恋愛するように採用したい!!そのために大切にしている5つポイント

こんにちは!

株式会社Nexceedの大川です。


今回のテーマは、

「採用」と「恋愛」です。


Nexceedでは、全ての従業員が採用チームに所属し、採用に関わる業務を全員で行っています。

また何の業務であれ、Nexceedで求められるのは常に「理想」です。

働き方、仕事、プロセス、成果など、全てにおいて「理想」が求められ、時にはこれまでの常識を覆し、再定義し直すことが求められます。

つまりこの採用チームのミッションの1つとして、お互いにとって理想的な採用とは何か?を探求し続けています。


よく「就職」を「結婚」に例えることは多いと思いますが、現代の採用活動そのものは「お見合い結婚」に近いのではないでしょうか?

また、どちらが男性でどちらが女性かわかりませんが、企業と求職者が「お見合い」で結婚し、共に夫婦生活を営んでいく。

仮に企業側を男性とするなら、一夫多妻制という構図になるのでしょうか。

それはさておき・・・

ほんの数回、顔合わせをした好きかどうかも分からない相手と生涯連れ添うことは、履歴書と表面上の面接で採用され一生そこで働き続けるという終身雇用制度を彷彿とさせますよね。

実際私も、採用に対して同様のイメージを持っていた一人でした。


しかしながら、NexceedでWantedlyによる理想的な採用活動の一端を担わせてもらっている中で、

「採用」=「恋愛」である

と再定義した方が、今の時代に合っていると思うようになりました。

オールドスクールな採用は、それなりの良さもある反面、自由さに欠ける堅苦しいものだと感じます。

それに対し、私達Nexceedで定義した採用活動は「採用」は、自由な「恋愛」そのものです。

その恋愛に似た採用活動を行うための5つのポイントををまとめてみました。


1.大切なのは「ありのまま」

恋人を見つけるツールとして、マッチングアプリなどのサービスが一般的になってきました。

こういった類のものは、相手のプロフィールを見たりメッセージをやり取りしたりして、顔合わせをする前に相手を知る機会があるものが多いかと思います。

このとき、相手の経歴や趣味が偽ったものであり、会ってみたら全然違う人だった、なんてことになったらどうでしょうか。(往々にしてあるとは思います)

そうやって自分を良い方に取り繕う人なんて信用できないし、お付き合いをしたいとは思えないですよね。仮に付き合ったとしても楽しいのは最初だけ、長くは続かないのが世の理です。



これは採用にも言えることだと思います。

履歴書やWantedlyのプロフィール欄に、嘘偽りを記すような人と、一緒に働きたいと思いますか?

少なくとも私達Nexceedのメンバーは嫌がります。

その段階で言葉と事実が一致させられない人が、仕事をした時に言葉と行動が一致すると思えないからです。

採用される側は、採用されたいがための苦肉の策なのかもしれませんが、Nexceedで見たいのは世間一般的に良いとされている姿よりもその人のありのままの姿です。

もちろん、Nexceed側もできるだけありのままの情報を発信できるように努めています。


ありのままを良いと思って採用・お付き合いができれば、その後の関係も長く続くことになる可能性が高いです。

恋愛においても採用においても、できるだけ素を顕にすることがとても大切なのです。

だから、Nexceedに来てくれる方は、気取らずいつもどおりの自分を見せてくださいね。


2.まずは会わなきゃわからない

先にお話したとおり、紙面上やSNS上で自分を良く見せようとするのは簡単です。

しかし、実際に会って、一緒に食事をしてみたら、どうでしょうか?

誰かと一緒にご飯を食べているときは、楽しいという気持ちの方が大きくなるので、自分を取り繕おうとすることなんて忘れてしまうのではないかと思います。

だから、食事中の会話はその人の素の部分が垣間見えることが多いのです。


恋愛では、付き合う前に何回か一緒に食事に行ったり飲みに行ったりするというのは定石ですよね。

そうすることで、付き合う前に自分と合うかどうかのフィルターになるし、効果的に距離を縮めることができます。

私自身も、今お付き合いしている人とは付き合う前に何回も二人でご飯に行きました。その時に、恋愛観から仕事観までいろんなことを話して、その人の人柄を知ることができました。


採用においても、良い繋がりを持ちたければ、まずは一緒に食事しながらお話しましょう!というのが私達からの提案です。

お付き合いする前にご飯デートを重ねるのと同じように、採用に至る前にNexceedとのご飯デートにお付き合い頂きたいのです。


3.思いを伝える

意中の人と本格的にお付き合いをしたいと思ったら、その人にその思いを伝えますよね。

伝える手段としては、直接・電話・LINE・手紙等、様々なものが挙げられます。

いずれにしても大好きな相手に告白するんですから、言葉を慎重に選んで、できるだけ自分の思いが相手に伝わるようにたくさん悩むことでしょう。


では、Wantedlyのスカウト機能を使うとき、どのようにメッセージを送りますか?

相手がどんな人であれ、テンプレート文を用意しておいて全く同じメッセージを送る、なんて人も多いのではないでしょうか。

実際私自身も、そうやってずっとそうやってスカウトを送ってきました。

しかし、「採用」=「恋愛」であるということを考えたときに、それではスカウト対象は振り向くわけがないということに気づいたんです。


だって、大好きな人にラブレターを送るとき、元カレ元カノに使った文をコピペして使うなんてこと絶対しませんよね。

スカウトだってそれと同じ、その人に全力で思いを伝えることが大事なのです。


4.覚悟が必要

軽い気持ちで、嫌なことがあったらすぐ別れちゃえばいいや、みたいな体で始めたお付き合いがずっと上手くいくなんてことは基本的に稀です。

軽い恋愛をしたいという人はそれはそれで構わないのですが、結婚までも見据えて、長く素敵な関係を築いていきたいと思うならば、それでは覚悟が足りません。

その覚悟とは、長いお付き合いをするという前提で、その人を何があっても信頼し続け、悪いところが見えてもその人の良さを忘れずに側に居続けるという覚悟です。

この覚悟をした上でお付き合いして、相手とぶつかったりいろいろな改善策を試した末にやっぱりうまくいかないということはもちろんあっても良いと思います。

しかし、これがない上には良い恋愛は成り立たないのではないか、というのが個人的な見解です。

これもまた、採用にも落とし込むことができます。

使えなければすぐにクビにすればいい、そんな心構えで人を採用することは間違っていると思います。

同様に、合わなければすぐ辞めちゃえばいいという体で雇ってもらうのもまた、賛同できることではありません。

採用する側は、相手のことをある程度知った上で、この人をずっと信頼し続けることができる!と自信を持って言える人を採ることが理想です。そうやって採った人材が思ったより出来が悪くても、そこで簡単に見捨てずに、その人の成長のための策を尽くすことができるというのがベストだと思います。

採用される側は、その信頼を受けて採用されたということを自覚し、そこに信用を重ねていけるように努めることができれば、とても素敵です。


5.「良い」お付き合いができるかどうかが大事

告白してお付き合いするに至ることは、決してゴールではありません。

大事なのはその先です。

付き合ってから喧嘩ばかりしているとか、付き合い始めのときめきしか楽しむことができなかったとかになると、せっかく頑張って告白していたとしても意味がありません。

相手のことを思いやって、一緒にいればいるほど相手のことをもっと好きになれる。

そんなお付き合いができたら、とても素敵だと思いませんか?

採用もまた然り。

人を採用すること自体が目的ではないのです。

面接の時にどんな素晴らしいおもてなしをして心を掴もうとするよりも、採用した人と職場でいい刺激を与え合いながら一緒に働くことの方がずっと大切です。

「良い」お付き合いを続けていくことができるか、という観点で考えると、自ずとどんな人と一緒に居たい・働きたいかということが見えてくるのではないかと思います。

「採用」=「恋愛」と言いつつも、「良い」お付き合いの末にNexceedと「結婚」したいと思ってもらえることが一番理想的です。


まとめ

このフィードで、恋愛と採用は通じるものだということをお話してきました。

恋愛してるときって、普通わくわくしますよね。好きな人のことを考えるだけで嬉しくなるとか。

詰まるところ、採用も同じなのではないでしょうか。

是非一緒に働きたい!という人・あるいは企業にアプローチをかけたり、告白(スカウト)の方法を模索したり。それって恋愛のように楽しいことだと感じてます。

無論今までの採用活動では、振られることもあったし、長く続かないことも多々ありました。

だから、こうして言うほど簡単なことではないのですが、採用活動、そしてその先の付き合いを、恋愛のように楽しむことが私達Nexceedの理想の採用の形です。


今現在転職活動や就職活動をしている・副業を探しているみなさんへ、

是非Nexceedと素敵な「恋愛」をしませんか?

ゆくゆくは「結婚」してもらえるとなお嬉しいです。

株式会社Nexceed's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more