1
/
5

「え、大学2回も中退してるとかウケる」って思ったそこのあなた!私のこれからの人生の目標と野望を聞いてくれ!

こんにちは。ディップで人生初のインターンをはじめた竹内愛梨です。
よく皆からはえりんぎって呼ばれているので誰でも気軽に呼んでください(笑)

インターン始めたばかりだけど、ディップは

上司と部下の上下関係のようなものがないフラットな職場だしオフィス環境も快適で、本当に居心地がいい。大学の勉強もここでしたいくらい。

さてさて。今回は前回の私の大学を2回辞めた珍経歴記事の延長としまして私の今後の目標と野望を語っちゃいますよ。

「え、大学2回も中退してるとかウケる」って思った方はぜひ前回の記事も読んでみてください(笑)

私の波乱万丈人生について熱く語ってますので。まあ前置きはこのくらいにしておいて・・・。

今後の目標と野望

①もっとカメラスキル、ライタースキルを上げる。

<カメラスキル>

これはかなりディップのインターンで今後やっていく仕事内容とも関係していますが、私、一眼レフは持っているものの背景をうまくぼかした趣のある写真を撮るのが苦手なんです。

最近はiPhoneのポートレート機能もあるし、一眼レフを持っている意味がない(´;ω;`)

ということで、せっかくだからカメラの様々な機能を活用して、味のある写真を撮れるように、色々研究します!
練習の被写体になってくれる方募集中です!アイコン用のいい感じの写真が欲しい!って方!!!

ぜひ私とお気に入りの一枚を納得ゆくまで撮りましょう!

<ライタースキル>

ライタースキルに関しては、これはとにかく記事をたくさん書いてまず慣れて、読者様の心に刺さる文章を書けるようになりたい。

ライターってお金もかからないし、幸いにも言論・思想の自由が保障されている日本では発信し放題で、スキルを高めて発信力をつけることができたらこれからの世の中では最強だと個人的に思っています。

このご時世インターネットのおかげで世界中の人の目に触れる機会もあるわけだし、そんなプラットフォーム上で人の心を動かすコンテンツが書けたら最高ですよね。

②色んな国を旅する、そしてもっと視野を広げる。

今年の夏休みにインドネシアをサークルの仲間と共に旅して、めちゃくちゃ価値観が広がってから旅をもっとしたくなったんです。

インドネシアの話はまた別の記事で詳しく語ろうかなと思いますが、私はインドネシアで東南アジアの交通ルールのユルさを身を以て初めて経験して人生の価値観がかなり変わりました。

”ルールがないことが普通”の環境というのは、日本ではあまりないことかもしれないけれど、海外に一歩出てみるとそういうことが多々あって。

日本の環境のありがたさを実感する一方で、自分の考えや悩みというものは目には見えないけども周りの小さなコミュニティに影響を受けているものです。

あくまで世界的にみるとそれは1つの選択肢に過ぎなかったり。
「世界には色んな考え方があって、そしてそれぞれそのままでいいんだ」って発見がすごく自分の中で大きくて、もっともっと色んな思想を持った人と関わりたい、外の世界に出たいって思うようになりました。

航空券だけ買ってその日どこに泊まることができるのかもわからない、どんな人に出会うのかもわからない、みたいな破天荒な旅を色んな国でしてみたい。

それは何もかも整い過ぎていて、不便も言語の壁もない日本では経験できないことなんじゃないかなって思います。

ちなみに再来週は大学が文化祭期間なので、中国にいくことになっています。
サークルの交流で日本に来ていた際に出会った北京大学ボーイとか、
9月に私の友人(男性)がTinderでマッチングした女の子と再会するのもすごく楽しみ!笑

3月はどこかの大陸で横断旅を計画中だったりもします。

③本をたくさん読む、自分の生活に取り入れる。

私、本を読むのはすごく好きで、ジャンル問わず小説、自己啓発、流行りの新書、歴史等なんでも読みます。

がしかし、最近思うのは読んで勉強している気になっているだけで、実は実生活に学びを取り入れられていないのかな、と思います。

なぜなら、いくら本を読んでその時は納得していても、日常生活における悩みが本当に尽きないから。
悩みの大半は大したものじゃないのですが、もっと偉大な人の思想を取り入れたらQOLはさらに上がりそう。

私の尊敬するSHOWROOMの前田裕二さんも「読書はアウトプットが全て」とおっしゃっているんですよね。前田さんは読書をした後には必ず自分の行動をどう変えるのか、必ず最低3つは書き出して行動に移しているそうです。

他にも実はまだまだあって。留年しないとか、睡眠を十分とるだとか、美味しい焼肉をランチでコスパよく食べる東京の美味しい焼肉巡りを決行するとか(仲間絶賛募集中)。小さい野望がいくつもあったりもするのですが。

ライターを通してどんどんアウトプットをしていければと思っています!ということで2018年残りわずかも余すことなく全力で頑張りましょう!

ディップ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング