現場のエンジニアが語る! 一緒に働きたいエンジニア像とは

前職は大手IT企業で研究開発職に就いていた28歳のエンジニア・横田直彦。さらなる成長機会を得られる場として、またビジョンに心から共感できる企業として、KAKEHASHを次のステージに選択。そんな横田に、一緒に働きたいと思うエンジニア像を聞いてみました。


常に成長意欲があり、そのために何らかの形で実践している行動派

私がKAKEHASHIでいっしょに働くエンジニアとして思い描いている人材像は、いくつかあります。

まず、常に成長しようとしていて、それを実際になんらかのかたちで実践している人。

私は「社内勉強会」というかたちでプロダクトの成長を後押ししていますが、やりかたは人それぞれのスタイルでいいと思います。少しずつみんなから力を借りて課題をクリアし、あるべき姿に近づいていく推進力があると嬉しいです。


職種の垣根を越えて相互に信頼、尊重しあえる環境で、自らの成長機会も創出していく

次に、職種の垣根を越えて相互に信頼、尊重しあえる人。

KAKEHASHIにはさまざまな職種のメンバーがいて、相互に活発に意見交換をしながら事業を進めています。エンジニア間だけでは完結しない課題がたくさんありますから、謙虚に相手を信頼、尊重して仕事を進められるマインドが不可欠です。

そして、患者さんや薬剤師といったユーザーの皆さまの喜びを、自分の喜びとして感じられる人。

KAKEHASHIでは2週間に1回全社定例会があり、エンジニアや営業、カスタマーサクセスなど、さまざまなチームが成果報告をします。そこでは自分がつくった機能が実際活用されていることや、新しい顧客を獲得できたことを知ることができます。そのような話を聞くことで、自分が「患者さんの医療体験を変える」というビジョンに近づいている実感をもつことができるんです。

そういった喜びを、ぜひ一緒に共感したいです。

また、医療にかかわるシステムなので、情報漏洩などには厳に防がなければなりません。高い倫理観をもって仕事に取り組むことが求められます。


KAKEHASHIで歓迎するスキルとは

そして最後は技術的な観点ですが、計算量や動的計画法などのアルゴリズムを理解し、実際にプログラムできる人。

情報系の大学などであれば最初に学ぶような基礎的な部分ではあるのですが、KAKEHASHIではこれらのスキルを歓迎します。

前編の記事では、私横田がKAKEHASHIにジョインした背景や働く環境について、後編の今回はKAKEHASHIで活躍できるエンジニア像をお話しさせていただきました。

私たちKAKEHASHIのビジョンに共感して社会的に意義の高い仕事に携わりたいと考える方、またエンジニアとしての成長機会を求める方、お気軽にご応募ください。一緒に働けることを楽しみにしています。


アプリケーションエンジニア
薬局変革の時!業界にメスを入れる!エンジニアとして業界を変えてみませんか?
◆いままでにないコンセプトのクラウド型電子薬歴「Musubi」 電子薬歴は、薬剤師が常時使用するコア業務システムです。薬剤師は、患者との会話の内容、症状の変化、副作用の有無などについて、患者ごとに記録しています。薬剤師は電子薬歴を使い、その記録を残すと同時に、過去の処方履歴を確認したり、薬の安全性のチェックなどを行います。 Musubiは従来の記録を残すだけの仕組みと異なり、薬剤師がより良い指導ができるようサポートする仕組みです。 薬剤師は患者と一緒にMusubiの画面を見ながら服薬指導を行います。その内容は自動で薬歴のドラフトとしてクラウド上に残るため、薬剤師はコミュニケーションと薬歴記入を同時に行うことができます。また、Musubiは患者の疾患・年齢・性別・アレルギー・生活習慣・検査値、さらには季節や、 過去処方や過去薬歴を参照して、ひとりひとりの患者に最適な指導内容を薬剤師に提示します。Musubiは、現場の薬剤師が目指す理想のコミュニケーションを形にする強力な支援ツールとなります。 ◆ミッションは「医療と明るい未来を繋ぐカケハシ」「医療と患者さんを繋ぐカケハシ」 現場課題を深く分析し、ウェブの技術・考え方を組み合わせることで、今までと全く異なる医療システムを提供します。イノベーティブな調剤薬局向けシステムを提供することを起点として、医療機関間の連携、医療費の増大、医療の質の不透明性などといった医療的課題の解決に向けて事業を展開していきます。 いままで参入障壁が大きくスタートアップでは入りにくかった医療の世界。その医療の課題に正面から向き合うスタートアップです。
株式会社カケハシ
株式会社カケハシ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more