「ちょっとした”家出”だった」一度は辞めたこの会社に帰ってきた私の出戻りエピソード

「今思えば、反抗期みたいな感じだったんだと思います」と笑顔を交えて振り返るのは、インターゾーンの採用広報を担当する品田真央さん(27歳)。新卒でインターゾーンに入社し、内定者アルバイトの期間を含めて2年ほど働いた後、別の会社へ転職。3年弱の期間を経て、再びインターゾーンに戻ってきたという経歴の持ち主です。

品田さんがこの会社に戻ってきた理由、そして別の会社を経験したからこそわかったインターゾーンの魅力とは?気になる品田さんの”出戻りエピソード”について聞いてみました!


「こういう創業者もいるんだ」と感じたことが入社の決め手に

―まず最初に、インターゾーンに新卒で入社した経緯を教えてください!

就職活動を始めていろいろな説明会に足を運ぶうちに、だんだん自分には大きな企業よりもベンチャーが合っていると思うようになりました。ただ、ベンチャーというと「自分も起業したい!」という熱量の高い人たちが集まるイメージがあって。私は会社を立ち上げたいわけでもないので、そこに対してのギャップも感じていました。

当時、私は群馬の大学に通っていたのですが、友達に誘われて偶然インターゾーンの説明会に参加する機会があったんです。そこで、鏡山社長の話を聞いて「群馬にもこんな面白い会社があるんだ」と感じて、受けてみることにしました。

そして、最終面接まで進んだ時に、鏡山社長から「もともと起業家になりたくて起業をしたわけではない」という話を聞いたんです。いわゆるベンチャーの野心にあふれたイメージとは違う、こういう創業者もいるんだなと思って。その社長の言葉がしっくりきて、インターゾーンで働くことを決めました。


長時間の労働で体調を崩し、周囲との温度差をうまく消化できず退職を決意

―インターゾーンから転職しようと思ったのは、どのような理由からでしたか?

私がインターゾーンを辞める前は今とは違い、長時間働いていることが当たり前な社内環境がありました。それが原因で家族とトラブルが起きたり、私自身が体調を崩してしまったりしました。私としては、会社をもっと良くしていきたいという気持ちから、帰りが夜遅くなってしまうのは仕方がないことだと思っていたし、組織が目に見えて成長していくのを見られるのは楽しいと思っていたのですが、自分とまわりの社員の姿勢に温度差を感じてしまう部分もありました。

もちろん働くモチベーションは人それぞれですが、その頃の自分にはそれがうまく消化できなかったんです。当時の私は「ネガティブな気持ちを誰かに話してはいけない」、「泣き言を言うのはカッコ悪い」という気持ちがあったので、上司や周りの人に悩みを相談することができませんでした。そういったさまざまな不調や悩みが重なったタイミングで別の会社の方から声をかけていただいたので、転職するという選択をしました。


久しぶりに会った鏡山社長から「いつでも待っているよ」の一言

―インターゾーンへの出戻りには、どのような経緯があったのでしょうか?

インターゾーンを退職してからは、大手メーカーの子会社で3年弱ほど働いていました。大企業にはベンチャーにはない良いところもたくさんありますが、働いている人たちの中には、大きな会社だから大丈夫だろうという安心しきった雰囲気がありました。それで、「本当にこのままでいいのかな」という気持ちが自分の中にずっとあったんです。

そんな中、私が結婚するという報告をFacebookに投稿した時に、鏡山社長からコメントをもらい、それをきっかけに食事へ行くことになりました。それまでまったく連絡を取っていなかったので、ちょっとした家出のような気持ちというか、どんな顔をして会ったら良いかわからなかったのですが(笑)。その時に、鏡山社長から「いつでも待っているよ」と声を掛けてもらったんです。

それから半年ほど経った頃、インターゾーンが採用広報の担当を探しているということで、鏡山社長から改めて「戻ってこないか?」という電話をもらいました。すぐには会社を辞められないタイミングだったので、その約1年後にインターゾーンへ戻ってきました。それが2018年4月のことですね。電話をもらったタイミングでインターゾーンに戻る決意をしていたので、戻ってくる前に挙げた結婚式には、無理を言って鏡山社長にも来てもらったりしていました(笑)。


戻ってきて感じたのは、会社が成長し続けることのすごさ

―インターゾーンに戻ってきて、感じたことはありましたか?

まず驚いたのは、勤務形態がとても改善されていたことです。私が辞める前は、とにかく会社にいる時間が長かったのですが、戻ってきてからは、そんなことは全くなくなっていました。きちんと定時に帰ろうとする働きかけがありますし、当時から比べると休日も増えています。組織ってこんなに変われるんだなと思いましたね。

―違う会社を経験したからこそ、実感できたインターゾーンの魅力はありますか?

会社が成長を続けているというのは、すごいことなんだと実感しました。当時はインターゾーン1社しか経験していなかったので、会社が伸びていくことが当たり前だと思っていたんです。常に新しいことにチャレンジしていく空気も、組織として当然のことだと思っていたのですが、別の会社を経験したことで、それが当たり前ではなかったんだと気付かされました。

それに、社長と直接話ができることのすごさも、この会社に戻ってきて改めて感じました。インターゾーンでは、自分から「これがやりたいです」と社長に伝えて、すぐに動き出せることも多々あります。でもそれは、会社が大きければ大きいほど難しくなるので、社長との距離の近さや、自分の裁量に任せてもらえるところは大きな魅力だと思います。


自身の経験も活かして、採用広報や人材開発に携わっていきたい

―最後に、品田さんが今後チャレンジしていきたいと考えていることを教えてください!

まず1つには、今働いているメンバーがずっと持続して働ける会社にしていきたいという思いがあります。それから、インターゾーンという会社を知ってくださった人に、いろいろな採用コンテンツを通じて「この会社に入りたい」と思ってもらえる機会を増やしたいと思っています。

私自身、会社を辞めて戻ってきた経験があるので、会社を辞めたいと思う人の気持ちも、戻りたいと思う人の気持ちも理解できます。そういう経験も活かして、インターゾーンの採用広報や人材開発に携わっていきたいです。


成長を続けるインターゾーンで共に働く仲間を募集中!

インターゾーンは勢いのあるベンチャーでありながら、働きやすく健全な職場環境をつくっています。現在、複数の職種で共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、ぜひ一度まずはお話してみませんか?

オープンポジション
インサイドセールス
Webマーケター

株式会社インターゾーン's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
392f1687 2b5b 416f a995 d212bc969665?1532656509
20638927 1595935717147363 1098113254625895224 n
F0f91163 ac96 46a5 bc2e 6feb8a68fbdd
14713701 186570748456514 4551020928261953292 n
8 Like
Anonymous
Picture?height=40&width=40
392f1687 2b5b 416f a995 d212bc969665?1532656509
20638927 1595935717147363 1098113254625895224 n
F0f91163 ac96 46a5 bc2e 6feb8a68fbdd
14713701 186570748456514 4551020928261953292 n
8 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon