「RPの働き方~テレワークでは必須!オンライン対応でのちょっとしたコツ教えちゃいます編~」

みなさん、こんにちは!

ROBOTPAYMENT高橋です!

先週から今話題の「テレワーク」について書かせていただいておりまして、

第1弾は「RPがスムーズにテレワーク移行出来たワケとは?!」についてお話しさせていただいております!ぜひみなさん、良ければご覧ください!



それでは本日のテーマですが、


その名も「あなたのテレワーク事情聴きたいンデス!」👏👏

(あれ、なんか聞いたことある)

RPでは今回社員30人に向けてテレワーク事情に関するアンケートを実施致しました!

「テレワークって実際どうなの?」という疑問に対して弊社の生の声をお届けさせていただければと思います!

まずはじめに、「テレワークに移行したことによる業務内容の変化」について聞いてみました!

・オンラインでのMTGが活発になった。
・クラウドサービス(Miitel、クラウドサイン等)を導入した。
・毎朝部署朝礼を行うようになった。
・Zoom、ハングアウトでのMTGが中心になった。
・書類のやり取りが全てデータのみとなった。


やはりテレワーク移行をしたことで一番の変化は「全てがオンライン対応になった」ということだと思います。

また、今まで会社でしか出来ないと思っていたことも、オンライン完結できてしまうことに驚いたという意見もありました。


ですが、みなさんここで大きな不安が生まれると思います。


「コミュニケーションの質が下がるのでは?」



そうなんです。やはり文章・画面上だけでは伝わりにくいニュアンス等はあると思います。

では、RPではどうしているのか?

「RP流オンラインコミュニケーションのちょっとしたコツ」についてお話しさせていただければと思います!


なんといっても社内コミュニケーションで一番多いのが、「MTG・会議」の時間ですよね!

そこで、RP社員がオンライン会議を成立させるために行っていることをいくつかご紹介させていただきます!

・話さない時はミュートする。会話が被らないように、様子をみてから発言する。
・表現やジェスチャーを大きくするようになった。
・ドキュメントで何かしら共有できるものを準備しておく。
・顔を映すようにしている
・会議に参加しているけど、ミュートにして反応があまりない人には積極的に、名前を呼んでわざと発言するように、誘導する。
・会議が、演説にならないように、誰かが全体に対して話したら、こまめに反応の声を出すか、actionスタンプで反応する。


タイピング音などが意外と響いてしまって、発言が聞き取りにくくなってしまうので、

発言者以外はミュートにするというのは、オンライン会議の鉄則かもしれないですね!

そして、オンラインの場合、対面でお話しするよりも相手の反応が薄く感じてしまいます。

だからこそ、顔を出して表情がわかるようにしたり、いつもより大きいうなずき・リアクションをとるなどのちょっとした行動が発言しやすい環境づくりには非常に重要と思えます。

さらに、営業の方でオンライン商談では「背景を変えることで、アイスブレイクのネタの一つにしている。」という社員もいました!(笑)

オンラインならではの手法なのではないでしょうか!(笑)


背景を名刺代わりに!画期的っ!👏


また、通常業務中でいうと、通話機能をこまめに利用することになったという人も非常に多いです!

ただ、何でもかんでも通話を利用するのではなく、「チャットのやり取り3回以上続きそうな場合はcallするようにしている。」などのルール作りをしている社員もいたり、各部署様々な工夫を感じました。

このような工夫を行った結果、コミュニケーションにこんな変化が起きました!

・テレワークだと他の方の業務が見えないので、会議やSlack電話で面と向かって話すようになり、見える化を改めて意識するようになった。
・書類などのやりとりは、今までは紙で確認することが多くデータ化に抜け漏れがあり困っていたが、クラウド上でしか確認できないためデータ化の精度が上がった。
・もともとオンラインツール自体は多数導入していましたが、テレワーク実施前に比べ、社員のみんなの使いこなし度がめちゃくちゃUPしている気がします!
・必然的にITスキルが上がるいい機会だなと思いました。
・チームメンバーが以前より周りをみて行動しているように感じます。小さな心遣いや配慮を感じる場面がたくさんあり、チームワークの大切さを実感しました。


オンライン上でやり取りすることで、どのような発言についても一度に全社員が確認できたり、処理のログが残ることで確認作業が削減され、業務が円滑になるなどと様々な変化が起きてます。

これは、「テレワーク革命」といっても過言ではないかもしれません。



そして、この変化こそが弊社のオープンな社風をより助長させ、実際に会えないからこそ、1人1人がより相手を思いやる行動をとるようになり、チームワーク文化を強めているのではないかと実感しております。

今各企業でテレワーク移行が進んでいる中で、本日お話しさせていただいたオンラインコミュニケーションのちょっとしたコツが少しでもご参考になればと思います!!


そして次週は、業務以外のRP社員テレワーク日常を覗いていきたいと思います!

お昼休みはどう過ごしているの??出社時との変化は??自宅環境はどうやってどう整えているの??など詳しくお話し出来ればと思います!


お楽しみに~~~~~~~~~~~~!!!!!!!


==================お知らせコーナー=====================

このブログを読んで、ROBOT PAYMENTの働き方や文化に興味を持った方はこちらまでご連絡ください!
https://www.wantedly.com/companies/robotpayment

緊急事態宣言後の当社サービス運営方針についてはこちら
https://www.robotpayment.co.jp/news/2020/04/08/
①「インターネット決済サービス」「請求管理ロボ」をはじめとした、当社サービス・サポートの安定稼働
② 500社以上の導入実績をもとに、請求業務の完全アウトソーシング・テレワーク体制を支援

株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more