1
/
5

2019年デザイナー新卒研修に迫ってみた #1

こんにちは!フェンリルのデザイン部でマネージャーをしている松浦です。

昨年も新卒研修についての投稿をしたのですが、シリーズ化出来なかったので、2019年度版は頑張ってシリーズ化していこうと思います!

<昨年の新卒研修の記事はこちら>

今年の研修はこれだ!

今年のデザイン部隊には初々しい4名の新卒スタッフが入社しました。

さて、今年は2018年度の新卒研修を結構見直して下記のようなプログラムを組みました。

このプログラムを1週間単位で、「座学」→「実践」→「振り返り(発表)」という形で今年も回していきますよ!

皆さん頑張っていきましょう。


まずは、(1) 情報収集・コンセプト設計を紹介するぞ!

第1弾の研修は情報収集・コンセプト設計についての研修です。

我々デザイナーは仕事の中でクライアントの課題を洗い出し提案を行うわけですが、その際には裏付けのある情報が必要になります。

本研修では、テーマに沿った提案をしていき、ただ良いと思った案を提案するのではなく、情報を集め、裏付けに基づいた提案について学ぶ研修となっています。


さて、今回のテーマはこちらになります。

フェンリルデザイナーの最強のデスクセットを提案

先輩たちが働くオフィスのデスク周り(机・椅子・キャビネットまで)をより働きやすく、フェンリルのデザイナーらしいデスクセットにするにはどういった案が適切か?ということをテーマに、各々提案をしてもらいます。

提出物は、調査した情報+提案のイメージボードです。

期間は4日間、皆さんどのような提案になるのでしょうか?楽しみです!


ゴールイメージをしっかり持って調査項目を洗い出し

まずは、情報がない状態から直感のゴールイメージを「妄想」をしてみます。

無機質で洗練されたイメージだろうか・・? 物は見せないほうがいいだろうか・・?

色々出てきますね。

次に、考えた妄想からゴール(理想)の設定を行います。

快適に仕事ができるようなツールが揃っているハイテクなデスクにする・・・

など、皆さん色々と考えて設定していましたが、このゴールを設定する事で、調査する目的をぶれないようにします。逆に調査してみて全然思っていた事と違う方向になったら、ゴールの設定が甘かったかもしれませんね。

そして設定したゴール(理想)に対して調べる項目を書き出していきます。

世の中のデザイナーのデスクってどんなだろう・・?

など色々出てくると思いますが、この調べる項目に対して必要な調査方法(インターネット・テレビ・ラジオ・リアルコミュニケーション)を自分なりに選択し、調査に基づいた提案を固めていきます。

また、期間は4日間しかありませんので、タスク管理もとても重要となります。

社内にアンケートをとる場合は、どのタイミングで取れば良いのか・・?など、自分なりにスケジュールを立てて取り組んでもらいます。

昨年もそうでしたが、この課題は結構難しいので皆さん悪戦苦闘しながらがんばっていました!

成果物をプレゼンだ!

4日間の実践を経ていよいよそれぞれのプレゼンです。

新卒4名がそれぞれ考えた事をイメージボードと共にスライドで発表していきます。4名の提案を簡単にご紹介します!

「コミュニケーションと整理整頓のあるオフィスを作るデスクセット」を提案


アンケート調査を元に「すっからかんのデスク」を提案


個別デスクと共有デスクを使い分ける「自分のモードに合わせるデスク環境」を提案


人・ものとの「距離感を考えたデスクセット」を提案


4名とも、社内アンケートを元にしっかり調査に基づいた分析を行って発表していますね。素晴らしい!

トレーナーの先輩からは、「もう少し俯瞰的に見渡して、インターネットでの調査も入れた方が良い」などの、ありがたい指摘も数多く出てきました。

今回の研修を振り返ってみて

無事プレゼンが終了し、ひと安心した新卒スタッフにそれぞれ今回の研修を振り返って、自身の課題や感想を聞いてみました。

自分の考えがまとまらなかった。
具体的な時間管理を立てたいと思った。
主観的ではなく、客観的に考える力が大事と感じた。

などの感想が出てきましたが、なかでも多かったのは、「時間管理」の大変さでした。

学生時代とは違って、働き出すと必ず納期が付きまといます。

今回は4日間という短い時間の中で、いつに何をするかをきっちり決めておかないと、中々前に進めないという研修でした。

初回の研修でそれを管理するのは非常に難しいですが、今後繰り返して慣れていくという事も大事です。新卒の皆さん、くじけずに第2弾の研修も頑張りましょう!

第1弾のレポートは以上になります。また第2弾のレポートもお楽しみに!

【新卒募集要項】

デザイナー・UXコンサル
新卒からビジョンを持って働く!UXコンサルタントを東京で募集
私たちは、"デザインと技術"でユーザーにハピネスを届けるため、 Sleipnirをはじめ、多くのプロダクトを創造してきました。 この先もアプリ開発にとどまらず、世の中に新しい価値を生み出し続けます。 ■ 自社プロダクト事例 ・ウェブブラウザ「Sleipnir」https://www.fenrir-inc.com/jp/sleipnir/ ・デザインレビューツール「Brushup」https://www.brushup.net/ ・オンラインデザインツール「Picky-Pics」https://picky-pics.com/ ・超高速プッシュ通知エンジン「BoltzEngine」https://www.fenrir-inc.com/jp/boltzengine/ ・バレーボール専用データ分析アプリ「VLabo」https://www.vlabo.app/ ・その他の自社プロダクト一覧 https://www.fenrir-inc.com/jp/ ■ 共同開発プロダクト事例 NHK 紅白アプリ、ぐるなびアプリなど有名なサービスも多数手がけています。 https://www.fenrir-inc.com/jp/works/
フェンリル
フェンリルでは一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
フェンリルからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?