1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

クラフトビールブランド『CRAFT X』
男性用スキンケアブランド『SKIN X』
MOON-Xのビジョンは、 『日本のモノづくりを体現するブランド群を、テクノロジーを活用して世界中に提供していくことで、たくさんの人々の生活を豊かにする』 です。 日本のモノづくりを体現する高い品質の製品を、現代に合わせた形でEC・モバイル・デジタルマーケティングなどのテクノロジ活用して消費者へ届けています。 複数のカテゴリやブランドをポートフォリオとして運営することにより、様々な日本のものづくりを世界へ送り出す発射台となることを目指しています。 現在のブランドポートフォリオは以下のとおり。 ▼クラフトビールブランド『CRAFT X』 https://www.craft-x-beer.com 2020年1月ローンチ ▼男性向けスキンケア『SKIN X』 https://www.skinx-japan.com 2020年3月ローンチ ▼女性向けスキンケア『BITOKA』 https://www.bitoka-japan.com 2020年3月ローンチ これらのブランドを育てながら、新たなブランド創出も行っています。

なぜやるのか

女性向けスキンケアブランド『BITOKA』
代表の長谷川は、P&G、楽天、フェイスブックで培ったすべての経験をMOON-Xの事業に注ぎ込む
代表の長谷川がP&Gで実感した人々の生活を豊かにする「モノづくり」と、楽天・Facebookで経験したデジタル上での購買体験やプラットフォームを活用した情報発信など「テクノロジー」に大きな可能性を感じたところからスタートした企業です。 日本のモノづくりは、そこに携わる人のクラフトマンシップ・日本固有の原材料をベースに世界に通用する素晴らしいものを持っています。しかし、良いモノを作った後の情報発信や、インターネットをはじめとしたテクノロジーの有効活用に、まだまだ大きな成長機会があると考えています。日本のモノづくりとテクノロジーの融合したMOON-Xのブランド群で、人々の日常生活を豊かにする商品を創り、世界中の人々へと届けます。

どうやっているのか

オフィスは目黒の一軒家。我が家のように自由に働いています。この日はできたてのCRAFT Xビールで乾杯
日本の原材料にもこだわり、商品企画のために生産者の元へも駆けつける
MOON-Xのビジネスを推進するために、各分野で経験を積んだメンバーが集まり、一丸となって事業の立ち上げ、推進をしています。 創業から約1年が経ち、事業拡大とさらなるブランド創出に向けて、様々な職種のメンバーを新たに募集し、組織強化をするフェーズになりました。 MOON-Xの働き方で最も特徴的なことは、 『Focus on Impact』 「何時間働いた」「どれだけタスクをこなした」という点ではなく、「どれだけ成果を産み出したか」という点を重視しています。 そのため、「Extreme Flex」という働き方、つまり「Focus on Impact」な状態であれば働き方、働く場所・時間は問わない、というスタイルを採用しています。 (当然、個人プレーではなくチームワークなので一定の枠組みは存在しますし、メンバー間でお互いを尊重した上で成り立つ働き方です)