1
/
5

【新入社員:デザイナー】これまで働き方や職場環境でもやもやしてきた人にこそ、ニジボックスをおすすめしたい

ニジボックスの新人メンバーに話を聞く、インタビュー企画!今回は、昨年の9月に入社し、『ゼクシィ』でWebデザイナーとして活躍している林さんです。
これまで3社の企業でデザイン制作を行ってきた林さんが、働きやすさを求めてたどり着いたのがニジボックスでした。今回はそんな林さんに、ニジボックスを選んだ理由や、リモートでの働き方、仕事のやりがいなどを伺いました。

「ここでなら楽しく働けそう!」私が求めていた働き方は、ニジボックスにあった!

--ニジボックスに転職しようと思ったきっかけ、経緯を教えてください。

これまで3社で働いてきて「次こそは長く働ける会社に勤めたいな」と思い、昨年転職活動を始めました。私が、長く働ける会社の条件として考えていたのは、ワークライフバランスが整い、リモートワークの制度もしっかりと根付いていて、プライベートの時間もきちんと取れることです。そういう点で、ニジボックスはとても魅力的でした。
また、これまで受託制作の会社で働いてきたので、自分たちのサービスとして責任を持って事業を育てていける点で、事業会社にも興味がありました。ニジボックスは、リクルートグループの会社なので、リクルートが運営するサービスを中から育てていく事業会社としての仕事もできますし、さまざまな大手企業のクライアントワークもできる会社です。両方経験できる環境であることも、ニジボックスがいいなと思った理由の一つですね。最終的に3社から内定をいただきましたが、「ここでなら楽しく働けそう!」と思い、ニジボックスに決めました。

--「ここでなら楽しく働けそう!」と思った理由は、何でしたか?

入社前に、一緒に働くことになる社員の方達とオンラインでお話をする機会があったんです。その時、みなさんすごく話しやすくて、雰囲気が自分に合っているなと感じました。いかにストレスなく、スムーズに仕事を進めていくかについてを、メンバーそれぞれが真剣に考えていることに共感しました、自分がこの会社で長く働き続けていくビジョンも目に浮かんだんです。

--その他に入社の決め手となったポイントがあれば、教えてください。

転職活動の面接では、必ず私から面接官の方に「会社の好きなところは、どこですか?おすすめのポイントを教えてください!」と聞くようにしています(笑)。
複数社受けた中で、ニジボックスの返答がとても共感したんです。「メンバーそれぞれが会社を良くしようという思いを持っていて、ボトムアップの文化があるところがニジボックスのいいところ」と答えていただいたと思います。そのお話を伺って「こういう会社って、いいな」と思いましたし、何よりその方ご自身がニジボックスのことが大好きなんだなと感じました。

自分が制作したものの結果が数字で返ってきて、改善していける。自社サービスならではのやりがい。

--現在、林さんはどのような業務を担当していますか?

リクルートが運営するサービスのグロースやエンハンスを行うWebデザイナーとして働いています。日々、検証しながらデザインをして、改善していくという業務が主な仕事です。メイン業務に加えて、数年がかりの大きなプロジェクトにもアサインしていただいています。また、現場のメンバーが作業を進めていくためのサポートもさせてもらっています。

--入社半年で、大活躍ですね!楽しさややりがいを感じるのは、どんな時ですか?

これまでは受託制作の企業に勤めていたので、クライアントから要望を受けてその通りにデザインするという仕事が多かったんです。当然、ユーザーにとって最適とは思えないデザインのものを納品することになる歯痒さを感じることもありました。でも今は、そういった思いをすることは無くなりましたね。
自社サービスであることはもちろんですが、歴史ある大規模なサービスでありながら、どんなに細かなところもしっかりと一つ一つ検証して、改善していくことができます。自分のデザインしたものがどうだったのかという結果もしっかりと数字で追うことができるので、そのことがやりがいにつながっています。

リモートでも働きやすい、いつでも相談しやすい!長く働ける環境がここにはある。

--ニジボックスに入社してみて、いいなと感じているところを教えてください。

ニジボックスのチームメンバーが制作物について相互レビューをする機会が定期的にあるのですが、これがとてもありがたいです。「これはこういう意図で作ったんですけど、どう思いますか?」と気軽に相談することができて、在籍期間に関係なくコミュニケーションしやすい環境だと思います。
その他にも、何でも相談できる雑談会があったり、自分の所属するグループに限らず横断的なナレッジシェアの機会もあったりして、スキル向上のためのインプットもすることができますし、精神的にもすごく働きやすいなと感じています。リモートワーク中心なので対面でメンバーとお話することはほとんどありませんが、一度も孤独を感じたことはないですし、とても楽しく仕事ができています。

--入社前と入社後でギャップを感じたところ、驚いたところはありますか?

労働時間の管理が徹底していることに驚きました!制作会社って、けっこう夜遅くまで残業しているイメージがありますよね。でも、ニジボックスは基本的には定時で業務を終えることが多いです。労働時間の管理がしっかりしていることは入社前に聞いていたものの、「本当にそうなのかな?」とも思っていたので。面接で「定時に上がっているよ」と言われても、実情はそうではない会社って、あるじゃないですか(笑)。でも、ニジボックスはみんな本当に定時で上がっていくんです。もちろん、一時的に大変になる場合もありますが、それが常態化することはない印象です。大変そうなメンバーがいるとみんなでフォローし、なるべく全員で定時に上がれるような雰囲気づくりをしています。また組織的にも、労働時間が長くなっているメンバーがいたら、マネジャーやグループリーダーが声をかけてくださり、一緒に業務状況を確認しながら、改善できるように考えてくれるので安心感があります。

これまで働き方や職場環境でもやもやしてきた人にこそ、ニジボックスをおすすめしたい。

--今後注力していきたいこと、挑戦したいことを教えてください。

デザイナーとしてもっと知識を身につけて、スキルを磨いて、一人前のデザイナーとしてもっと活躍できるようになっていきたいです。
また、先ほどもお話ししたのですが、現場のWebデザイナーのリーディングをサポートさせていただくことになったんです。まだまだいたらないところはありますが、チームの期待に応えられるように、楽しみつつ頑張っていきたいと思っています。

--最後に、転職を考えている方へメッセージをお願いします!

この記事を読んでくださっている方の中には「UIの知見がないから不安だな」と、感じている方もいると思います。私もそんなふうに悩んでいた一人でした。でも、ニジボックスは入社してからも勉強して知見を深めていける環境がありますし、スキルを磨いていける機会もあります。チームの受け入れ態勢が整っているところも多く、新人さんをサポートする体制もしっかりしていると思います。心配せずに飛び込んできて欲しいです。
それから、ニジボックスはメンバーがお互いに気持ちよく働こうと心がけている職場だと思います。働き方や仕事に関するアイデアを誰かに話すと、誰かしら「それ、いいね!やろうよ!」と言ってくれるんです。これまで職場環境やワークスタイルで悩んだり、苦労してきたりした方にぜひおすすめしたい会社です。楽しく、長く働ける場所を探している方はぜひ一緒に働きましょう!

株式会社ニジボックスでは一緒に働く仲間を募集しています
28 いいね!
28 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング