1
/
5

ユニポスはバリューの浸透+社内交流や他のメンバーを知るきっかけに!

こんにちは、株式会社マイベストのインターン生、太田です。

今回は弊社がバリューの浸透を目的として導入しているピアボーナス制度、Unipos(ユニポス)について紹介したいと思います。

比較的新しい制度ですので、「ピアボーナスってどんな制度なの?」「あまりイメージがわかない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では弊社メンバーへのインタビューも交えて紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください!

※弊社のバリューについてはコーポレートサイトを、導入の経緯については関連記事をご覧ください。

株式会社マイベスト|コーポレートサイト
マイベストのビジョンは「ユーザーの生活を豊かにする」です。そのビジョンを達成すべく、「mybest」というサービスを運営しています。mybestは「選ぶ」という領域の課題を解決したいと考えているサービスで、インターネットを使った選択行動がもっと楽しく・もっとカンタンになるような世界を実現したいと考えています。 今のインターネットは、信頼できない情報やステマなどの嘘に溢れているよう考えています。インターネットを使って、買うモノや使うサービスなど、何かを選ぶことは多くなっています。しかし信頼性に不安がある情報
https://my-best.com/company


月に一度の表彰式でMVPを発表-マイベストではユニポスをこんな風に活用しています!

表彰式でのギフト発表。この時は受賞者が料理好きということで、調味料と料理グッズを贈呈しました。

そもそもピアボーナスとは?

ピアボーナスは社員がお互いを評価する制度としてGoogleが取り入れていることから話題となり、ベンチャー企業を中心に徐々に広がっている相互評価制度です。

上司も部下も関係なく全てのメンバー同士で評価し合うことができ、ピアは”メンバー”を、ボーナスは”報酬”を意味しています。報酬の形は企業によって様々ですが、メンバーに評価されればされるほど給料とは別で報酬をもらえることがメンバーのモチベーション向上に繋がると期待されています。

そして、マイベストではいくつかあるピアボーナスサービスの中でも”ユニポス”というサービスを利用しています。

【ユニポスの特徴】
・メンバーに贈るポイントを各自で決めてメッセージと共に送信
・メッセージに共感したメンバーもポイントを贈ることができる

マイベストではポイント数による表彰を行なっています!

マイベストでのピアボーナス制度は弊社が掲げている「誠実でいよう(Integrity)・協力し合おう(Cooperation)・ストイックにやろう(Stoic)」という3つのバリューに加え、「Thanks」を含めた計4つのハッシュタグから一つを選んでユニポスのポイントを贈ることができます。

▼実際の投稿がこちら

半期MVP受賞者である伊藤さんの投稿。ちなみにこのプロジェクターというのは表彰式のギフトで贈ったホームプロジェクターのことです。

マイベストでは月に一度全社会を開催していて、その際にユニポスの表彰式を行なっています。

表彰式では、指定の期間内で最もポイントを贈られた人にMVP、各バリューを最も体現した人にはバリュー賞、そして人事部が入社3ヶ月以内の社員から選定した人に新人賞が贈られます。

【表彰される項目】
・半期MVP
・月間MVP
・新人賞
・バリュー賞

月に一度の全社会でそれぞれの賞に応じた金額分の商品と共に受賞者を発表し、メンバーの努力や成果を称賛しています。また、贈られる商品は受賞者の趣味や近況を考慮して人事部が選定するので、発表されるまで何がもらえるか分からないというちょっとしたサプライズ。

より働きやすい環境を整えるために、人事部も試行錯誤しています。

社内交流やメンバーを知るきっかけにも!-MVP獲得社員に聞いた「ユニポスって実際どう?」

海外事業部で中国チームとベトナムチームのマネージャーを兼任している伊藤さん。同事業部の採用も担当していて、マイベストに欠かせない存在です。

今回は2019年10月〜2020年3月の半期MVPに選ばれた海外事業部の伊藤さんにお話を伺いました!積極的にユニポスを活用している伊藤さんは普段どのような時にポイントを贈り、どのような効果を実感しているのでしょうか。

ーーよろしくお願いします!早速ですが、伊藤さんはどんな時にユニポスを利用していますか?

よろしくお願いします!マイベストでは3つのバリュー+Thanksのハッシュタグを付けてユニポスのポイントを贈ることができるので、必然的にそれに関連した出来事に対して贈ります。私の担当業務はいろいろなメンバーに協力してもらいながら進める内容が多いので、ありがとうの気持ちを込めて贈ることが多い気がします。

あとは感動したこととかでしょうか。その人にとって当たり前でも、私にとっては嬉しかったことなどですね。マイベストはバリューに沿った行動をナチュラルにしている人が本当に多い会社だと感じています。

---確かに、伊藤さんはよく感謝の言葉を送っている印象があります。バリューの浸透だけでなく、モチベーション面にも効果がありそうですね。

やっぱり感謝や称賛の言葉を贈られるのは純粋に嬉しいですよね。それだけじゃなくて、他のメンバーを知るきっかけにもなっていると感じています。

例えば「ユニポスのポイントを贈った人はそういう視点で感謝や感動を感じたんだ」とか、「贈られた人はそういうところで心遣いや活躍をしているのか!」といった風に、いつも交流がない部署やチームのメンバーについて知れる機会になっているのかなと。

また、ポイントを贈ったことがきっかけで声をかけてもらうこともあって、そういうときは嬉しいです。特に部署をまたいだ投稿は、それをきっかけによく話すようになったり、ランチや飲みに行ったりしたこともあります。

ランチイベント「DEL」の一コマ。伊藤さんは普段から他のメンバーと積極的にコミュニケーションを取っていて、僕が会社でお会いする時も必ず話しかけてくれます。

ーーとても有効に活用している印象を受けたのですが、伊藤さんがポイントを贈る際に何か意識していることはありますか?

仕事をしていると、嬉しかったり感動したり、「ありがとう」と思う瞬間って誰にでもあるじゃないですか。そんな気持ちやアクションに対して単純に「いいね!」と感じたことにユニポスのポイントを贈れたらいいなと思っています。「いいね!」って思うことが多いと贈り忘れちゃうこともたくさんあるんですけど(笑)

ユニポスでのやりとりはポジティブな発言や言葉が多く使われているので、贈った人・贈られた人だけでなく、そのポストを見た人もハッピーになるといいなと思っています。良い言葉は人に良い影響を与えると信じています!

---シンプルでとても大事なことですね。ユニポスを上手く活用していくために、何かアイデアがあれば教えてください!

「特別なことがないと贈れない…」と思っている人もいるかもしれませんが、まずは自分が感じた素直な気持ちを伝えるツールとして使ってもらえたらいいなと思います。

だって毎週一定のポイントを会社が付与してくれて、誰かに気持ちを伝えるときにそのポイントが贈れるなんて得しかないじゃないですか(笑)

---ありがとうございました。自分自身が「特別なことがあれば贈ろう」と思っていたので、とても参考になりました!


これからもユニポスを使ってマイベストのバリュー浸透に!

マイベストが導入しているピアボーナス制度、ユニポスについてご理解いただけたでしょうか?

ピアボーナス制度はメンバーの見えづらい努力や会社にとってプラスになる行動を誰でも評価できる制度です。弊社のユニポス運用にはまだ課題点もありますが、改善を続けて今以上にバリューの浸透と業務環境改善に努めたいと思います。

マイベストには他にもユニークな制度やイベントがたくさんあり、メンバーがより働きやすくなるよう日々改善を続けています。「会社についてもっと詳しく知りたい!」「どんな人が働いているの?」と興味をお持ちいただけた方はぜひ他の記事も読んでみてください!


合わせて読んでいただきたい記事

株式会社マイベスト's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more