1
/
5

AIで転職潜在層へアプローチ。エネチェンジがテレビで取り上げられたお話

こんにちは!久しぶりの投稿、ENECHANGE広報の中田です。ここ2カ月の間に、なんと、ENECHANGEはテレビに3回取り上げていただくことができました!

1つ目は、「AI(人工知能)で採用されたエンジニア」の採用事例
2つ目は、「電気料金の差」、電力会社を見直して節約できるというご紹介
3つ目は、あまり聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、「卒FIT」への取り組み

1つ目、2つ目はがっつりと取り上げていただいたので、テレビでご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、ENECHANGEがテレビに取り上げられた話を交えてお伝えしたいと思います。3つ目はちょっぴりなので今回は割愛させていただきます。

AIがあなたを点数化

衝撃的なタイトルがついたのは、NHKの「クローズアップ現代+」です。採用が特集の番組で、転職サービスを展開するITベンチャーのラプラスさんからお声がけをいただいたのがきっかけでした。ENECHANGEはエンジニア採用にも力を入れており、いろんな採用ツールを活用して人財の発掘をしています。そのツールのひとつとして、ネット上の個人データをもとにエンジニアの能力をスコア化する、というラプラスさんのシステムも活用しています。そして、そのツールを使って、ENECHANGEのエンジニアとして見事採用が決まったのが、番組で「主人公」として登場した「ムロタニさん」です。

まずは撮影当日に向けて、3人で打ち合わせです◎

番組からの想定質問などをうけて、どんなふうにお話していくか、どんな材料を提供できるかなどを伝えていきます。もちろんどんな服装でのぞむかもです。ちょっとでもENECHANGE色をうちだすために、川西さんにはENECHANGE T-シャツを着てもらうことにしました。

ちなみに撮影に向けた川西さん、ムロタニさんの意気込みがこちらです(笑)

撮影は1日、オンエアは20分程度

午前中の撮影は、ムロタニさんからスタートです。弊社が入居するビルの屋上を使わせていただきました。巨大なビル群に囲まれてひっそりと存在するここの屋上は、実はこういう撮影にぴったりと思っていて、エネチェンジブログの社員インタビューではときどき登場しています◎

個人的にもお気に入りの屋上での撮影の様子です。実はすぐ真横が東京駅のため、新幹線に在来線と往来音が激し目でしたが、そこはテレビのプロの力で問題なく声も拾えていました◎

2人の談笑シーンは社内の休憩スペースで撮影しました。川西さん、ちゃんとENECHANGE T-シャツを着てくれてます◎広告手法のひとつ「プロダクトプレイスメント」的な感じですね。個人的には、毎回どうやって映りこませようかいろんな策を考えてます(笑)

   ※撮影風景の掲載許諾は番組側にいただいています。

そしてできあがった番組の内容が公開されているのがコチラです。

気になったのは毛穴!?

撮影とオンエアを終えたムロタニさんにプチインタビューです

ー オンエアではAIで採用された人財として「主人公」と化し、映りっぱなしでしたがオンエアを観てどうでしたか。

想像以上にテレビに映っている時間が長くてびっくりしました!アップになって毛穴が見えたりとかしてたので、見ている間中恥ずかしかったのですが、家族総出で盛りあがっちゃいました(笑)

ー 本人となるとテレビのみかたがちがうんですね。わたしはムロタニさんが可愛らしく映ってたから主人公に大抜擢されたと思ってます♪ 周りからの反響はどうでしたか。

日頃通院しているお医者さんや元同僚なども番組を見ていたらしく、知人が活躍している姿が誇らしいと言われたのが嬉しかったです。

ー テレビの影響は大きいですもんね。いい反響があってよかったです!最後に、ENECHANGEで働くことを検討されている方へメッセージをお願いします。

エンジニアってどんな背景の人間でもきちんと長く積み上げればそれなりに自分に返って来る仕事で、ただ時間を切り売りしている訳じゃないので、初めてチャレンジする人もやめようか迷っている人も、長い目で見て丁寧に学びつつ働くのがいいと思いますよ。

ー ステキなメッセージ!

そういう風にチャレンジしている人へしっかり評価がされる取り組みとして、エネチェンジには「社内表彰制度」というものがあり、四半期に一度、ENECHANGEが定める3つのValueを体現した人を表彰しています。※表彰制度については別記事でご紹介します。

memo:ENECHANGEが定めるミッションと3つのValueはこちらの採用ページでご覧いただけます。

潜在層を発掘する時代へ

AI採用でムロタニさんを見つけ出して採用につなげたエンジニア採用担当の川西さんにも感想を聞いてみました。

ー オンエアが終わってどうでしたか

使われるのは、チラッとだけかなーと思ってたので、撮影時間ががっつり長かったこともびっくりしましたし、放送も思ってたよりも長い時間映っていたのでとてもおどろきましたっ!友人にも「観たよー」と声をかけられちゃいました(笑)

ー 残念ながらオンエアには使われませんでしたが、撮影時に川西さんが言っていた「採用は、応募の意思が固まった人から探す、では遅い。潜在層を発掘していく時代にある」という言葉がとても印象に残りました。

エンジニアの転職市場は売り手市場になっていて、求人もたくさんあります。だからこそ、意思をもって転職活動をしているひとの中から探すだけでは、ダメな時代なんですね。ここで役立つのが「AIによる個人の点数化」ですね。個人が積み上げてきたアウトプットをAIがまとめる。それを採用担当者に見てもらえる。これまでやってきたことがエビデンスとともに伝えられるということです。

ー 転職潜在層を発掘し、いかにうまくアプローチするかが採用成功の鍵なんですね。わたし自身もこの番組企画を通して、自社のエンジニア採用方法を知ることができましたし、実際にその方法で採用されて、ENECHANGEで大活躍しているムロタニさんを見ていてとても嬉しい気持ちになりました◎

そして、ひさびさの大ヒット!

そしてそして、番組効果により電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」での申込件数が歴代3位を記録したゴールデンタイムの情報番組「この差って何ですか?」では、「電気料金の差」をテーマにオンエアされ、エネチェンジが全面協力させていただきました。電力自由化のお話、電気の使い方別おすすめ電力会社のご紹介などをした後は、電力会社を簡単に比較できるツールとして、電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」をバッチリ取り上げていただき大反響をいただくことができました。

↓ 電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」のトップページ

番組には、弊社顧問で「エネルギー自由化博士」と呼んでいる(流行らせたい!)巻口さんが出演して大活躍!電力業界の大先輩の説明はほんとうにわかりやすく、しかもユーモアに飛んでいて安定感が半端ないのです。写真は社内勉強会でレクチャー中の巻口さん。社内勉強会も毎回大好評です◎

今回担当してくださった番組スタッフさんにも恵まれて、最後オンエアをテレビで観たときは感謝の気持ちでいっぱいになりました。なぜなら、こんなに比較サイト「エネチェンジ」の画面をがっつりと映してくれるとは思っていなかったのです!!夜中も活動中の番組スタッフさんにあわせて電話でやりとりをしたりしていたご褒美だと勝手に思ってます(笑)

オンエア当日、社内ではこんな感じでパブリックビューイングしながら、アクセス状況をチェックしたりしていました。

スラックでの嬉しい報告!

放送日の翌々日、電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」を運営する事業部のスラックチャンネルで、事業部長から嬉しいお知らせがありました!

もちろんオンエアされるだけでは達成できません。事業部側でもオンエアにあわせて、しっかり準備をした結果です◎オンエアはきっかけのひとつで、その後をいかに全社で協力して、申込件数に繋げるかが大事なんです。ひさしぶりのがっつり露出2連続で、とてもいい2019年しめくくり(?)ができたと個人的には思っています。

TBSテレビ「この差って何ですか」の放送内容テキストはこちらでご覧いただけます。


こんな感じで、たまにはテレビにでることもあるENECHANGEではいろんな職種で一緒に働く仲間を募集しています。お気軽に弊社オフィスに遊びにきてください◎

ENECHANGE株式会社 's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more