1
/
5

【ヒトカラ日記】オフィスの片隅で・・

オフィスの片隅で、何やら、においがしてきたと思ったら、メンバーたちが作業中!


ヒトカラ工務店のメンバーがお客様のオフィスで使う木のパネルに着々とニスを塗っているところを、前職ではウェディングの空間装飾をやっていたコーポレートサービス部のメンバーがお手伝い中でした♪

3月に立ち上げたばかりのヒトカラ工務店では、現在、施工監理アシスタントを大募集中!


成長著しいベンチャー・スタートアップ企業のオフィスを中心に、工事内容の見積書・工程表・収支表の作成をしたり、業者の手配、現場で工程通り進んでいるか・仕上がりの確認などをコミュニケーション取りながら行なっていきます。


コツコツと段取りや予算管理をしていった上で、空っぽのオフィスがどんどん綺麗に出来上がっていくのを見るのはとってもワクワクしますよ◎


施工監理が初めての方でも大丈夫!まずは、イチから仕事に対する理解を深めていきましょう。


◆一緒に働くメンバー
現在、ヒトカラ工務店のメンバーは、3人だけ!あなたは4人目の立ち上げメンバーです!これから自分たちで制度・カルチャーを作っていったり、創業期メンバーならではのオモシロみがあります。まずは、メンバーと一緒にざっくばらんにお話ししましょう!


◆その他
工事の都合上、土日勤務になることもありますが、平日に代休取得可能です。


◆当てはまる方は、ぜひご検討ください!
◎スケジュール調整が得意!カレンダーの管理はしっかり派
◎エクセルの簡単な操作ができる(+-×÷などの関数入力)
◎建築・インテリア・内装に興味がある
◎ものづくりが好き!プラモデルやDIYなど
◎小規模から大規模まで、様々な案件に関わりたい
◎未経験OK、学歴不問、第二新卒歓迎
◎働くときは働く!遊ぶときは遊ぶ!メリハリのある生活をしたい


エントリーは、こちらからどうぞ!

ヒトカラ工務店立ち上げメンバー
ヒトカラ工務店、立ち上げました!施工監理アシスタント大募集!
”「働く」にもっとこだわれば、組織はもっといきいきする。” 多くの人にとって切っても切れない、 「働く」という領域。 職場の近くに住み、 仕事を通して価値を生み、対価をもらう。 わたしたちの「暮らし」、ひいては 「人生」に大きく影響する領域です。 もし、多くの人にとって 「いきいき」と働ける状況が増えていけば、 世の中にもっとオモシロいことが増えていくのでは? ヒトカラメディアはそんなことを考えながら、 事業を展開しています。 ◆ミッション 「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする ◆ビジョン 「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす 上記の企業理念の下、『「らしさ」にこだわった働く場』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、働く場に関する要件定義からオフィスの選定、内装のプランニング、場合によってはワークショップの企画等まで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。 予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。 さらにコロナ禍を受けて、企業にとっての「働く場」の捉え方は大きく変わりました。リモートワークが普及し、必ずしもオフィスに毎日出社する必要がない企業も増えました。これを機にオフィスを無くし、フルリモートで働く企業も出る一方、チームを育んでいく上では一定量のリアルでのコミュニケーションは必要という声も多く挙がっています。自宅ではなかなか集中できない、いや在宅ワークがあってよかった、メンバーごとにも出てくる声は違ってくるでしょう。 コロナあるなしに関係なく、企業やチームの数だけ、「働く場」や「働き方」の最適解があるはずで、今回のコロナ禍によりその重要性がより際立つようになりました。 これは言い方を変えると「自分たちらしい働く場・働き方」を実現するということ。ここに寄り添って実現までのサポートをしていくのが、ヒトカラメディアの役目だと考えています。 集中と発散を使い分けられる。共創を生む背中押しをする仕掛けがある。カルチャーを自分ごととして感じられるシーンがある。みんなで食事を楽しめる場所がある。その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。 経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「自社らしさって何だろう?」「これから 自分たちは、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。 ◆なぜ「らしさ」にこだわるのか? その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。 また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。
株式会社ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング