1
/
5

【PostCoffee社員インタビュー】焙煎という仕事はまだ人の手によって変わる部分が多い仕事

こんにちは、PostCoffeeインターンのNatsuです☕️

会社にジョインして約3ヶ月の私が、もっと社員さんのことを知りたい・知ってほしいと思いインタビューをさせていただくことにしました!

2回目は、PostCoffeeの焙煎士Arisaさんをご紹介します。PostCoffeeの中で最もコーヒーが好きで、最もコーヒーに詳しいスペシャリストです。商品選びからお届けまで、PostCoffeeの核を担うArisaさんの思いとは?

Arisa(焙煎士)
沖縄県出身。大手チェーン2社、個人経営のコーヒー屋などで経験を積みコーヒーの抽出技術を磨く。その後、独立し自らが焙煎した豆の販売を開始。2019年1月、焙煎士としてPostCoffee入社。チーフロースターとして、日々研究を重ねている。2017年 JHDC(ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ)ファイナリスト。UCCコーヒーマスターズ2017/2018ハンドドリップ 部門関東大会入賞。好きなコーヒーはエチオピアのコーヒー。

Q:コーヒー大好きなArisaさんがコーヒーを好きになったきっかけを教えてください。

もともとはコーヒーそのものよりもカフェが好きで、よく行っていました。そんな中、大学休学中に長野の白馬に行った時にカフェのお姉さんの接客に感動して、コーヒーと一緒に素敵な環境を提供できることに驚きました。比較的飽き性なので、一つの物事にのめり込むことは少ないのですが、この時からコーヒーだけはずっと好きなものになりました。

Q:焙煎士になろうと思ったきっかけと修行の方法を教えてください。

数年前にバリスタをやっていた時に、次のステップアップとして焙煎士を目指し始めました。でも、いざ焙煎をさせてくれる場所を探そうとしても、完全に機械でオート焙煎のお店が多くてなかなか焙煎の仕事にはつけませんでした。そこで、なんとか自分で焙煎をしようと考え「シェアロースター」と呼ばれる焙煎機を借りられる場所でコーヒーの焙煎の練習を始めました。練習のためにたくさんの量のコーヒーを焼きたかったこともあり、次第に自分でコーヒーを販売するようにもなりました。焙煎が上手になるためにセミナーなどにも通いましたが、機械や豆が変われば何通りもの味になるので、結局は回数を重ねて自分の感覚を研ぎ澄ますしかありませんでした。他には、焙煎に関する情報は日本のものだと少ない傾向にあるので、海外の文献を仕入れたり、カッピング会に参加して今でも勉強し続けているところです。

旅行も好きなので、コーヒーカルチャーが浸透しているメルボルンのまちでカフェ巡り。

Q:PostCoffeeに入社したきっかけを教えてください。

PostCoffeeに出会った当時は飲食店で働きながら、自分でお店を開くための準備をしていました。しかし事情があり、一度お店を開くことは諦めかけていたところ、PostCoffeeの焙煎士の募集を見つけました。コーヒー屋さんで働いたことのある人は、私も考えていたように自分でお店を持って独立を目指す人が多いけれど、みんな同じような道筋を辿っているな、という印象がありました。一方でPostCoffeeは、コーヒー×テックという新しい切り口でコーヒーの楽しさを発信できると感じ、応募しました。どんなサービスになるのかも分からなかったけれど、ワクワクしていました。

Q:現在のお仕事内容を詳しく教えてください。

現在は、PostCoffeeのチーフロースターとしてカッピングや焙煎がメインの仕事です。朝出勤して一番初めにカッピングをして、味わいのチェック、焙煎したコーヒーのスコアリングをします。その点数に沿って焙煎方法を決めています。他には、新しい入荷商品のセレクトやコーヒーをもっと楽しんでもらうための記事作りなども担当しています。

Q:PostCoffeeでお届けするコーヒーはArisaさんのセレクトですが、どのように選んでいるのでしょうか?

全体のラインナップを見て偏りが少なくなるように調整しています。また、データやSNS、問い合わせでいただく意見をもとにユーザーさんの反応をよく見て入荷する豆を選んでいます。深煎りの要望が多ければ深煎りを増やしたり、いつもとちょっと違う変化を感じられる豆を入れてみたり。サービスが始まった頃は、浅煎りが多く、偏りのあるラインナップにしていましたが、少しずつユーザーさんの声をいただいて、ラインナップが広がってきました。

Q:PostCoffeeの焙煎士のやりがいを教えてください。

やりがいは本当にいろんなコーヒーに出会えることです。PostCoffeeは常時30種類前後のコーヒーを扱っているので、様々なコーヒーに出会うことができます。また、焙煎という仕事はまだ人の手によって変わる部分が多い仕事なので、追求できるところが面白いところです。同じように焙煎しても、全く同じ味にはならないので、追求には終わりがありません。

Q:今後の目標、またどんな人と一緒に働きたいか教えてください。

今後の目標としては、コーヒーそのもののことに加えて農園のことももっと伝えていきたいなと思っています。ユーザーさんと農園や生産者さんのコミュニケーションを促進できるような仕組み作りをしていきたいです。コーヒーが好き・自分で考えて動くことができる・好奇心がある、こんな人は是非一緒にPostCoffeeのサービスをよくしていきましょう!

コーヒーに関する質問ならなんでもArisaさんにお任せです。私も出勤の度に質問しています・・。追求心とチャレンジ精神でPostCoffeeの核を担うArisaさん、頼もしい限りです!今後も、ユーザーさんを驚かせるような素敵なコーヒー体験をお届けしてくれると思います。

そんなArisaさんが焙煎士したコーヒー飲み放題のオフィスで一緒に働きませんか?
PostCoffeeでは一緒に働く仲間を募集しています。

POST COFFEE 株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more