1
/
5

採用スキル研究所:今見直すべき採用の考え方

l 近年の採用動向

最近の採用手法は、単に求人媒体に求人広告を掲載するのとは大きく異なり、候補者が積極的に企業の情報を収集することを前提としたものが多くなっています。自社サイトやSNSでの情報発信など、さまざまな方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。企業が求める人材を発掘するためには、設定したターゲットの特性と採用手法のマッチングを深掘りすることが必要です。


l 従来の日本の採用手法では人材獲得できない

中途採用で優秀な人材を確保するのは、年々難しくなってきています。最近ではSNS・自社サイトの活用など入口の段階から改善を進めた上で、選考フローのスピードを上げ、内定者には丁寧なフォローをすることが基本となります。候補者は自由に仕事を選べる立場だということを再認識して、自社が求めている候補者の動向を探りつつ、自社の魅力をあらゆる方向性からアピールすることが大切です。


l ダイレクトリクルーティングから始まった新しい採用の主流

ダイレクトリクルーティングのメリットは、企業が各データベースなどを駆使して直接候補者にアプローチできることです。そのため「いい会社があれば転職したい」といった考えを持つ潜在層が興味を持ってくれる可能性もあります。さらにSNSの活用は、ゆるい繋がりを持つことで状況に変化が起きた時に応募に発展することもありますし、情報発信をしておくことで、内定辞退の防止にもつながります。

反対にデメリットとしては、候補者一人ひとりにオファーを掛けるため、時間と労力を要します。また、どういったメッセージを送れば、求職者の興味関心を得られるかを考える必要もあり、炎上リスクを理解した、高い運用スキルが求められます。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアについてカジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください。


Envision Co., Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング