1
/
5

介護の世界を変えたい。その気持ちが原動力。

こんにちは!株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です!
社内インタビュー第3弾は、カスタマーサクセス部の井上さん。前職のデイサービス時代のことを聞くと「おじいちゃんもおばあちゃんも話がおもしろい方ばかりで、やっぱり人生の先輩だなって思いますね」と教えてくれました。そんな現場での経験はいま、どのようなかたちで仕事に生きているのでしょうか?

■前職ではどのような仕事をしていましたか?

理学療法士としてデイサービスに勤務していました。リハビリの指導経験もありますし、事業所の管理者を任されたこともあります。

■現在の業務内容を教えてください。

自社プロダクトである「リハプラン」を導入していただいたお客様をオンラインでサポートするカスタマーサクセス部という部署にいます。お客様が途中で離脱しないようお声がけをして、困っていることを解決しながら活用のお手伝いをするのがおもな仕事です。



■前職での経験はどのように生きていますか?

やはり現場の悩みをヒアリングするときに生きていますね。悩みに対する理解はもちろんですが、業界ならではの言い方とか専門用語もわかっているので会話もスムーズですし、自分の実体験を話すことで安心してもらえるというメリットもあります。

■リハブに就職した経緯を教えてください。

結婚を機に転職を考えていたころ、すでにリハブに在籍していた久保田から声をかけてもらい社長の大久保と会うことになるのですが「取り敢えず飲もう」と言われて入った居酒屋で、10分もしないうちにパソコンをひろげてリハブの事業についてプレゼンを受けたんです(笑)。その熱さに圧倒されつつ、社長のビジョンや事業内容に共感したんです。ここだったら自分が大切にしている「高齢者の生活をサポートしたい」という気持ちのまま新しいチャレンジができると思いましたね。

■今後の目標があれば教えてください。

リハプランを活用する事業所を増やすことで、安心して運動できるデイサービスを増やしたいと思っています。あと、現場が必要としていることを反映させて、質の高いサービスとしてリハプランを強化していければと思っています。


■ずばり、リハブの魅力とは?

まずは「介護の世界を変えたい」という想いを持ったメンバーが揃っているところですね。あとは、介護現場で働くのとは別のアプローチで、多くの人に介護を届けられるのも魅力だと感じます。

■どんな人と一緒に働きたいですか?

個人的な考えですが、やっぱり、おじいちゃん、おばあちゃんが好きな人がいいです。そのマインドって、実は経歴や資格よりも大切な気がしています。

■自分が高齢者になったとき、どんな介護が嬉しいですか?

人と人との温かいやりとりがある介護が嬉しいです。デイサービス時代には「職員に会いたくなるような場所」を目指していたので、そういう想いのある事業所をいまの仕事で支えていきたいですね。

■最後にひとことメッセージをお願いします。

介護職から一般企業へ転職を考えている方は、どこへ進むにしろきっとカルチャーショックを受けると思うんです。慣れないこと、知らないことに最初は戸惑うかもしれません。リハブは、私も含めPT・OT出身の社員もいますし、何より社長がOT出身ですからね(笑)。そのあたりのフォローはできると思います。きっとリハビリ専門職のセカンドキャリアとして、ご自身の経験が生かせる場所になるはずです。
(※PT…理学療法士/OT…作業療法士)

株式会社Rehab for JAPAN's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings