1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

誰も不幸にしない学習モデルを目指す。数学・統計学で社会課題の解決を目指すMLエンジニアの哲学

「どうやって取得したデータなのか、与えられたデータは本当に正しいのかなど、データを鵜呑みにしない姿勢も大切だと思います。大学時代の先生から『データからわかることは少ない』という主旨の言葉をいただいたことがあり、それを今でも意識しています」

エクサウィザーズで活躍する”ウィザーズたち”を紹介するストーリー。

高校時代には数学に惹かれ、大学・大学院では統計学を専攻。現在はその知見を社会実装へと応用している機械学習エンジニアの小林さんです。「ビジネスとしての努力」と「科学的な妥当性の追求」の両立を目指す小林さんが機械学習エンジニアとして大切にしていることや、技術を生かして今後何を成し遂げたいと思っているかを伺いました。


◾️ プロフィール

小林 広明(こばやし・ひろあき)

大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻修了。2015 年4月、製造業企業に入社。工作機械に関する IoT 機器の研究開発に主に従事。2018年3月、MLエンジニアとして株式会社エクサウィザーズに入社。


続きはこちら。

ExaWizards Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう