1
/
5

現場の知見と失敗例をオープンにする。Rails Developers Meetup 2019 で発表した自社サービスだからこそできるコミュニティ活動。

こんにちは!株式会社キッチハイク CTOの藤崎です。

3月22日 (金) ~23日 (土) の2日間にかけて開催された、Railsコミュニティのカンファレンス、『Rails Developers Meetup 2019』。その初日に、弊社エンジニアの小川 剛が登壇しました!登壇タイトルは『7年目を迎えたRailsアプリケーションの傾向と対策、そして失敗』。小川のRailsやコミュニティ、そして開発に対する熱い想いをレポートします!


Rails Developers Meetup、通称RailsDM

今回のRailsDMのキーノート(基調講演)は、なんとRuby on Railsを作った本人であるDHHことDavid Heinemeier Hansson!リモートからオンラインで登壇されました。他にもRailsの開発に初期から関わっているJeremyや日本Rubyの会代表理事 高橋 征義さんの講演がありました。

キーノートだけでも豪華なのに、他の登壇者も Rails / Ruby の開発で著名人ばかり!会場はRailsエンジニアで満員となりました。

7年目を迎えたキッチハイク

小川の発表タイトルは「7年目を迎えたRailsアプリケーションの傾向と対策、そして失敗」です。

会場は満席になり、立ち見が出るほどでした。

世の中に現場での実例が表に出ない

この発表の背景には、小川が感じている課題感がありました。

Railsの開発お作法に沿った実例は多く公開されているが、そこから外れた(Railsなのでレールから外れると表現します)現場での実例がまだまだ少ないのではないか?

というものです。

ならば、自分でオープンにするしかない!という入りから小川の発表が始まります。

現場の知見と失敗を紹介

一般的には失敗例を社外に公開するメリットはそんなにありません。ですが、Railsの開発コミュニティに現場の知見・失敗を共有することで、コミュニティ全体に良い影響を与えるというのが小川の考えです。

落とし穴にハマった失敗例も、具体的な事例をもとに発表がありました。個人的には、この失敗例がこれから開発をする人たちにとって、とても貴重な資料になると思いました。

自分たちの取り組みを、失敗を、オープンにする。そんなRailsコミュニティへの貢献

RailsはOSSコミュニティで開発されています。OSSへの貢献と聞いて最初に思いつくのは、プログラムのコードを書くことによる貢献というのが一般的かと思いますが、小川の発表では、コードを書くこと以外でのコミュニティへの貢献が提案されました。

私たちエンジニアは先人たちの知見をもとに開発をしています。「自分たちの取り組みを、失敗を、オープンにする」こと、それが自社サービスをRailsで開発して7年目になるキッチハイクのエンジニアからの貢献の一つだと小川は考えます。

そんな小川は、これまでもキッチハイクのテックブログで、取り組みを公開してきました。

そして、登壇の最後は、今後の小川の想いが語られました。

キッチハイクの開発はOSSとそのコミュニティ無くしてはありえませんでした。

今回の登壇内容は、Speakerdeckで公開しています。ぜひ、ご覧ください!

<株式会社キッチハイクでは、現在一緒に働く仲間を募集しています!>

▼キッチハイクの働き方にフォーカスした採用動画を公開しました!▼

株式会社キッチハイクでは、一緒においしく楽しい世の中を作っていく仲間を絶賛募集中です。ぜひお問い合わせくださいね。


Railsエンジニア
食でつながる暮らしをつくるリードRailsエンジニア募集
キッチハイクは「地域の価値を拡充し、地球の未来へつなぐ」をミッションとする、「地域と人生をつなぐ、食と暮らしの発明・実装カンパニー」です。「食と暮らし」を基点に、地域と生活者のつながりを育むソリューション提供や、新たな地方創生の仕組みづくりを、事業とテクノロジーの力で実装しています。これまで全国60以上の地方自治体・官公庁とともに、関係人口を創出。 <主な事業> ■ ふるさと食体験 地域と生活者をつなぐオンライン食体験 オンラインイベントやオンライン物産展を通して地域の食や暮らしの魅力を掘り起こし、生活者との新たな関係性を生み出します。 https://kitchhike.com/ ■ 保育園留学 地域と子育て家族をつなぐ親子ワーケーション 内閣府の一時預かり事業を活用し、親子でワーケーションができるプログラムです。家族ぐるみでの超長期的な関係人口を創出します。 https://hoikuen-ryugaku.com/ ■ つながるDX 地域と関係人口をつなぐ関係人口特化型SaaS ふるさと納税や移住イベントなど、複数の関係人口リストを可視化できるシステムです。独自ロジックで1人1人とのつながりをスコア化し、定量評価します。 https://dx.kitchhike.com/ 【事業内容の詳細はこちら】 https://kitchhike.jp/business
株式会社キッチハイク
React Native
React Nativeで食べ歩きが趣味になるグルメアプリ開発
キッチハイクは「地域の価値を拡充し、地球の未来へつなぐ」をミッションとする、「地域と人生をつなぐ、食と暮らしの発明・実装カンパニー」です。「食と暮らし」を基点に、地域と生活者のつながりを育むソリューション提供や、新たな地方創生の仕組みづくりを、事業とテクノロジーの力で実装しています。これまで全国60以上の地方自治体・官公庁とともに、関係人口を創出。 <主な事業> ■ ふるさと食体験 地域と生活者をつなぐオンライン食体験 オンラインイベントやオンライン物産展を通して地域の食や暮らしの魅力を掘り起こし、生活者との新たな関係性を生み出します。 https://kitchhike.com/ ■ 保育園留学 地域と子育て家族をつなぐ親子ワーケーション 内閣府の一時預かり事業を活用し、親子でワーケーションができるプログラムです。家族ぐるみでの超長期的な関係人口を創出します。 https://hoikuen-ryugaku.com/ ■ つながるDX 地域と関係人口をつなぐ関係人口特化型SaaS ふるさと納税や移住イベントなど、複数の関係人口リストを可視化できるシステムです。独自ロジックで1人1人とのつながりをスコア化し、定量評価します。 https://dx.kitchhike.com/ 【事業内容の詳細はこちら】 https://kitchhike.jp/business
株式会社キッチハイク
フロントエンドエンジニア
デザイナーと一緒に自社サービスを成長させてくれるフロントエンドエンジニア
【2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了しました】 KitchHikeは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 KitchHikeは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「きょうは、みんなで食べよう」 料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)が集まる交流コニュニティサイト KitchHike https://kitchhike.com/ を運営しています。 ■2017年10月にMistletoe, メルカリなどから総額2億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽に上野のオフィスに遊びに来てください!
株式会社キッチハイク
フルタイムインターン
休学費用、全額負担!キッチハイクと一緒に成長したい、インターン大募集!
キッチハイクは「地域の価値を拡充し、地球の未来へつなぐ」をミッションとする、「地域と人生をつなぐ、食と暮らしの発明・実装カンパニー」です。「食と暮らし」を基点に、地域と生活者のつながりを育むソリューション提供や、新たな地方創生の仕組みづくりを、事業とテクノロジーの力で実装しています。これまで全国60以上の地方自治体・官公庁とともに、関係人口を創出。 <主な事業> ■ ふるさと食体験 地域と生活者をつなぐオンライン食体験 オンラインイベントやオンライン物産展を通して地域の食や暮らしの魅力を掘り起こし、生活者との新たな関係性を生み出します。 https://kitchhike.com/ ■ 保育園留学 地域と子育て家族をつなぐ親子ワーケーション 内閣府の一時預かり事業を活用し、親子でワーケーションができるプログラムです。家族ぐるみでの超長期的な関係人口を創出します。 https://hoikuen-ryugaku.com/ ■ つながるDX 地域と関係人口をつなぐ関係人口特化型SaaS ふるさと納税や移住イベントなど、複数の関係人口リストを可視化できるシステムです。独自ロジックで1人1人とのつながりをスコア化し、定量評価します。 https://dx.kitchhike.com/ 【事業内容の詳細はこちら】 https://kitchhike.jp/business
株式会社キッチハイク
株式会社キッチハイクでは一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社キッチハイクからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?