【インタビュー】未来のテクノロジーの研究開発!R&D室の素顔にせまる

こんにちは!オズビジョンの不破です。

今回は、オズビジョンで未来のテクノロジーの研究開発している、R&D室のご紹介!

R&D室の入江さん、後藤さん、岩橋さんにお話を伺ってきました。


ーオズビジョンのR&D室について教えてください!

オズビジョンはインターネットサービスの自社開発/運営をしている会社で、いつものお買い物でポイントがたまるポイントサービス【ハピタス】と、眠ってるいろんなポイントをまとめて好きなお店で使えるプリペイドカードの【pollet】というサービスを提供しています。オズビジョンのサービスで1000億円の流通があり、ユーザーさんも270万人を超えています。

オズビジョンのR&D室では、更に多くの人にオズビジョンのサービスを利用してもらえるよう、自社のデータとテクノロジーによって、あたらしい価値を実装することを担っています。既存サービスだけでなく、新しいサービス開発に向けた社会課題や最新技術の研究開発をしています。

ーーーーーーーーーー

データエンジニア
流通1,000億円の購買データを一緒に研究開発!データエンジニア募集!!
■運営サービス 【ハピタス(Hapitas)】 私たちオズビジョンは、いつものお買い物がポイントや新しいショップとの出会いによって楽しいものになることを目指し、ポイントサービス「ハピタス」を運営してきました。 現在は会員数270万人を突破、年間1,000億円もの流通を生み出すサービスになり、まだまだ成長を続けています。 【ポレット(Pollet)】 様々なポイントやビットコイン、アフィリエイト報酬などをチャージすることが可能なアプリ及び、Visaプリペイドカードです。 ポレットにチャージすることで、これまで眠っていた資産や、金融機関への振込みが必要だったものが、アプリから数タップで世界中のVisa加盟店で使えるようになります。 ■企業文化について 私達が最も大切にしていることは、「人の幸せに貢献し、自己実現する集団で在る」という企業理念です。幸せという人にとって最も価値あることへの貢献を通じて、自分の可能性を最大限発揮し、具現化する集団で在ることが私たちオズビジョンです。 私たちは2つの大きなビジョンを掲げています。 「1,000万人規模の国内メジャーサービスを生み出す」 「世界に向けたグローバルサービスを生み出す」 日々の暮らしの中で当たり前のように使われるサービスを生み出し、人の幸せに貢献したい。壮大なビジョンは笑い話に聞こえるかもしれませんが、本気で実現したいと思う仲間とともに全力で挑戦をしたいと考えています。
株式会社オズビジョン

ーーーーーーーーーー

ーえっ、どんな研究開発をしてるんですか?
入江:
最近では、270万人の会員にご利用いただいているサービスから日々生み出される大量のデータを扱う基盤技術と、多様なデータを活用した新たな技術の研究開発に取り組んでいます。
技術領域は、AI、ブロックチェーン、与信です。12年間運営してきた自社サービスなのでデータも大量にあって、可能性は無限大です!

ー自社開発ならではですね!

デイリースクラムもスプリントもないスピード感

ーどんなふうに開発してるんですか?

入江:最初にサービスやユーザーさんの課題を調査して、研究テーマを立てています。
あとはエンジニアの後藤さんを中心に開発計画をたてて、みんなで技術調査をし、いろいろ試しながら開発をしています。

ーどのくらいのスプリントでまわしているんですか?

後藤:スプリントはありませんね。

ーえっ。朝会や夕会などのデイリースクラムで進捗を確認したり?

後藤:デイリースクラムもありません。

ーえええっ。そうなの?

後藤:なんなら、バーンダウンチャートも、PBL(プロダクトバックログ)もありません!

ーええええええっ。なんで?

後藤:というのも、私たちは、1週間や2週間の単位で決められた作業のような、何かができる、できない、みたいなプロセスでは仕事をしていません。できるかどうかやってみて、明日とか、明後日にはすぐに方針を変える必要があるので、その都度です。

大事なことはペアプロで。エクストリームプログラミング!

ーそんなスピード感が求められる開発ってどうやるんですか?

後藤:だいたい、週に3~4日の10~15時 5時間は岩橋さんとペアプロで開発しています。そして残りの1日はなるべく技術の調査に当てるようにしています。

ーえ。そんな毎日のようにペアプロってるんですか!ペアプロって、研修とかでやるやつでは?

後藤:確かに、研修やスキル目的のペアプロもあるけど、私たちのは、エクストリームプログラミングの考え方ですね。元々は、ケント・ベックさんがC++などの大規模開発で提唱してらっしゃったものです。

エクストリーム・プログラミングXP: extreme programming)は、ケント・ベックらによって定式化され、提唱されているソフトウェア開発手法である。柔軟性の高い開発手法であるため、難易度の高い開発やビジネス上の要求が刻々と変わるような状況に向いた開発手法である。事前計画よりも柔軟性を重視する。1999年に書籍『XPエクストリーム・プログラミング入門―ソフトウェア開発の究極の手法』によって発表された。

ーエクストリームプログラミング!響きがかっこいい!どんないいことがあるんですか


後藤:
そうですね。
「ここはこう書いているんだ、なるほど」
「ここ、そんな風に書いたらバグじゃないすか」
「こういうメソッドの書き方のほうがいいっすよ」
みたいなことを、お互いに言い合えるのがいいところです。

どんな優秀な人でも、僕の考えていることと違ってたら悲劇が起こる。なにかトラブルが起きたときに、「お前のドキュメントがクソ。」と言い合うのは建設的ではないと思いますので。

ただ、コードのスキルをお互いに見るのではなくて、いっしょに話し合って決めながら、マインドや価値観のすり合わせをしているような状態です。会議室で全員がディスカッションしてるみたいなイメージ。

デイリースクラムとかないぶん、コミュニケーションが少ないと思われるかもしれないですが、実はコミュニケーションの頻度はとても高いですね。

ペアプロはジャズセッション

ーペアプロはコミュニケーションなんですね!

後藤:そうそう、ペアプロはジャズのセッションにも似ているんです。

ーペアプロはジャズセッション?!その心は?

後藤:以前、バイオリンをジャズバンドでやってたんだけど、人が見ているといういい緊張感で、いい音楽が生まれる。岩橋さんに見てもらってて、セッションしているような気持ちになれます。ペアプロはフリーインプロビゼーションでもあるんだ。

ー即興の演奏ってことでしょうか。岩橋さんにとってのペアプロは?

岩橋:経験豊かな後藤さんとペアプロをやることは、とても勉強になることが多いです。あと、自分じゃない人の画面を見るの面白くて。コードの向こうの、思考のプロセスが見れるなと。

できあがった100行のアウトプットを見るより、後藤さんが、どこでコピペして、どこで書いているのか、そのライブ感を見たほうが学べることがはるかに多いです。

ーペアプロは思考プロセスのライブ!なんかちょっと印象変わりました!

後藤:もちろんペアプロにも課題感があって、

・時間の自由さはへる
・時差があると時間をあわせるのが難しい
・5時間も集中するとけっこう疲れる

とかあります。

私達は、時間は時差があるとどっちかに合わせたり、疲れたらしっかりと休む、みたいなことは意識してます。

きっちり8時間作業やんなきゃいけない、みたいなチームではないので。疲れたときに休むかどうか、どれくらい集中するか裁量のある、全員業務委託のプロフェッショナルのチームならではの働き方かもしれないです。

ー疲れたら休む!!大事ですね!

チームメンバーの魅力

ーどうやったら、こんな魅力的なチームになったんですか?

入江:自分はエンジニアじゃないから、自律しているすごいエンジニアを集めたら自然とこういうチームができました。自分がエンジニアではないので、信頼して技術選定も開発の方法もおまかせしています。

あと、細かいタスク管理はしても分からないので。プロフェッショナルのエンジニアが「タスクが遅れそう」といったらそれが正解だと信じる。そのほうがチームの調整に多くの時間をかけるよりも、エンジニアの人がスピードや精度をあげるほうに時間を使えると思っています。

ーこれから、どんなメンバーと一緒に働きたいですか?

後藤:新しい技術の話を、いっしょに盛り上がってくれる人!
「こういうことできるんじゃない?」って技術に貪欲な人がいいですね。

入江:あと、信頼関係を大事にしたチーム開発ができる人だと、うれしいです。

ー入江さん、後藤さん、岩橋さん、ありがとうございました!

お話を聞いてみて、オズビジョンで研究開発をしてるチームがあるってこと。
まずはこのチームの存在を知っていただきたいな、と思いました。

しかもその、AI、ブロックチェーン、与信といった研究開発を、

自社開発ならではの使える技術やデータの豊富さ!

デイリースクラムもスプリントもないスピード感!
主にエクストリームプログラミング!
細かいタスク管理はしないマネジメント!

というチームでできるって、これめっちゃ楽しいんじゃないでしょうか✨わいわい👏

たとえば、いまAIなどの開発やってる方で、
「今の環境は制限多すぎてツライ…」
「受託みたいな働き方ツライ…」
「技術の相談相手が近くにいなくてツライ…」
「めっちゃ細かく管理されててツライ…」

…みたいな人は、ぜひ、「話を聞きに行く」を押して、オズビジョンに遊びに来て下さいね。


データエンジニア
流通1,000億円の購買データを一緒に研究開発!データエンジニア募集!!
■運営サービス 【ハピタス(Hapitas)】 私たちオズビジョンは、いつものお買い物がポイントや新しいショップとの出会いによって楽しいものになることを目指し、ポイントサービス「ハピタス」を運営してきました。 現在は会員数270万人を突破、年間1,000億円もの流通を生み出すサービスになり、まだまだ成長を続けています。 【ポレット(Pollet)】 様々なポイントやビットコイン、アフィリエイト報酬などをチャージすることが可能なアプリ及び、Visaプリペイドカードです。 ポレットにチャージすることで、これまで眠っていた資産や、金融機関への振込みが必要だったものが、アプリから数タップで世界中のVisa加盟店で使えるようになります。 ■企業文化について 私達が最も大切にしていることは、「人の幸せに貢献し、自己実現する集団で在る」という企業理念です。幸せという人にとって最も価値あることへの貢献を通じて、自分の可能性を最大限発揮し、具現化する集団で在ることが私たちオズビジョンです。 私たちは2つの大きなビジョンを掲げています。 「1,000万人規模の国内メジャーサービスを生み出す」 「世界に向けたグローバルサービスを生み出す」 日々の暮らしの中で当たり前のように使われるサービスを生み出し、人の幸せに貢献したい。壮大なビジョンは笑い話に聞こえるかもしれませんが、本気で実現したいと思う仲間とともに全力で挑戦をしたいと考えています。
株式会社オズビジョン
株式会社オズビジョン's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings