「totono」は、入居中の困りごとを電話や書面ではなく、アプリから簡単に申請したり、問い合わせできるプラットフォームです。いちいち電話して、書面で申請する面倒くさいやり取りを無くしていく、不動産×テクノロジーをサービス化していきます。

アプリで開錠する「スマサポキーボックス」は北海道から沖縄まで全国の不動産管理会社で利用中。内覧を自動化し、24時間見たい時に内覧できるサービスを提供しています。

スマサポは不動産業界からスピンアウトしたITサービス企業です。不動産業界は今、テクノロジーや新しい技術・ノウハウの導入が進んでいます。既に海外では不動産企業がテクノロジーを活用してユニコーン企業へと成長していて、日本国内においてもいわゆる”不動産テック”、”プロップテック”企業が不動産×テクノロジーで新たなイノベーションを起こしつつあります。こうした中でスマサポは不動産企業でもなく、単なるテック企業でもない独自のポジションを取っています。それは不動産の事業ノウハウを経験している業界経験豊富なスタッフが、テクノロジー分野に知見のあるディレクターやUIUXデザイナーやエンジニアたちと議論を交え、不動産業界にとって本当に必要なものを生み出していくことのできるメンバーが揃っている会社だから。 私たちスマサポは業界の知見とアイデアを組み合わせることができる強みがあります。 これまでに生み出したプロダクトは単なるアイデアだけではなく、不動産業界にとって、そして入居する人々一人ひとりにとって本当に必要なものだという根拠があります。この根拠が新しいプラットフォームやITサービスを提供する際には特に重要です。その必要性を肌で感じ、必ず必要となるプロダクトを企画し構築することで、より社会に貢献できる仕事ができていると私たちは考えています。 【入居者アプリtotono】 https://totono.app/ ↑賃貸マンションの入居者にとって、電話するしかなかった管理会社とのコミュニケーションをアプリで完結するプラットフォーム。入居者にとっては24時間365日の問い合わせや手続きを可能にし、管理会社の業務効率に繋げる新しいプラットフォームとして開発を進めています。 【スマサポキーボックス】 https://www.sumasapo.co.jp/service_keybox.php ↑プロダクトのひとつ「スマサポキーボックス」は、内覧時のカギの受け渡しという業務を削減し、よりスムーズな物件内覧を提供するプロダクトとして全国で利用されています。

なぜやるのか

オフィスエントランス。フリーアドレスで自由で快適なスペースです。東京、大阪オフィスのほか、シェアオフィスやワーケーションオフィスを札幌や和歌山にも開設しています。

スマサポのボードメンバー。様々なキャリアを持った仲の良いメンバーは、経営陣はもちろん、スタッフ同士もチームの垣根なくコミュニケーションがあって風通しのよい文化です。

例えば、賃貸マンションを借りるときにわざわざ店舗に行って、案内してもらって、契約は後日書面で取り交わし。こんなやり取りをスムーズにしていくことは不動産業界にとってもカスタマーである入居者にとってもメリットが大きいですよね。私たちは不動産業界を通じて業界をもっとスムーズにしていくとともに、それに接する入居者にとって今よりもっと暮らしやすく便利な生活を届けるために取り組んでいます。 不動産にテクノロジーを導入して効率化を進めたいと思っているのは、「私たち」だけではありません。それは不動産事業を営む多くの企業も、そして利用する入居者も同じようにもっと便利に、もっと簡単にと思っています。そこには今まで改善されそうでされなかったニーズがたくさん隠れています。革新的な技術と5G等による通信環境の向上により、テクノロジー×不動産が実現する環境が整い、新しいイノベーションが起こっているこの業界。私たちスマサポのメンバーの中には不動産業界出身者も多く、そしてテクノロジー業界出身のメンバーも多く在籍しています。不動産業界出身者はどこを改善すべきか知っていて、テクノロジー出身者はどうやって改善できるか知っている。そんなメンバーだからこそ、イノベーションを起こせる!と確信しながら取り組むことができています。

どうやっているのか

自由でフレキシブルな社風、リモートワークを活用し、多様な働き方を推進しています。一人ひとりが目標=したい、なりたい」をしっかりと認識し、結果に向かうプロセスを楽しみながら業務に取り組める環境です。

将来、必ず価値になるプロダクトだというコミットをもって商品開発、営業、カスタマーサクセスチーム等が連携して取り組んでいます。

まだまだ若く成長途中のチームなので、みんなで活発な意見を交換しながら取り組んでいます。組織も70名程度で、非常に風通しがよくチームワークもフットワークもいい会社だと思います。チームや一人ひとりが目的を明確に持っていて、あとはどうやって実現していくかを自分の裁量で決めていくことができるため、とても自由度の高い働き方を実現しています。GOALが決まれば、あとはどの経路でも、どんな手段を用いるかは本人次第。メンバーで協力しながら道のりを歩んでいくことができる、そんなイメージです。 チームのメンバーは新卒入社もたくさんいて、20代、30代、40代が中心です。若いメンバーがたくさんいるので活気が溢れていますが、リーダーやマネージャーはキャリアも豊富で様々な知見を持っているので、働きながら多くの事を学び吸収できる環境が整っています。 社内には営業チームやカスタマーサクセスチーム、コールセンターのスタッフ、そしてエンジニアチームなど、様々なメンバーが在籍しています。

こんなことやります

【主な業務内容】 コーポレートエンジニア(社内SE)として、当社で利用しているシステム全般の構築・運用保守(SalesForce/Filemaker/その他クラウドシステム/自社システム)に関わる業務や、その他ヘルプデスクとして社員へPCや社内システムの使い方等の問い合わせ対応、故障対応なども幅広く業務にあたっていただきます。 社内SEは、自社の経営戦略や事業戦略を理解した上で、業績アップや業務プロセス改善、コスト削減などに最適なITシステムの導入を検討し、企画提案から運用保守まで実施します。 開発については、社内SEが着手する場合と、情報システム開発会社やソフトウェア会社などへ外注する場合があります。そして、導入後にはシステムの保守運用、変更・拡張などを行いながら、必要に応じて社員のサポートも行います。 社員サポートは、ヘルプデスクとしてPCからプリンター、スマートフォンなどあらゆる社内ITツールの操作への問い合わせに対応したり、業務を効率化するためのアドバイスなどを行ったりします。社内には、PCやソフトウェアに関する知識がない人や経験が浅い人もいますので、なんといっても頼りにされる存在となります。 【社内SEの仕事のやりがい】 ・会社経営に影響を与える仕事に携われる ・直接、感謝される機会が多くある ・業務範囲が広く、幅の広い知識・経験が得られる 社内SEは、社内の業務改善やコスト削減などに影響を与えるITシステムの構築・運用に関わるため、会社の経営状態に大きく影響を与えることがあります。ITシステムの導入に伴って業務効率が劇的に改善したり、会社の支出が大幅に減ったりすることは少なくありません。そうした重要な業務に携われることに対して大きなやりがいを感じられるでしょう。 社内SEはヘルプデスクとして機能する性質上、開発だけを行うSEに比べて、人が困っているときに役に立てる場面が多くあります。社員サポートなどの細かな仕事が増えますが、直接、感謝される場面も多く、働いていくうえでのやりがいの一つになります。 社内SEは自社のIT・システム戦略といった上流工程に関わったり、他社(SIerなど)を巻き込んだプロジェクトをマネジメントしたり、運用保守の業務やヘルプデスク対応を行うなど業務範囲が幅広くなります。技術以外の知識・経験を踏まえたうえで、将来のキャリアパスを検討できる点にメリットを感じる人もいるかもしれません。 【求める人物像】 ・コミュニケーション力のある人 ・調整力のある人 ・裏方としての業務にやりがいを感じることができる人 ・フットワークの軽い人 ・マルチタスクに向いている人 社内SEは社内への情報システムの開発・導入から、社員からの簡単なシステム上の問い合わせへ対応まで幅広い業務を担当する職種なので、ネットワークからWebに至るまで関連知識やスキルを自ら積極的に習得できる人に向いています。また、社内SEは社員のサポートする業務を幅広く行うため、技術力を活かして「人とコミュニケーションの多い仕事がしたい」「直接、感謝されることがやりがい」と感じる人に向いています。人に親身になることができ、親切に対応できることが求められます。
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2012/04に設立

70人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

大阪市中央区道修町3-4-11 新芝川ビル3F