1
/
5

どのような人材が求められているかvol.4

現場で求められている人材。その理由。最終回です。

現場ではどのような人材が求められているでしょうか。
弊社の幹部社員や新入社員に、「どんな人が入社したら嬉しいか」「あなたが採用担当だったらどんな人を採用したいか」と、その「理由」を直接聞きました。聞いたことをまとめましたので、シリーズでお伝えします。


【求める人材10】

全体を見ることができ、協調性のある人。

【理由10】

限られた人数だからこそ皆で協力しあうことが必要だからです。


【求める人材11】

自分の部署以外の仕事を理解し、自分の仕事で何ができるか考えられる人。向上心があり、挑戦しようとする気概があると良いと思います。
一方で、目標に対しての頑張り方を冷静に考えられる人だと嬉しいです。
自分の関わった商品を手に取る相手を想像できる人です。

【理由11】

自分にとって良い物が、必ずしも相手にとって良い物とは限らないという考えからです。相手の求める良さを吟味し、形にできるよう努められると良いと思います。


【求める人材12】

・コミュニケーションがとれる人
・自ら率先して取り組める人(疑問点などを自らみつけて動いていける人)
・責任感をもって取り組める人(何事も最後まで取り組める人)
・人として、社会人としてのマナーを持っている人

【理由12】

・お客様と接する機会も多い会社ということもありますが、一つの部署だけでは成立しない仕事で連携や協力が必要だからです。自分から人と交流しようとしなければ、きっと良い仕事はできないと思います。
・人が限られているので、一人一人の動きが大事になるのではないかと思います。仕事に対して、言われたことだけやればよいという考えだと、成長もできませんし、いいものづくりはできないと思います。
・一人一人が自分のすることに対して責任をもって次の人にバトンを渡すことは大事です。繁忙期は特に戻るということは大きいダメージがあるので、日頃からそうであると良いと思います。
・一緒に働く事を考えると信頼関係が大切。基本的なルールやマナーを守るのは当然。


弊社の社員たちは、仲間を大切しています。4回にわたってお伝えしてきた「求める人材とその理由」は素直に社員たちがいつも考えていることであり、自分たちもそう在りたいと目指している姿でもあります。共に成長していける方の応募をお待ちしています。

株式会社 京屋染物店's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings