1
/
5

スタートラインに立った君たちへ。グッドルーム社員が新入社員に読んでほしいおすすめの本、8選

こんにちは、goodroomメディア事業部の三宅です。

突然ですが、みなさんには繰り返し何度も読みたくなる本ってありますか。読むたびに元気をもらえる本、いつも新しいヒントを授けてくれる本、一度読んだ時の衝撃が忘れられずいつまでも心の中に残っている本……。

読み返さずとも、一生自分のそばに置いておきたくなるような本や漫画って、誰にでも一冊はあるのではないかと思います。

他にも「どうしてもこの人に読んでほしい!」と思えるような本もあるでしょう。でもなんだか相手に押し付けているような気もして、なかなか素直に薦められないということもあるかもしれません。

goodroomではよく、こうした「読んでよかった本」をメンバー同士で伝え合う、という文化が根付いています。

そこで今回は取締役、マーケター、エンジニアなど、様々なバックグラウンドをもつ4人のメンバーにお願いをして、この春入社をしてくれた新入社員にぜひ読んでほしいと思う本を選んでもらいました。

goodroomの新入社員だけではなく、この春めでたく卒業をして新たな道を進み始めた全国の新入社員の皆様にも、ぜひお役に立てたら幸いです。

それでは、各社員の新卒時代の写真とともに、初めて読んだあの頃を思い出しながらご紹介したいと思います。

取締役・佐藤からあなたへ


佐藤志穂(取締役・2016年中途入社)

おすすめの本①「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦<2> セクシープロジェクトで差をつけろ!」【トム・ ピーターズ (著)】


参照元はこちら

新卒の頃、尊敬する先輩に教えてもらい読んだ本。今でもこの本に教えてもらったことは常に意識をしています。

どんなに小さくて地味な仕事でも、自分で意味を持たせて向き合うことでセクシーなプロジェクト(笑)に変身させることができる、というもの。きっとこれからの仕事への向き合い方、成長度合いに差が出る、おすすめの1冊です。

おすすめの本②「キングダム」【原 泰久(著)】


参照元はこちら

私が最近バイブルにしている本、というか漫画です(笑)。ですが、たかが漫画と思うなかれ。

リーダーシップ・人を動かすということ・戦略戦術……色々と学ぶことのできる良書です。コロナの影響もあり、誰もが先の見えない時代において「自分で目標を設計し、道を切り開く力」が求められますが、きっと参考になるヒントが得られるはずです。

おすすめの本③「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」【スティーブン・R・コヴィー (著)】


参照元はこちら

人生の大きなwillに近づいていくためには、7つの習慣で人格を磨いていくことが重要であると説いている本。

ビジネス書籍としてはベストセラーなので一度は読んでおいたほうが良いでしょう。最近ほかの社員にも薦めたということもあり、改めて自分でも見返している、何度読んでも学びのある1冊です。

上記3つのおすすめ本を読んで、

①日々の仕事の向き合い方
②目標達成、リーダーシップ
③人格、習慣

のような感じで、網羅していただけたらうれしいです。

取締役・伊藤からあなたへ


伊藤和澄(取締役 兼 リノベビジネス開発推進部部長・2013年中途入社)

おすすめの本「時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS」【シェーン・スノウ(著)】


参照元はこちら

リモートワークがメインの働き方になるからこそ「賢い近道」が大事になってくると思います。

がむしゃらに頑張るのではなく、しきたりや常識を捨ててスマートに対応することで、これまでの常識では信じられないような大きな成果をあげることができるようになるはず。ググれば分かることを何日もかけて覚える必要はありません。

これは決して「努力をするな」ということではありません。自分にとっての最良の道を自分で調べ、自分で運をつかみ、不必要なルールやしきたりは勇気を持って無視をする!

社会人になると、人とつながりながら学び、先に進んでいくことが大切だと思います。新卒のまだまだ真っ白いキャンバスしか持っていない今だからこそ、読んでほしい1冊です。

マーケター・越智からあなたへ


越智祥子(マーケター・2016年新卒入社)

おすすめの本①「2時間で分かる【図解】KPIマネジメント入門」【堀内智彦(著)】


参照元はこちら

いい目標があれば、いい仕事ができて、いい結果が出せます。”いい目標”を立てるための本です。

おすすめの本②「明日からつかえるシンプル統計学 ~身近な事例でするする身につく最低限の知識とコツ (現場の統計学)【柏木吉基(著)】


参照元はこちら

「統計学」という言葉を聞くだけで難しそうに見えますがそんなこと全くありません!まさにわたしのような数値アレルギーの文系脳の方にこそまずは読んでみてほしい!

数値は万国共通のパワフルなツールだということを教えてくれた1冊です。

おすすめの本③「人を動かす」【デール・カーネギー(著)】


参照元はこちら

取締役の佐藤から教えてもらい、読んだ1冊。もうこれはまさに、人生でもっと早く出会っていたかった本です……。どうしたら人に気持ちよく動いてもらえるか?人間関係の原理原則がわかりやす〜く、かかれています。

「動かす」と聞くと、なにやら人の心を操っているかのように聞こえてしまうかもしれませんが、相手にも「気持ちよく」思ってもらいつつ動いてもらえる方法が書かれているので、周りの方達とWIN-WINな、平和な関係を築けるでしょう。

今思うと、入社当初、思い通りに動いてくれない同僚メンバーたちを怒り散らし、持論をぶつけて説き伏せていましたが、この本と出会い、あれじゃあ動いてくれないわけだ〜と、納得の嵐でした。(当時同じチームにいた皆様、めちゃくちゃな新人で本当に申し訳ございませんでした……)

エンジニア・松永からあなたへ


松永知佳(エンジニア・読書部部長!・2018年新卒入社)

おすすめの本「なるほどデザイン」【筒井 美希 (著)】


参照元はこちら

弊社内にも愛読者多数、の1冊です!

実例をもとにデザインのポイントが図解されている”楽しい”本なので、デザインを生業とする仕事をしていなくとも参考になります。たとえば資料作成などの身近な場面でもヒントになることがあり、「何を伝えたいんだっけ?」と目的に立ち返らせてくれるところも気に入っています。

紹介していただいた本を改めて見返してみると、視点も様々で面白いですね。まずは今の自分の心に刺さった1冊を、手に取ってみてはいかがでしょうか。

グッドルーム株式会社's job postings
32 Likes
32 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more