1
/
5

圧倒的成長が実現できる場所!起業を志す学生が語るNateeインターンの魅力とは。

今回お話をお伺いするのは、広告運用コンサルタントのインターン生である根岸 崇太(ねぎし しゅうた)さんです。

現在慶應義塾大学商学部に在学中。2021年11月にインターン生としてNateeに入社し広告運用コンサルタントを担当。その後現在まで広告運用コンサルタントチームの一員として、学生とは思えないほどの高いパフォーマンスを生み出すことに貢献しています。

起業を目指す根岸さんが語るNateeインターンの強みに迫ります。


【圧倒的な力を身につけるならNatee】

ーー根岸さん、本日はよろしくお願いします!まず初めに、根岸さんが長期インターンを始めようと思ったのはどういった理由からだったのでしょうか?

大学3年生の夏にサマーインターンに何社か参加させてもらったのですが、そこであまり仕事と呼べる実務に関われずに、やるせなさを感じたのがきっかけですね。

あくまで1人の学生としてしか見てもらえず、実際の仕事の本質まではわかりませんでした。そうしたこともあって裁量権の大きい仕事をさせてもらえる長期インターンを探しました。

あとこれは自分のキャリアとも関わるのですが、起業したいという思いがあったため、成長している会社がどのように大きくなっていくのかといったことを見てみたいという思いもありましたね。加えて、そうした会社の一員として働くことは今後の人生においても大きな財産になると思いました。


ーー社会に早く出たいという想いからインターンを始められたんですね。数ある企業の中からなぜNateeを選んだのでしょうか?

理由は2つありまして、1つは新しいことへの感度が高かったからです。

NateeはTikTokという媒体が市場未発達の頃から張っていて、その第一線で活躍しているところに魅力を感じました。やはり、そういったトレンドや新しいものへのアンテナが優れている方と一緒に働いてみたいなと思いましたね。

もう1つはクリエイターエコノミーという分野に踏み込んでみたかったからです。

私自身起業したいという夢以外にも、お笑い芸人になりたいという夢もあるんですよね。

そうした夢があるからか、クリエイターさんの方々のような夢を追う人の力になれる仕事や、そうした方々を支えていく経済的な土台を創っていく仕事にとても魅力を感じました。


【1から自分で創れる仕事を】

ーーでは実際にNateeではどのようなお仕事をなさっているのでしょうか?

広告運用コンサルタントという立場ですので、運用型広告案件におけるクリエイティブ戦略を作るところが仕事の一番初めの部分になります。

そうして策定したWhat to Sayの戦略に基づいて、それらを訴求するための台本を考え、その台本を元にクリエイターさんに動画を作っていただくようディレクションしていくのが次の段階です。

最後の段階では、作ってもらった動画をチェックしてクライアント様にお渡しし、OKがもらえたら、それぞれの媒体に配信するといった流れです。

その後も広告運用者として、数値を追ったり、色々な指標を動かしていって、クライアント様にさらなる価値を生み出していくためにPDCAを回していきます。


ーー実際にNateeで働いてみて一番やりがいがあったり、おもしろいと感じたりしたことはなんですか?

自分で1から作った広告が配信されて数字として結果に出ることにとてもやりがいを感じますね。

色々な数字が随時出てくるため、その数字を見て何が悪かったのか考えて改善して、それがまた数字になって反映されるというのは面白いです。この一連のプロセス全てに関われるのは広告運用コンサルタントならではの魅力なのかなと感じます。

マニュアルのようなものが無いため大変な部分もありますが、その分自分で試行錯誤を繰り返しながら形作っていくことも魅力の1つかなと思います。


ーーNateeで働いて約5ヶ月が経ちますが、インターンを通じて身についたスキルがありましたら教えていただきたいです!

1番は数字を見る力ですね。

さきほどの業務内容の部分とも重なるのですが、そうした数字を見て原因となるものを探す力が身についたと思います。こうした定量的なものから定性的な考えに持っていくことはこの先どのような職種に就くかに関わらず、必要な力になってくるのではないかなと思います。

他にも、自主的に動く力が身についたと思います。

やはりアルバイトとは違って、受動的になっていたら何もできないと言いますか、自主的に動くからこそ得られる経験や力があるかなと思います。

私自身もマネージャーランニングと呼んでいますが、上司の方を自分からランチに誘って色々な話をしたり、コミュニケーションを取ったりすることを意識的に行っています。


ーー長期インターンを経験して良かったと思うことはありますか?

早いうちから社会がどのようなものかを知れるという点はすごく良いことなのかなと思います。

就活前の大学1,2年生の方であれば、自分にどのような仕事が合っているのかや、仕事の好き嫌いや得意不得意もわかると思います。価値観が決まってくればその分就活もやりやすくなるのではないかなと思います。

入社後、実務に比較的早くから関われたことも良かったなと思います。2~3週間目あたりからはもう自分で判断して動けることも増えてくるので、働くってこういうことなんだというのを早くから実感できると思います。


【人との出会いから成長を】

ーー実際にNateeでの勤務時間や勤務形態について教えていただきたいです。

基本的にはリモートワークで週に1回出社日があります。

平日は1日8時間くらいの勤務で、土日も運用調整があるので1,2時間程度は勤務しています。

ただこうした勤務形態も固定ではないので、融通は効くかなと思います。

私自身もオンライン授業がある大学生活との両立はそこまで難しくはなかった印象です。


ーーこれからNateeではどのような方と一緒に働いていきたいですか?

僕個人の話になってしまいますが、素直な方と一緒に働いていきたいです。

わからないことはわからないと聞いてくれる、色々なことを質問してくれる、自主的な気持ちを持った面倒を見たくなるような後輩が来てくれたらすごく嬉しいです。

別の観点ですと、何か1つのことに特化した人と働きたいなと思います。

なんでも良いのですが、例えば論理的思考力がものすごく高いとか、コミュニケーション能力が高くて人の懐に入るのがものすごく上手な人とか、そんなすごい人に入ってきてほしいです。そうした才能がある人と一緒に働くことで自分もさらに成長していきたいなと考えています。


ーー今後インターンとして入社することになる方へ一言お願いします!

頑張れる人なら誰でも大歓迎です!

私自身も頑張れる人と一緒に働くことができれば、さらに頑張ろうと思えますし、その心意気が自身の成長にも大きく繋がると思います。

まだ大きな会社ではないため、インターンの方でもかなりの額のお金を扱う裁量権の大きな仕事ができます。自分で何かを作り上げたい人、成長したい人と一緒に働けることを楽しみにしています。


Photo by Kaito Kobayashi

株式会社Nateeでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング