1
/
5

私が広報PRの会社を設立した理由 ①

「やっぱり難しいですよね・・・」



と、いろんなスタートアップの経営者・経営陣の方が言われていました。

私がまだ、スタートアップの会社員で、広報をしているときのこと。

だいたい、2013年から2016年くらい。


よく、ご相談をいただいていた。

「広報を自社で始めたいんだけど、どうやったら良いのかわからない」と。


私は、恐縮ながら、当時お茶ランチをしながら、いろんなアドバイスをさせていただいていたのだけど、結局、スタートアップは、


・予算があまりない

・知名度が低い(良い広報担当を採用できない)


という大きく2点がネックになって、そして、当たり前だけど経営者は広報のプロフェッショナルじゃないから、「広報をやらない」という選択肢を取られるしかなく。

それを見ながら

「なんて、もったいないんだろう・・・」って、

私はよく思っていたんだよね。


だって、サービスもその経営者もすごく素敵なのに、広報PRに取り組めないなんて。

(今は、副業とかフリーランスとか、いろんな働き方があるけど、ほんの3〜5年前までは、まだそれが一般的じゃなかったから、市場に広報できる人が少なかった)



そんなお話を聞きながら、

ふと、私が「人生かけてやりたいこと」を思い出すんだよ。



それは

「その人の本質を表に出して、自分らしく生きる人を増やす」こと!

「人」って書いたけど、私の場合は主に「女性」!笑

(なぜ女性なのかは、また後日)



素敵なことをしている会社は多いのに、

それを広報PRで「表」に出さずに、本当に必要な人に届けられないなんて。

この現実と、私の「やりたいこと」がリンクした。


「その人の本質を表に出して、自分らしく生きる人を増やす」

って、具体的にどうすれば良いかわからなかったけれど、

私には広報PRがあるじゃんってきづいた。笑(遅い)

むしろ、それしか出来ないし・・・?って思った。



そして、それには自分一人でやるには限界があるとわかっていたので、仲間が絶対に必要だと思い、最初から、会社化することは決めていた。

そこから色々あり、あれよあれよというまに会社を登記することになるんだけど、


「社名」と「経営理念」は、一人で、本当に、30分くらいで決めました。笑


「その人の本質を表に出して、自分らしく生きる人を増やしたい」

というのがベースにもうあったから、

サービスや人を表に出す・・「表舞台」だ表舞台・・

(いろんな言語でgoogle検索・・)

英語で「フロントステージ 」・・・良いね!と。

(同じイメージで「ライムライト」とか「スポットライト」も候補にあった)



経営理念」は、「その人の本質を表に出して、自分らしく生きる人を増やしたい」に広報とPRを追加して、

広報・PRを使って「らしさ」を引き出し、まだ知られていない会社やサービス、人を、表舞台に出す

としました。



私は、目立ちたがりだと言われることも多いのだけど(否定はしないけど・・笑)

それよりも何よりも、私が一番、魂が震えて、一番やりたいことを、経営理念にした。

私が一番、魂が震えて、一番やりたいことは、


その人らしさ、その会社らしさ、そのサービスらしさを引き出して、広報PRという手法と視点を使って「表舞台」に引っ張り出し、そのサービスやその人のことを必要としている人に届けること。

それが、その「届いた人」の運命や人生を変えるかもしれない。

(大げさではなく、本当にそう思ってる!)

(これまでの広報PR経験で、何度かそういう現場を目にしてます)



だから、できるだけ多くの人や会社、サービスを表舞台に出したいなって思ってる。

そのために、弊社フロントステージ は

「広報PRのプロフェッショナル集団」

であるべきなんだよね。たくさんの方に必要とされる会社であるために、フロントステージ は、サービスと会社に寄り添い、経験を積み知識とスキルを磨き、「クライアントファースト」である広報PRのプロフェッショナル集団であり続けたいなと。


そんな会社を、これからも、作っていくので、応援していただけたら嬉しいです!!!

熱くなったので長くなりました・・笑

その②に続きます!

株式会社フロントステージ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more