1
/
5

定員の3倍の申し込みが集まったAdobe XDワークショップがディップで開催されました!

こんにちは!こばやしです。

今日はディップのオフィスでこんなイベントがありました。

本ワークショップは、グループごとに選択したテーマを解決するようにワークをしていただき、普段の業務とは異なる環境やグループメンバーとのコミュニケーションから気づきを得る。そしてワークショップにおけるAdobe XDの利用について触れる機会として実施します。

これまでに20回近く開催されてきているAdobe XD meetingは豪華ゲストによるセッションメインの形式ですが、今回はワークショップ形式での開催です!

ノベルティが可愛い!

参加者は20人ほど。定員の3倍以上のエントリーが集まる大人気のイベントとなりました!

まずは共感マップをそれぞれのグループで考えています。

付箋を使いながら仮ペルソナの考えていることをまとめていきます。

それぞれのグループで作った仮ペルソナと共感マップから「理想のサービス体験」を考えていきます。

理想の体験を明言できるまで、話し合って落とし込んでいきます。

相談しながら、まとめあげていきます。

理想を現実させるために、問題点をあげてきます。

できない事をたくさん考え、原因を探っていきます。

重要度と解決した時のインパクトを2軸に配置して、問題の優先順位を考えることでユーザー体験の改善へと導いていきます。

問題を書いた付箋をストーリーボードにのせて分類します。

実際にラフに落とし込むグループも!

グループのみんなで画面を見ながら、プロトタイプを完成させます!

各グループのテーブルに集まって、プロトタイプの発表をしました。

それぞれのグループで出した問題とその解決方法について話します!

最後に、出来上がったプロトタイプを参加した全員で共有する時間を取りました。

どのプロトタイプもこの短時間にもかかわらず秀逸なものになっていました!

ツイートをまとめておいたので、こちらからだとより様子がわかるかと!

ディップでは、定期的に外部のイベントに会場提供をしています!もちろん無料です!

ディップのオフィス使いたい!という企業さん、団体さん、学生団体さん、学生さんなどなどいらっしゃいましたらお気軽にどうぞ!(タイトルは学生Wanted!になってますが、気にせずどなたでも)

おしまい

ディップ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング