1
/
5

《第5回BizteX合宿レポ》ー強い組織基盤を創るためにー熱議論を交わした横浜での2日間!

Wantedly掲載担当の佐藤です。
伊豆高原での合宿から半年。
10月下旬に、第5回BizteX合宿を横浜で行いました!

熱いディスカッションの場となる合宿。
第5回の目的は"みなのベクトルを一致させ、強い組織基盤を創る"こと。

メンバーは前回の12人から24人と倍増し、集団から組織へと移行しているBizteX。
"テクノロジーで新しいワークスタイルをつくる"ことをミッションとし
"ソフトウェアロボティック分野で世界シェアNo.1になる"というビジョンを掲げて邁進していく為に
会社として大切にしていく姿勢・行動指針・価値観(= バリュー)といった軸を創る場となりました!

「過去最高に深い議論ができた合宿になった。この濃密な2日間を一緒に過ごした私たちなら成し遂げることができると確信しています!」

と合宿を終えたCEO嶋田が振り返る合宿の様子をお伝えすることで
少しずつ象られてきている"BizteXらしさ"を感じていただけたら、うれしいです!

1日目: 前提認識を揃えてバリューを言語化してみよう

◯MVVとは?MVVと戦略の関係
◯BizteXにとってのバリューの位置付け
◯バリューを言語化してみよう

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)がなぜ必要なのか、それらが会社にもたらす効果や戦略との関係について、またCEO嶋田の考えやBizteXの目指す未来を共有し、BizteXにとってのバリューの位置付けについても皆の前提知識が揃う場を設けたのちに、グループワークが始まりました!

\相手を尊重し、批判せず、粗野な意見も歓迎して質より量を出していこうというスタンスで!/

\Post-itに1つ書いて貼る!BizteXスタイル。初期メンバーのPost-it使いに称賛の声も!/

"バリューとは、ミッション・ビジョンを実現するために社員として共有すべき姿勢や信念・価値観・行動指針。MVVは、意思決定を行う際の指針としての役割を果たしてくれるもの"

それを、顧客に対する活動/競合と戦うための活動/実現するための仲間との関わりという3つの観点から掘り下げていきます。

\そして発表の場へ。各グループ発表後、出てきた言葉や考えを深掘りしていきます/

バックグラウンドも価値観も異なる中で、それぞれがもっている言葉をイメージではなく、しっくりとくる意味合いや定義にしていく作業ーそれが言語化の真骨頂。認識のズレをなくし、丁寧に言葉を重ねていく過程で一致させていきました。

「午前中にミッション、ビジョンや戦略との関係性を共有して、ここで多面的にビジョン達成のためのバリューの要素を捻り出せたので、よかったです。」
「沢山アイディアを出すことが出来た。比較的集中して取り組めた。」

バリューに対する考えが一新されたのではなく、より深まっていると見受けられたのも
CEO嶋田の姿勢や周りのメンバーの姿勢や行動に表れているからーという話も。

行動や意思決定の拠り所になるバリューについて議論し、相互理解を深めていく時間は
みなが普段話さないことを全力で語り合い、熱量の高い場となっていました!

\夜は、チーム対抗ゲーム!豪華ランチをかけた熱く楽しいひと時♩/

そして、盃を交わしながら話に花を咲かせ、夜も更けていきました。

2日目: 言語化したバリューを浸透する為の仕掛けづくり

◯バリューの行動イメージを考えよう
◯バリューが浸透していく為の施策検討

1日目に皆で言語化したバリューを"全員の日々の判断や行動へ確実に反映されるための仕掛け"をつくる為、より具体化し、それを可能にする為の浸透施策を考えた2日目。

\バリューの行動イメージを話すメンバーからは当事者意識が感じられます/

\皆が働きやすいよう、心理的安全性を確保する為に楽しい施策の提案も!/

詳細の内容やアイディアについて、社外秘になる部分も出ているのでお伝えできず…残念です!
が、「こういう行動ならすぐに実行できるのでは」「こういう浸透のさせ方、いいよね」というアイディアがたくさん出てきていました!

そして、言語化したバリューの最終決定は経営陣が一旦預かり後日報告の場をもつ
ということで合宿の終わりを迎えました。

「この合宿でないと話せないことだったので、この場があってよかった。」
「あまり話せていなかった人の人となり、考えが分かって、うれしかった!」
「頭を使い過ぎて、疲れた…」「疲れたけど、前回より人が増えて疲れなかった…笑」
「MVVを議論する、なんて初めて!こういうことができる環境がBizteXのいいところ。」

なかなかメンバーがMVVを考える機会がないので貴重な体験だった、という声も多く聞こえてきました。普段机をあわせていても、なかなか話す時間や機会がないテーマだったので、7〜8時間にも及ぶ議論の場を設けたことで、合宿後のメンバーのやりとりもよりスムーズになっています。

皆の想いを持ち帰り、適宜メンバーと相談した上で決まるバリューについては
また後日ご紹介しますので、乞うご期待ください!

\BizteXではメンバーを募集!テクノロジーで新しいワークスタイルをつくっていきましょう!/

プログラマ/開発エンジニア
自社開発のSaaSで世界といざ勝負!という熱量のある開発エンジニア募集!
BizteXは「オートメーションテクノロジーで新しいワークスタイルを実現する」というミッションのもと、様々な業界・業種のお客様の業務自動化、生産性向上の支援をしております。 (https://www.biztex.co.jp/) ■プロダクトについて BizteXは現在2つのプロダクトに力を入れています。 ■1つ目の「BizteX cobit」は定型業務の自動化を実現する国内初クラウドRPAサービス(※弊社調べ)です。 定型業務を指示しておくことで、人間の代わりにワンクリックで代行してくれるデジタルロボットです。 ■2つ目の「BizteX Connect」は様々なサービスをWeb上で容易に連携し、業務の自動化・効率化を実現するiPaaSプロダクトです。 このサービスは2020年5月にリリースした新規プロダクトですが、 今後各社社内で利用するシステムがさらに増えていく中、様々なシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境に柔軟かつ迅速に対応できるワークスタイルを実現します。
BizteX
UI/UXデザイナー
自社サービスcobitをより使い易く、グロースしてくれるデザイン職、募集!
BizteXは「オートメーションテクノロジーで新しいワークスタイルを実現する」というミッションのもと、様々な業界・業種のお客様の業務自動化、生産性向上の支援をしております。 (https://www.biztex.co.jp/) ■プロダクトについて BizteXは現在2つのプロダクトに力を入れています。 ■1つ目の「BizteX cobit」は定型業務の自動化を実現する国内初クラウドRPAサービス(※弊社調べ)です。 定型業務を指示しておくことで、人間の代わりにワンクリックで代行してくれるデジタルロボットです。 ■2つ目の「BizteX Connect」は様々なサービスをWeb上で容易に連携し、業務の自動化・効率化を実現するiPaaSプロダクトです。 このサービスは2020年5月にリリースした新規プロダクトですが、 今後各社社内で利用するシステムがさらに増えていく中、様々なシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境に柔軟かつ迅速に対応できるワークスタイルを実現します。
BizteX
法人営業リーダー職
RPAの最先端で一緒に働きませんか?法人営業リーダー募集!
BizteXは「オートメーションテクノロジーで新しいワークスタイルを実現する」というミッションのもと、様々な業界・業種のお客様の業務自動化、生産性向上の支援をしております。 (https://www.biztex.co.jp/) ■プロダクトについて BizteXは現在2つのプロダクトに力を入れています。 ■1つ目の「BizteX cobit」は定型業務の自動化を実現する国内初クラウドRPAサービス(※弊社調べ)です。 定型業務を指示しておくことで、人間の代わりにワンクリックで代行してくれるデジタルロボットです。 ■2つ目の「BizteX Connect」は様々なサービスをWeb上で容易に連携し、業務の自動化・効率化を実現するiPaaSプロダクトです。 このサービスは2020年5月にリリースした新規プロダクトですが、 今後各社社内で利用するシステムがさらに増えていく中、様々なシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境に柔軟かつ迅速に対応できるワークスタイルを実現します。
BizteX
法人営業
元ソフトバンクトップセールスと直販部隊を作ろう!クラウドRPA法人営業募集
BizteXは「オートメーションテクノロジーで新しいワークスタイルを実現する」というミッションのもと、様々な業界・業種のお客様の業務自動化、生産性向上の支援をしております。 (https://www.biztex.co.jp/) ■プロダクトについて BizteXは現在2つのプロダクトに力を入れています。 ■1つ目の「BizteX cobit」は定型業務の自動化を実現する国内初クラウドRPAサービス(※弊社調べ)です。 定型業務を指示しておくことで、人間の代わりにワンクリックで代行してくれるデジタルロボットです。 ■2つ目の「BizteX Connect」は様々なサービスをWeb上で容易に連携し、業務の自動化・効率化を実現するiPaaSプロダクトです。 このサービスは2020年5月にリリースした新規プロダクトですが、 今後各社社内で利用するシステムがさらに増えていく中、様々なシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境に柔軟かつ迅速に対応できるワークスタイルを実現します。
BizteX
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう