へんな名前の会社。どんな流れで作られることに?

この写真も、蒲田のアロマスクエアである。



別のフィードの写真のために、昼休み中にiPhoneで撮って来たわけだが、
別角度なら、ひょっとしたら違う建物に見えなくも無いなと。


もちろん、ウチの会社とは何の関係も無い。

テナント入りたいとか、ここの仕事とりたいとか、そういうのも無い。
天気よかったので、なるべく撮っときたかっただけだ。


しいて言えば、近くの鳥の店にによく飲みにいく。


うまい。


しかし、遅くまで飲んで、店の人によく怒られる。


すいませんでした。

でも、また行きます。





さて、起業した理由ですかー。



私は経歴では、13回転職していて、職歴汚れようが、頭のおかしいブラックに使い捨て食らおうが、リーマンでそれまでの努力が水泡に帰そうが、なんだかんだ死なない感じの営業マンですが、実は特にスーパーでもなんでもなく、幸運ではないだけの普通の営業マンでした。

一番最初の会社の経験が、やっぱり大きいかもしれません。

有名なブラック企業で、中から見てもブラック稼動もブラック文化もブラック、逃げようと転職しても転職先が買収されてすぐ逆戻りするくらいの脱出難易度(笑)を誇るブラックで、2chのブラック企業ランキングで常に上位(※注 黒い居酒屋に勝てなかった時期もある・・・。)を取っているような、まさにブラックオブブラックな会社でした。

が、

入社当時、高卒アルバイター(既に1社離職済み)軽く勘違い入ってる系で、しかも特に営業的な才能があるわけでもない見事なまでのカス人材だった私を、競合他社ののトップセールス並みに成績上げさせたのは本当にすごいとおもう。別に、稼動が高いからといって数字があがるわけではなく、コネやなんかを使わせるわけでもなく。ストレートな営業力勝負で。

その方法は。

単純に

効率がいい。

だけです。

当時にしてはかなりIT投資も行っている会社で、営業支援システムに対するコダワリは相当なものもありました。出来たモノは、システムに業務をあわせて時間を投下すればアホでも売れる!もの。
事業部の文化も、今売れてなくても、努力してるヤツはかならず結果を出すという考えでしたし、部下のスキルを伸ばす事に対しての意識の高さもありました。



しかし、そんな会社はなかなか無いわけですが、当時の私にはそんなのわからないし、転職。
いやーだって、ブラックですよ? それはまちがいなくブラックなので。

つか、長時間労働、いやじゃん?


スタートが(あくまで効率面においては)最高レベルの会社だったため、以後の考え方は効率を優先したものになり、才能がふつうだった事から、組織を優先したものに、若くしてなってしまいます。

そりゃ転職増える・・・。


組織+効率のイメージにかんしては、たとえるならばこうです。

ジオン < 連邦

正面装甲を使い捨てのシールドに頼るジムの設計思想は正しいんだよ!バリエーション含めて、どう見てもコスト安そうだろ? マトモな質を数集めたら、よっぽど戦術がマズくない限り勝てんだよ。
個の力? ビグザムだって、ビーム撹乱幕張って、バズーカ装備のジムとボールで囲めば完勝だろ?(ギレンの野望脳)ジムで出撃はブラック? エースの高機動ゲルググ一機に大量の戦果を求め、他は未経験者ばっかりとか、ベテランいてもザクしかのれませんとか、そっちのほうが構造的にブラックだろうが!しまいにゃオッゴだぞコノ野郎!ボールと違ってマシンガン持って前線だぞ?

※異論は認める。





その後、突撃系営業から専門性のある営業にチェンジするためIT業界にくる訳ですが・・・



うーん。

これ、社員よりフリーランスのほうがよくね?技術者。

と言う難題に。


〇仕事選ぶヤツは使えん! 
 ※選ばないとスキルは伸びない。

〇フリーは不安定。 
 ※正社員でも歳とってリストラとか、体壊してクビの人多くね?

〇組織で働けない人だ。
 ※自分の理屈(せまい)のとおりに動かないだけ。

〇カスばっか
 ※マトモな人は現場。少数のカスがあちこちでやらかしてるだけ。



一時期は、フリーランスのエージェントをやろうかともおもったが・・・。こっちはこっちで先が見えてたりする訳で。


結局、お互い利用しあい、使い捨ての関係性。ゆえにお互いリスクも取らない。いろんなアイデアをみんなで出し合い、共有し、そこでストップ。

規模が必要なビジネスは起こせない。

結局、守備範囲が個で可能な人材ビジネスに固定される。

それはいいけども・・・(営業だし)

あ、SESビジネス終わったら、しぬなー。



マズイなー・・・。


と、なると、SESビジネスが終わっても死なない会社に転職しなきゃな。
かつ、新ビジネスと言うと、現在の大手ほどに高コスト体質じゃないところか。古い会社はもうだめだな。大手はプログラム自体書かねえし。


要件は・・・。

技術的に量と質を要求されるビジネスを実行できる方向での成長を志向し、現実的に実現可能な戦略担いでる若い会社かー。


んなもんねえよ。

あっても転職できないでしょ営業なんてわかんない人たちだから。あ、でも営業に奴隷を求める会社はそもそもダメか。その会社は伸びん。あ、いや。そんなマトモで営業の離職多いところなんてねえわ。募集数が少なすぎる。見つけ出して充足する前に滑り込むとか・・・オイオイ。当たるまで転職すんのか? 半年で転職しても1年で2件だぞ。少なすぎるだろ。つうか、ヤバそうな求人多すぎだろ!


まあ、人材系の経験もあるし、なんとかなりそうな会社とかもあったんだけどねー。
リーマンショックがきやがって私の20代は終わり。30代で不況期に上記の無謀な転職活動を行うよりは、私は実家で経営の学習をすることにするのだった。派遣で工場で働きながら。

※イマイチな会社でも、自分に発言力や権限さえあればなんとか出来るとそのときは結構マジで考えて
 いたので、コンサル=ブランド を手に入れるために中小企業診断士を取ろうとおもったのです。
 あんまり中小向きじゃなかったので取らなかったが、こんとき学習しといて本当に良かったと思う。

実際、勉強してみてわかった事は、『こりゃーコンサルでも立て直せない会社は腐るほどあるな』
と言うしごく当たり前のことで、かつて自分が所属会社の改善の為の提言(高確率でやめる理由になったりする)の多くは、理論的には間違ってなかった。ただ、ブランドだけでも解決はしない。

と、なると、2つしかない。

①他の誰かにリスク負ってもらって、与えられた微妙な環境で満足するか。

②自分でリスク負って、必要な環境を自分で作るか。


②の方が、リスクが低いと感じたので、②を選ぶことにした。

と言う感じ。



うちの会社は売れ線のスキルを作ることができますが、それ以外に②にもニーズがある人にこそ来てもらいたい。リスクの大半は、私が負うので。①か②の判断は、もうしちゃったしね!


とりあえず。下記は満たしたい。


1.社員である事がフリーランスよりもメリットがあるようでなくてはならない。

正直、経営層の集金システムみたいな会社で長期就業してスキル腐らせるくらいならば、100%フリーランスでしっかり仕事選ぶほうをお勧めするところです。まだ人生設計の余地があります。さて、短期間的な報酬額でみれば社員とフリーランスではどうやってもフリーに軍配が上がります。 とすれば、中長期の視点で見てフリーよりもメリットがなくてはいけません。

本来、フリーランスには大弱点があります。それは『規模が必要なビジネスは不可能』と言うものです。2名程度の規模で可能であればよいかもしれませんが、5名6名必要になるとまずアウトです。つまり、派遣や小規模受託と言ったビジネスに縛られることになります。また、体調不良も一発アウトの要因です。不安定でかつ営業力の不足も祟ってその状況の打開のすべがありません。

となれば、『組織である事を活かし、安定を生む戦略論』が会社にはあるべきです。



2.自社で技術者を育てる事ができる。        

ビジネスをスケールする為、継続性、収益性、そして1.にある『組織である事を活かす』為にも、自社の戦略に合った指向性と必要なレベルを持った技術者を自社で育成する事ができる必要があると思います。それができずに経験者のみの募集の会社ですと、他のビジネスモデルが優秀でも『なんだかなあ』と、思ってしまいます。

新卒である必要はありません。日本には、新卒ブランドを入社ミスで失った優秀な若手や、そもそも新卒ブランドを得られなかった若手が山ほどくすぶっているので。



3.カッコ悪くない感じで仕事したい。

どうも、独特の閉じた業界のせいか、異業種出身者からは違和感を感じる事が多い。顧客に進捗を隠したり、経歴偽造したり、社員に売上隠したり、エンドに対して専門用語でパニックトークしてみたり、簡単に仕変受けてみたり。自分が担当している契約上の責任とその範囲を知らない技術者・営業・経営。SEで経験積んだらPMになる・コンサルになるという、まかり通っているウソ。(本当にするつもりの会社はめちゃ金かけてる。開発とはぜんぜん違うスキルが要求される)

なんというかいろいろと『小賢しい』『ダサい』

もうちょっと普通にやれんかなあ・・・と。



4.お堅くない感じで仕事したい。

お堅いお客様にサービスを提供する事はまあ、ある事で、その際にお客様に合わせた振る舞いをしてみせると言うのも、サービスの一環とは思うものの。

それ以外のタイミングでお堅くする必要、なくね?



5.ボトムアップ・トップダウン

無駄な役職を置かず、階層の少ないフラットな組織構造にする事。
各リーダーには強い責任と強い権限が等しく与えられる事。
経営層は、命令系統を無視したトップダウンは行わない事。(1本化)
経営層は、最低限の経営理論を踏まえて方針決定すること。



6. 投資判断

会計は、決裁者(経営者)とは別の人間が行い資金の動きの監視をする事。
経営は、財務・営業・技術の報告を元に利益の再投資判断を行う。
社員が稼いだ利益の再投資先に関しては、社員に対しての説明・報告を行う事。
おもいつきで適当なモノを買ったり、関係のない事業に投資したりはもちろんNG

 ※みんなで稼いだ金なので社長が勝手に使うな、社員にも継続的にリターンの
  ある成長に使え。投資したらホウレンソウしろ。という感じ。



7.人生設計したい。

したい。

50歳くらいでメイン事業の売上が細くなったり、給与が高くなったからとか、単に派遣ニーズなくなったからとかの理由で転職活動とか、シャレならん。

会社に時間投資してもいいから、その分安定性をリターンとして、くれ。




この社会で、人材としての価値がゴミになるのは仕方ない。

事実、運やワンミスで価値は下がる。時間経過でも下がる。

しかし、判断に必要な情報は事前には与えられていない。


自分の為に、自分と同僚とその家族だけは守れる会社をつくろう。

その為に今の時間を投資しよう。

完成したら、投資もしない安定狙い君にフリーライドはさせるな!

BAMV合同会社's job postings
へんな名前の会社。どんな流れで作られることに?
Katsunori Terano
BAMV合同会社 / 代表社員
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more