「スタートアップで働く魅力」を社長に聞いてみました!

こんにちは。
ALCHEMYの長嶋です。
いつものように代表の都築にインタビューしてきました。
今回は「スタートアップで働く魅力」について。
スタートアップへの転職を検討中の方は是非ご覧ください。

ーALCHEMYは設立3ヶ月のスタートアップですが、スタートアップで働く魅力って何でしょう?

都築:裁量権を持って働けることですかね。
例えば、うちだとまだまだ整ってないルールや制度が多いです。
なので新入社員の人でも、良いアイディアをくれれば採用します。

ー確かに通常そういう機会は少なそうです。

都築:大きい会社とか社歴が長い会社って、制度がしっかりしていて、基本的にそれに従ってれば評価されます。
安心な反面、自分の意見が反映されづらい。
一方、スタートアップはゼロから自分で会社のルールを構築しなくてはいけない。
大変だけど、自分で自分の会社のルールを作るっていうのは、やりがいがありますよ。
そういう意味ではやりがいはありますよ。

ーなるほど。他にはありますか?

都築:努力次第でどこまでも高みを目指せるのも良いところです。
年収1000万円を稼ぐために普通は20年、30年かかるのに対し、スタートアップだったら2年、3年で出来るかもしれない。
2年後、3年後の自分にワクワクしますよね。
もし自分の職場の2、3個上の先輩が尊敬できなかったら、転職考えた方が良いです。
その先輩が自分の2、3年後の姿なわけだから。

ー個人的には、社長との距離が近いのも魅力かと思います。

都築:そうですね。大企業で働いてると、社長が何考えてるか直に聞く機会がなかったり、そもそも顔もほとんど見たことが無いとかありますよね。
僕は基本的にメンバーと直に話せる距離感の組織が心地いいので、ALCHEMYはそういうことはないと思います。
顔も知らない誰かが作った決まりに従ってたら、成功も失敗も自分のものとは言えないですよね。
僕だったら苦しくても自分で考えて自分で決めて、失敗も成功も引き受けたい。
だから全員が当事者意識を持って仕事に取り組んでるスタートアップが楽しいんです。

ーでも、若いチームが自分たちで決断して、上手くいくには、自信とか才能が必要なような気もします。

都築:自信なんてないですよ僕。
日々、自信を打ち砕かれてます。でも日々立ち上がってます。
必要なのは才能とか自信とかではなくて、覚悟とか決意ですよ。
やると決めたからやる。失敗しても上手くいくまでやるだけの話です。
自分の人生くらい、他人に流されずに自分で判断していきたいじゃないですか。

ーよく分かりました。ありがとうございます。

株式会社ALCHEMY's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings