「ディップの採用コンサルタントは誰よりもうちのことを考えてくれているよね」と言われるような会社にしていきたい

高田 信一
採用コンサルタント リーダー / 2016年入社

大宮エリアの企業を担当する採用コンサルタントとして入社。学生時代から小説を書くことが好きで、出版社主催のコンテストに入選したこともあり、大手広告代理店のコピーライターとして内定をもらっていたが、得意なことを伸ばしていくよりも、苦手分野にチャレンジする方が面白く成長の可能性があるのではと考え、就職活動を再開しディップに営業職として入社。極度の人見知りゆえ最初は大苦戦したものの、研修のときに役員からもらった「理想の自分を演じていけばいいんだよ」という言葉を即実践。入社1年目に通期新人賞を受賞、同期最速で昇格し、入社3年目でユニットリーダーを務める。

1年目はとにかくお客様のことだけに集中して行動をしたことが成果に繋がり、新人賞を受賞することができました。2年目には後輩ができ、自分がやってきたことを教える立場になりましたが、思うように理解してもらえず先輩としての役割を果たすことができなかったのです。「できる」ことと、「教える」ことの違いを痛感しました。そんな私が今は「アポイントが取れずに悩んでいて・・・」「提案の秘訣を教えてほしいです」など、自部署のメンバーだけでなく、全国のオフィスの後輩から個人的に連絡が届き、就業後はほぼ毎日のように後輩と食事をしながら仕事の話をしています。入社してからの2年間で、私は「自分のために」から「人のために」へ仕事のスタンスを180度変えていったのです。

2年目に「教える」ことの難しさを痛感した私は、明日から実践できる営業TIPSを部内に向けて定期的に発信しようと考えました。「高田通信」と命名し、全社で推進している戦略をまず自らが実践し、新卒メンバーでも理解しやすいように噛み砕いて伝えていくようにしました。たとえば、資料を用いた提案手法をセリフにまで落とし込んだシナリオとして共有したり、新卒なら誰しも悩む商談の進め方を、動画にして自身の解説付きで共有したり。最初は部内の10名ほどに向け共有していましたが、部長から「事業部全体に発信してほしい」と言われ、所属するオフィスを越えて関東エリア全域に広がり、今では社内SNSを通じて全社員約2000名へと展開することとなりました。

「高田通信を実践してお客様の採用成功につながりました」「悩みが解消されて今仕事がとても楽しいです」など配信したメールに返事をくれるメンバーも多く、発信していくことが誰かの成長に繋がり、企業の成長に繋がっていくことを感じられ、こんなに嬉しいことはありません。私の目標は、全社員が「人のこと」を一番に考えられる会社を創っていくこと。私は今年4年目を迎えますが、今年中には管理職となり、より多くの時間をメンバーや会社のために使い、多くの影響を与えていける存在となりたいと思っています。そして、全国のどのエリアにおいても、お客様から「ディップの採用コンサルタントは誰よりもうちのことを考えてくれているよね」と言われるような会社にしていきたいと思っています。

ディップ株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings