【スマート経営】新型コロナの影響でココが変わった!/制度編

先日リモートワークwayのご紹介をさせていただきましたが、引き続き、新型コロナの影響で変わったことをご紹介していきます!ランサーズでは以前よりリモートワーク(以下、リモート)の推奨をしていますが、緊急事態宣言後は、フルリモート化へと進化しました。

▼平日16時頃の社内の様子


どんな環境にいても変わらず自分らしく働き、成果を出せる状態を保つため、様々な制度やルールの作成、イベントのオンライン化を実施してきました。

この2ヶ月で実施したこと洗い出してみると、、なんと!合計で20個もの施策が実施されていました!

そんなたくさんの施策の中から、そねせんのスマートワークの資料を用いて、今回は「チームの生産性」と「一人ひとりの自立性」をサポートする施策をご紹介いたします。


【チームの生産性】

受電代行サービス

様々な施策の中で、とくに圧倒的スピードで社内を沸かせてくれたのは、『受電代行サービス』です!

社内にかかってくる電話の受電対応をフリーランスの方(以下ランサーさん)にお仕事として発注するという仕組みです。「フルリモートするにしても社内にかかってくる電話どうしよう…」ってどこの会社にもある悩みのひとつで、もちろんランサーズもご多分に漏れずそうでした。どうしようかと悩んでいたところ「ランサーさんに発注すればいいんじゃない?」という一言が。そんな仕事の一幕から生まれたのがこの受電代行です。困ったことを社内外人材活用することで解決する。とてもランサーズっぽい取り組みだと思います。そしてなんと今ではサービス化までしてしまいました!緊急事態宣言を受けてから作ったので、アイディアからリリースまで1ヶ月もなかったと思います。この圧倒的スピードに脱帽です・・・!

▼受電代行サービスについてはこちら
https://www.lancers.jp/assistant/plan_tel

※受電だけでなく、発信が多いメンバーの方々には携帯電話の貸与も行いました!

【一人ひとりの自立性】

パパママ支援制度

お子さん1人のご家庭に最大10万円、お子さん2人のご家庭に最大15万円までの支給を実施しました!
パパママがお仕事できないのは会社にとっても、働く本人にとっても大打撃(涙)ですよね。お子さんの学校や保育園が休校・休園になることで業務に支障が出てしまうパパママへ学童/ベビーシッター費用の補助をしました。

リモートワーク手当

自宅で作業するにもデスクがない・・・!など自宅での仕事環境が整っていない方も多くいました。そんな声に応えて、メンバーに一律3万円が支給されました。
みんな何に使ったのか、支給後のアンケートをとってみました。その結果によると、モニターとデスクを購入した方が多かったようです。中にはこんな変わったものを購入されている方もいました!

▼オンラインMTG用の高機能マイク

オンラインで声が聞こづらいのは相手に申し訳ないという思いから購入したそう。ただし、自分ではマイクを通した自分の声は聞こえないので、完全に相手のためだけだそうです(笑)

▼サンドバック

運動不足解消のために購入したそうです。運動不足解消でサンドバックという発想が面白いですよね!たまにお子さんがよじ登って遊んでいるそうです。


今回は「ひとりの自立性」「チームの生産性」をサポートする制度をご紹介させて頂きましたが、次回は、「仲間同士の信頼関係」「心のレジリエンス」について、ランサーズが大事にしていることの1つでもある社内イベントの完全オンライン化、社内コミュニケーションの課題解決方法についてご紹介したいと思います!

ランサーズ株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more