1
/
5

フェンリルスタッフのこだわりコレクション〜デザイナー編〜

こんにちは。プロモーション担当の渡邊です。

昨年、フェンリルのエンジニアによるこだわりのコレクションをご紹介しましたが、今回は “デザイナーのコレクション” を大調査!

エンジニアとは違ったデザイナーらしいコレクションが出てきましたよ!


【ユニークすぎるトランプたち】

トップバッターはフェンリルデザインのチームを率いるスタッフ。面白いトランプやカードをコレクションしていました。主にクラウドファンディングサイト Kickstarterで入手しているそうです。

ミニマルすぎるデザインのトランプや、カラー印刷のCMYKインクをモチーフにしたトランプ、
そして親指サイズのトランプなど、どれも珍しくてユニークなものばかり!

ほかにも風変わりなカードをいろいろ集めているそうですよ。


【熟練の証である卵焼き記録】

デザイナーフェロー(※)は、お手製の卵焼きを写真に収めてコレクションしていました。面白いコレクションなだけに、デザイン部内では有名。「デザイナーフェローの卵焼きコレクションを紹介してほしい」と 推薦するデザイナーが何人もいました。

ある日、卵焼きがすごくキレイに焼けたので「記録したい」と思ったことからはじまったこのコレクション。
日によって仕上がりが違うので修練していきたいということで、週に2、3回のペースで卵焼きをつくり、
その写真をInstagramに追加しているそうです。

こうやって並べてみると、“キャンベルのスープ缶” で有名なアンディ・ウォーホル風のポップアートに見えてきませんか?笑

※デザイナーフェローに関する記事はこちら「フェンリルのデザイナーがTシャツとパーカーを制作!


愛してやまないイヤリング

フェンリル歴11年、二児の母でもあるデザイナーは、イヤリングにはまっているそうです。自宅の近くに行きつけのアクセサリーショップがあり、彼女は歴代の店員さんに名前を覚えられるほどの常連客と聞きました。

なかには、愛用するあまり、一部紛失や破損をしたものもあるそうですが、パーツを補ったり、同じものを取り寄せたりして使い続けているんだとか。どのイヤリングもあまり見かけない独特なデザインで、目を引かれますね。


心を動かしたポストカード集

昨年のWWDCに参加したデザイナーは、アート鑑賞が趣味。美術館で購入した名画のポストカードをコレクションしていました。高校生のころから、美術館へ行くと、そのとき感動した絵のポストカードを必ず買っているそうです。単純に作品が素晴らしいものや、アーティストの人生のどんな状況で描かれたものだったかという制作背景、作品に込められた意図など、感動した理由はさまざまだそうです。

西洋画や日本画、現代アートなど、幅広いジャンルの絵が揃っていますね。1番のお気に入りを聞き出そうとしましたが、どれもお気に入りなので甲乙つけ難いと、彼女を困らせてしまいました。笑


即興のスクラップブック

展覧会の図録や旅先のレシート、航空券や入館券などをスクラップブックに綴っているフェンリルデザインのスタッフもいましたよ。自由なレイアウトで貼り付けて装飾する作業は、デザイナーの腕の見せどころですね。

旅行の際は必ずスクラップブックを持参し、入手したものはその日のうちにまとめるのだそう。スクラップだけではなく、旅先でのガイドさんの話をメモしているページもありました。

大小さまざまな紙がキレイにまとめられていて、とても即興で作成したものとは思えません。2007年の イギリス旅行から始められたこのコレクションは、現在8冊目に突入とのこと!

以上、デザイナーらしいコレクションをご紹介しました。

彼らのコレクションから、それぞれの世界観や性格も垣間見ることができ、他のスタッフのコレクションがより一層気になってしまいました。笑

機会があれば、また調査したいと思います!

フェンリルでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
フェンリルからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?