1
/
5

ダイレクトソーシングアカデミー:ダイレクトソーシングの基礎

1. ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングとは、企業が候補者に対して直接アプローチする採用手法のことを言います。近年、「待つ」だけの採用活動では優秀な人材を獲得できず、優秀な人材の獲得競争はより激しさを増しています。

「post and pray method」という言葉を聞いたことがありますか?

その言葉通り「投稿して祈る」つまり、求人媒体やSNSに求人募集記事を投稿し、応募があることを期待して待つ採用手法を指します。このようなやり方が一般的になったのは、採用担当者が、自分たちの仕事に関連する重要な管理業務をこなすことで精一杯になり、さらに採用単価を抑えたいと考えたからです。残念ですが、このアプローチでは、たとえ「知名度の高い企業」や「採用予算が潤沢な企業」であっても、優秀な人材を獲得することは困難です。

そこで近年、日本で主流になってきているのが、ダイレクトリクルーティングです。

2. ダイレクトリクルーティングを始めるときのポイント

テクノロジーの進化によって、世の中の流れは「マス」から「個」への最適化へと向かっています。ダイレクトリクルーティングにおいてもこの流れは反映され、マスコミュニケーションのままダイレクトリクルーティングを実行しても上手くいきません。

今はとことん候補者の立場になって考え、手間を惜しまず丁寧なコミュニケーションを重ねることが求められます。この手間を面倒だと考える企業は、従来の「待つ」採用で戦い続けることを選択しなければなりません。会社にとってなぜダイレクトリクルーティングの導入が必要なのか、しっかり考えぬいた上で導入することが大切です。

3. ダイレクトリクルーティングを成功させるためのポイント

従来の採用では、候補者は少なからず会社を認識し、応募する動機があります。企業にとっては、応募の中から欲しい人材を選ぶだけでよいので、比較的楽な採用方法といえます。

一方、ダイレクトリクルーティングでアプローチしたい人材は、応募の動機がほとんどありません。そのため、彼らとのコミュニケーションの取り方を最初から考えておくことが重要です。

ダイレクト・リクルーティングのメリットは、今まで接点のなかった候補者に会社を知ってもらうことができる点です。成果を出すためには、候補者とどのようにコミュニケーションをとるかを考えることが重要です。

もうひとつは、企業への「興味関心を大きく高められる」ことです。一人ひとりにどの部分に興味を持ったかを伝えることで、候補者の承認欲求を満たすことができますし、候補者も自分に興味を持った会社のことをもっと知りたいと思うはずです。

大切なのは、企業がどんな人材を必要としているのかを徹底的に考え、その上で、内定承諾をもらうためには、採用競争に負けない「より強い選考プロセス」や候補者とのコミュニケーションを設計し、徹底して行うことが大切です。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアについてカジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください!


Envision Co., Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング